2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女子高生を助けたけれど・・・

1 :ダメ中年:2008/08/01(金) 00:47:34 0
嗚呼・・・。
聞いてくれよ。
ちょっとばかし、長い話になるけど、付き合ってもらえたら嬉しいな。
俺は四十路を過ぎた中年男だよ。
趣味と云えば、読書とオークションくらいかな。
読書と云っても、金も無いし、いつもだいたいブクオフで買ってるんだけどね。
今日もブクオフに行ったんだよ。
そしたら、漫画を立ち読みしてる女子高生の背後に、怪しい男がいたんだ。
そいつは、女子高生のスカートに携帯を近づけて、盗撮しようとしてたんだ。
俺と目が合って、盗撮野郎は、さっと逃げた。
一瞬の事だったから、俺はただ呆然と見ていたんだ。
盗撮野郎はまだ決定的な犯罪を犯す前だったから、未遂だった。
その場で、「あんた、何やってんだ!?」と叫べばよかったのかも知れない。
でも、未遂だし、脱兎のごとく逃げ出した盗撮男を、俺は馬鹿みたいに見逃してしまったんだ。
被害は無かった訳だから、気を取り直して、ブラブラと店内を物色し始めたんだ。
そしたら・・・。
まだ、盗撮野郎がいるんだ。
女子高生と、俺の動向を伺いながら、本棚に隠れる様に、様子を見てやがる。


2 :ダメ中年:2008/08/01(金) 00:48:32 0
このままじゃぁ、マズイなって思ったよ。
俺が声を出して盗撮男を問い詰めなかったから、きっとヤツは、大丈夫だって思ったらしい。
暫く注意して見ていたら、野郎は、また女子高生の辺りをうろつき始めたんだ。
このままには、捨て置けないよね・・・。
俺は柄にも無く、突然湧き上がった騎士道精神を発揮して、女子高生を守ってやりたいと思ったんだ。
盗撮野郎と女子高生の間に割り込んで、「お前のことは、見ているぞ!」と威嚇しながら、牽制したんだ。
そうすると、ヤツは逃げるんだけど、またしばらくすると戻って来て、女子高生を凝視し始める。
そんなことを、何度か繰り返した。

3 :ダメ中年:2008/08/01(金) 00:49:17 0
このままじゃあ、埒が明かない。
そう思って、女子高生に声を掛けて、注意するよう話してみようと思ったんだ。
でも、いきなりオヤジが話しかけたっら、不審に思われるだけだろうと危惧したよ。
だから、ちょっと考えて、一時その場を離れた。
で、店内にいたカップルに話しかけた。
カップルに状況を説明して、若い二人から、女子高生に話してもらったんだ。
俺みたいな中年男が声を掛けたって、胡散臭いだけだからな。
カップルは快くOKしてくれて、女子高生に注意を促した。
カップルには、女子高生に、家族に迎えに来てもらうように、電話する方が良いと言っておいてくれと頼んだんだ。

やる事をやって、安心した俺は、店の二階に上がった。
しばらく、欲しい本があるかどうか、物色してた。
再び一階に戻ったら、カップルはもう店にいなかった。
でも、盗撮野郎はまだウロウロしているし、女子高生は、相変わらず立ち読みしている。
家族には、迎えに来てくれるよう、ちゃんと電話したのか?
心配になった俺は、一応念のために、店員にも、盗撮をたくらむ不審人物が、店内をうろついていて、女子高生を狙っている事を伝えたんだ。
店員は、知らせてくれて有難うと、俺に礼を言ったけど、どうもあんまり真剣に注意してる風でもなかった。

4 :ダメ中年:2008/08/01(金) 00:49:55 0
再び、俺と盗撮野郎の沈黙の戦いが始まった。
俺は女子高生を守るように、ヤツを牽制しながら、立ち読みを装った。
盗撮野郎は、痩せて貧弱な男だったから、万が一ケンカになっても、負ける気はしなかった。
でも、正直、不安でもあったよ。
だって、もし刃物を持っていて、邪魔な俺をいきなり刺そうと考えたりしたら・・・。
最近は、物騒なヤツが多いから、何をされるか分からない。想像すると、恐くなったよ。
女子高生は、俺の事なんか何も知らない。
ただ、女の子を密かに守ると云うヒーロー気取りの自己満足に、命をかけて躊躇わないほど、俺は勇気のある男なんかじゃない。
けれど、そのまま黙ってブクオフを立ち去るのも気が引けた。
そのブクオフは、街中じゃなくて、人通りの少ない郊外にぽつんとある店なんだ。
もし、俺が立ち去った後、盗撮だけじゃなくて、店を出た女子高生が変態野郎に後を付けられて、レイプとか・・・酷い目にあったら・・・そう考えると、見捨てておけない。
時間は、午後十時を過ぎていた。

俺は帰るに帰れず、読みたくも無いガーデニングの雑誌や、料理本を立ち読みする振りをして、出口付近に陣取って監視していた。
ジリジリと時間が過ぎて・・・相変わらずの硬直状態。
そして終に、女子高生が動いた。
立ち読みを終えて、店を出ようとしたんだ。
俺は思わず声を掛けたよ。
「さっき、カップルに話を聞いたよね?君、気をつけなさいよ。出来たら、家に電話して、家族の者に迎えに来てもらいなさい」
女子高生は、キョトンとした顔をした。
「カップルに、話を聞いたでしょ?」
俺は繰り返した。
「怪しい男が、君の周囲をウロウロしてるんだよ。危ないから、家に電話してから帰りなさい・・・」
「カップルって・・・何の話ですか?」
顔面いっぱいに、疑わしそうな表情を浮かべてたよ。
どうも、カップルは、他の女子高生に話をしていたみたいだった・・・。

女子高生が俺を見る目つきは、明らかに「この人、痴漢?年甲斐も無くナンパ?」と云った風な、軽蔑の眼だった。
女子高生は、逃げるようにして、俺から離れて店を出て行った。
「ちょっと、話を聞きなさい」と、引き止める事も出来なかった。

5 :ダメ中年:2008/08/01(金) 00:51:24 0
でも、俺は頑張ったよ。
幸い、盗撮野郎は、彼女が店を出た事に気付いてなかった。
だから俺は、女子高生の姿が見えなくなるまで、立ち塞がる様に出口に陣取り、盗撮野郎を食い止めた。
女子高生の姿がすっかり見えなくなって、彼女がどの方向に立ち去ったのか、わからなくなるまで、その場で踏ん張ったよ。
それから、店を出た。

6 :ダメ中年:2008/08/01(金) 00:52:34 0
俺、正しいことを成したんだよなぁ・・・。
夜道をとぼとぼ家に向かいながら、なんだか妙に虚しかった。
報われない正義だって・・・正義の一種には違いないよな、そう自分に言い聞かせた。
うざい、キモい・・・そんなものを見る様に、俺を見た女子高生の戸惑いの視線が、心に重くもたれた・・・。
感謝されたかった訳じゃない。
電車男みたいに、恋が芽生えて欲しかった訳でも無い。

7 :ダメ中年:2008/08/01(金) 00:53:53 0
本当に、ただ、女の子を守ってあげたかった・・・それだけなのに。
オヤジと云えば、痴漢だの盗撮だの、セクハラだの・・・ろくな事をしないってイメージが蔓延
していて、本当にその通りなのかも知れないけれど、だけど、ささやかなヒーロー願望を胸
の奥で疼かせながら、ただ、女の子を守ってあげたいって自己満足だけで、誤解されても、
何度だって同じ様に、自分なりの正義を貫きたいって思うオヤジだって、この世にはちゃん
といるんだって事を知って欲しかった。

8 :ダメ中年:2008/08/01(金) 00:54:24 0
誰にも知られない事だけから、せめて自分に「お疲れ様」と言って、今夜は寝るとしよう。
報われず、虚しいだけだって、やって良かったと、自分を誇れるよ、今夜の俺は。
下らない話を、長々と聞いてくれてありがとう。

9 :Ms.名無しさん:2008/08/04(月) 01:47:13 O
お疲れ様(^-^)/
おなじ女子高生として
素敵だとおもいました

10 :ダメ中年:2008/08/12(火) 01:44:36 0
レス遅くなったけど、ありがとう!
なんだか、励まされたみたいで、嬉しいです。

11 :Ms.名無しさん:2008/08/14(木) 10:49:38 0
(*´д`*)ハァハァ

12 :Ms.名無しさん:2008/08/14(木) 12:00:07 O
私も40過ぎのオッサンだけど、あなたような行動はできず、見て見ぬ振りをしてしまうだろう。
あなたの行動は正しかった。たとえ女子高生がどう思おうと。
私はあなたに敬意を表します。

13 :ダメ中年:2008/08/18(月) 00:54:43 0
敬意を表される程、大げさな事はしていませんが・・・そう言ってもらえると有りがたいです。
とても勇気なんて代物じゃないけれど、やっぱり、見捨てておけないものってありますよね?
自分とは関係無くても、スカートの中を盗撮しようとする変態男の毒牙に、みすみす女子
高生が落ちるなんて、見たくないですから。


8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)