2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

JCBRってサブカルだよなPart4.5

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 12:47:05 ID:StTWG65o
週間少年ジャンプの『一般人』キャラクターでバトルロワイアルが開催されたら
というテーマの参加型リレー小説スレッドを、『サブカル的観念で楽しむ』というスレです。
これはあくまで二次創作企画であり、集英社や各作品の作者等とは一切関係ありません。
それを踏まえて、みんなで盛り上げていきましょう。

前スレ(諸々の事情があって4つ)
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart4
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1173270197/

JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart4
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1171957390/l50

JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart4
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1171980952/l50

JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart2 (実質的にはPart3)
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1163119984/

過去スレ
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレ
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1152803558/
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart2
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1155395238/

まとめwiki
http://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/

パロロワ図鑑wiki
ttp://www11.atwiki.jp/row/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 12:49:06 ID:StTWG65o
【基本ルール】
 ・全員で殺し合いをしてもらい、最後まで生き残った一人が勝者となる。
 ・勝者のみ元の生活に戻ることができる。
 ・ゲームに参加するプレイヤー間でのやりとりに反則はない。
 ・ゲーム開始時、プレイヤーはスタート地点から眠らされ、MAP上にバラバラに配置される。
 ・プレイヤー全員が死亡した場合、ゲームオーバー(勝者なし)となる。
 ・開催場所はある孤島。海上に逃れると、禁止エリア外となり首輪が爆発する。


【スタート時の持ち物】
 ・プレイヤーがあらかじめ所有していた武器、装備品、所持品は全て没収。
 ・また、衣服とポケットに入るくらいの雑貨(武器は除く)は持ち込みを許される。
 ・ゲーム開始直前にプレイヤーは開催側から以下の物を支給され、「デイパック」にまとめられている。
  「地図」「コンパス」「筆記用具」「水と食料」「名簿」「時計」「ランダムアイテム」

 「デイパック」→他の荷物を運ぶための小さいリュック。
 「地図」→白紙、禁止エリアを判別するための境界線と座標のみ記されている。
 「コンパス」→安っぽい普通のコンパス。東西南北がわかる。
 「筆記用具」→;普通の鉛筆と紙。;(デスノートへの記入含む)
 「水と食料」→通常の成人男性で二日分。
 「名簿」→全ての参加キャラの名前が載っている。
 「時計」→;普通の時計。時刻がわかる。開催者側が指定する時刻はこの時計で確認する。
 「ランダムアイテム」→何かのアイテムが一つ入っている。内容はランダム。

※「ランダムアイテム」は作者が「エントリー作品中のアイテム」と「現実の日常品」の中から自由に選んでください。
 必ずしもデイパックに入るサイズである必要はありません。;
 また、イベントのバランスを著しく崩してしまうようなトンデモアイテムはやめましょう。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 12:49:40 ID:StTWG65o
【「首輪」と禁止エリアについて】
 ・ゲーム開始前からプレイヤーは全員、「首輪」を填められている。
 ・首輪が爆発すると、そのプレイヤーは死ぬ。(例外はない)
 ・開催者側はいつでも自由に首輪を爆発させることができる。
 ・この首輪はプレイヤーの生死を常に判断し、開催者側へプレイヤーの生死と現在位置のデータを送っている。
 ・24時間死者が出ない場合は全員の首輪が発動し、全員が死ぬ。
 ・「首輪」を外すことは専門的な知識がないと難しい。
 ・下手に無理やり取り去ろうとすると首輪が自動的に爆発し死ぬことになる。
 ・プレイヤーには説明はされないが、実は盗聴機能があり音声は開催者側に筒抜けである。
 ・開催者側が一定時間毎に指定する禁止エリア内にプレイヤーがいると、そのプレイヤーの首輪が自動的に爆発する。


【放送について】
 ・放送は6時間毎に行われる。放送は島のあちこちにあるマイクから流される。
 ・放送内容は「禁止エリアの場所と指定される時間」「過去6時間に死んだキャラ名」「残りの人数」
 「管理者(黒幕の場合も?)の気まぐれなお話」等となっています。


【舞台】
ある孤島が舞台。季節は過ごしやすい暖かな時期。
海は移動禁止区域。入ると脱出者とみなされて首輪爆発。
ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/1458/map.jpg

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 12:50:12 ID:StTWG65o
【NGについて】
・SSが投下された後、
 @10日以内に正当な理由あるNG審議要請が出され、
 Aその要請に基づいて皆で議論し、NGが妥当とされた場合、作者は72時間以内に意思表明をする。
そして修正する意思があるならそこから1週間以内に修正SSを投下。
規定時間内に意思表示がなされなかった場合、該当SSをNG認定とする。
・ただしNG認定後、当該SS登場キャラに新しい動きがないうちに修正SSを書き上げたなら自由に投下可能。
・スレの意志の大半に支持されて修正要請がされて、1週間以内なら何回でも修正は可。
・修正要請、もしくはNG申請の期間は絶対厳守であり、期間を過ぎてからの異議申し立ては受け入れられるものではない。


【注意】
このスレはあくまで『一般人』でバトル・ロワイアルを行う事を主幹とし、登場しているキャラクターは『一般人』と見做されています。
能力や作品の世界観に疑問があったとしても、ここでは例外無く『一般人』という解釈になります。
如何なる理由があろうとも、上記の設定を覆す事は致しません。
また、リセットやリスタートといった事も、まずする事はありません。
こういった話題を提議するのはスレが荒れる一因となる事が多いため、ご理解の上、差し控えて下さい。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 12:50:48 ID:StTWG65o
2/3【アイシールド21】●小早川瀬那 /◎蛭魔妖一 /◎滝鈴音
3/4【I''s (アイズ)】◎瀬戸一貴 /◎葦月伊織 /◎磯崎泉 /●寺谷靖雅
4/4【いちご100%】◎真中淳平 /◎西野つかさ /○外村美鈴 /◎南戸唯
3/3【こちら葛飾区亀有公園前派出所】◎両津勘吉 /◎本田速人 /◎ボルボ西郷
4/4【CITY HUNTER】◎冴羽リョウ /◎槇村香 /◎伊集院隼人 /◎野上冴子
7/7【SLAM DUNK】◎桜木花道 /◎流川楓 /◎三井寿 /◎宮城リョータ /◎赤木晴子 /◎田岡茂一 /◎魚住純
3/3【DEATH NOTE】◎夜神月 /◎L /◎魅上照
4/4【テニスの王子様】◎越前リョーマ /◎竜崎桜乃 /◎手塚国光 /◎菊丸英二
2/3【ヒカルの碁】●進藤ヒカル /◎塔矢アキラ /◎藤崎あかり
4/4【ピューと吹く!ジャガー】◎ジャガージュン市 /◎酒留清彦 /◎浜渡浩満 /◎白川高菜
5/5【BOY】◎日々野晴矢 /◎一条誠 /◎伊部麗子 /◎神崎狂 /◎山ノ上春香
3/4【Mr.FULLSWING】◎猿野天国 /◎虎鉄大河 /●清熊もみじ /○御柳芭唐
4/5【ルーキーズ】●安仁屋恵壹 /◎御子柴徹 /◎新庄慶 /◎平塚平 /◎八木塔子
5/6【ろくでなしBLUES】◎前田太尊 /◎七瀬千秋 /◎中田小平次 /◎中島淳一 /●大場浩人 /◎川島清志郎
53/59 (○生存/●死亡/◎登場済み)
死亡6 未登場3

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 12:52:07 ID:fZvn/66I
>>1
禿乙!
テンプレまで貼らせて閉まって申し訳ない
助かりました

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 13:10:22 ID:StTWG65o
各登場人物の現状
午前0:00〜午前0:59
 F-07 林
 一条誠@BOY , 菊丸英二@テニスの王子様 ,  南戸唯@いちご100%
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/39.html

 C-06 崖周辺
 越前リョーマ@テニスの王子様
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/33.html

午前1:00〜午前1:59
 J-07 浜辺
 中島淳一@ろくでなしBLUES
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/16.html

 E-02 菅原神社
 野上冴子@CITY HUNTER , 瀬戸一貴@I''s(アイズ)
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/17.html

 H-03 平瀬村に向かう途中の車道
 塔矢アキラ@ヒカルの碁 , 平塚平@ルーキーズ
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/27.html

 F-06 神塚山頂上付近
 御子柴徹@ルーキーズ
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/34.html

 D-7 海岸線の道路
 中田小平次@ろくでなしBLUES
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/48.html

 G-08 平野
 冴羽リョウ@CITY HUNTER, 山ノ上春香@BOY
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/15.html

 D-02 川のほとり
 猿野天国@Mr.FULLSWING
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/8.html

 G-03 平瀬村分校跡
 手塚国光@テニスの王子様
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/30.html

 E-04 ホテル跡屋上
 神崎狂@BOY
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/32.html

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 13:28:59 ID:StTWG65o
午前02:00〜午前02:59
 H-06 源五郎池
 伊部麗子@BOY
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/19.html

 H-04 車道
 蛭魔妖一@アイシールド21 , 両津勘吉@こち亀
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/23.html

 E-08 車道(東崎トンネルの手前)
 伊集院隼人@CITY HUNTER , 竜崎桜乃@テニスの王子様
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/28.html

 C-03 鎌石村役場前
 前田太尊@ろくでなしBLUES
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/29.html

 H-06 源五郎池
 宮城リョータ@SLAM DUNK
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/25.html

 D-04 高原池湖畔
 川島清志郎@ろくでなしBLUES
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/38.html

 F-07 森
 八木塔子@ROOKIES , 新庄慶@ROOKIES
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/41.html

 D-1 海岸線の道路
 桜木花道@SLAM DUNK
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/43.html

 C-03 鎌石村道路
 ジャガージュン市@ピューと吹く!ジャガー , 魚住純@SLAM DUNK
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/47.html

 I-10 琴ヶ崎灯台
 本田速人@こち亀 , 夜神月@DEATH NOTE
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/49.html

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 13:32:28 ID:rAMfYChM
はいはいおまえら、こんなスレ立てる前にやる事あるでしょー?
いってらっしゃーい。
subcal:サブカル[削除議論]
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sakud/1118762237/l50

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 13:49:55 ID:StTWG65o
午前03:00〜03:59
 F-08 無学寺本堂内
 磯崎泉@I''s (アイズ) , 流川楓@SLAM DUNK
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/36.html

 F-02 平瀬村の民家前
 田岡茂一@SLAM DUNK
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/50.html

 E-01 海岸線の道路
 ボルボ西郷@こち亀 , 真中淳平@いちご100%
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/50.html

 B-02 車道
 三井寿@SLAM DUNK
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/94.html

 H-07 焼場
 魅上照@DEATH NOTE
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/91.html

 I-6 南側車道
 L@DEATH NOTE
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/112.html

 E-05 神塚山山中
 赤木晴子@SLAM DUNK , 葦月伊織@I''s (アイズ)
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/111.html

 D-05 車道
 酒留清彦@ピューと吹く!ジャガー , 滝鈴音@アイシールド21
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/166.html

 C-05 車道
 槇村香@CITY HUNTER , 西野つかさ@いちご100% , 虎鉄大河@Mr.FULLSWING
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/166.html

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 14:01:15 ID:StTWG65o
午前04:00〜04:59
 G-06 鷹野神社付近
 白川高菜@ピューと吹く!ジャガー , 浜渡浩満@ピューと吹く!ジャガー
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/46.html

 B-5 車道(ジークの中)
 藤崎あかり@ヒカルの碁
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/148.html

 B-5 車道
 日々野晴矢@BOY
 [詳細] ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/148.html

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 14:10:00 ID:StTWG65o
テンプレ終了。
何か間違いがあったら、修正してください。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 14:14:37 ID:fZvn/66I
この仕事の細かさはSz神か809神と見た!

細かいとこだけど、>>5の未登場はあと2名だね
美鈴と御柳だけ
誰も書けないのかなあ?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 15:43:12 ID:xY3u18uU
2ndって入れないの?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 16:15:11 ID:W4lJ2HF4
>>1

>>14
単に入れ忘れただけらしい
交流スレ参照

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 17:39:24 ID:qkKY1wlB
>>1
乙です。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 23:17:30 ID:xY3u18uU
管理人の話はどうなったの?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 23:30:48 ID:qkKY1wlB
>>17が立候補すれば解決する

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 23:38:48 ID:xY3u18uU
>>18
どうぞどうぞ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 23:40:52 ID:mMrjW4Vy
>>19
肥後乙

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 23:57:32 ID:mMrjW4Vy
まあ真面目な話し、更新とか遅くなってもいいから809に続けてもらうのが一番な気がする

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 00:09:19 ID:NSsUtGHQ
そういやSzはなんでダメなんだっけ?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 00:11:21 ID:QK6gvQNN
忙しいからだって
忙しいってのは結構前から言ってたな

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 16:16:25 ID:FUux/jSg
支給品一覧見てて思ったんだがバタフライナイフって被ってるな
もったいないからどっちか別のアイテムに変えた方がいいんじゃないか

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 20:29:24 ID:NSsUtGHQ
スペツナズナイフか【切れたナイフ】にしようぜ!

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 23:50:35 ID:OCDM1DUd
代えるならあとがついてない八木塔子のほうを変えたほうがよさそうだね。
あかりは二話登場してるので多少なりとも差障りがあると不味いですし。

代用はナイフ系だったらなんでもいいんだけど、スペツナズも既出だから他のもののほうが適当かな。
サバイバルナイフや十徳、変わりどころでククリナイフとか。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/09(月) 03:33:26 ID:sR+roVAa
出川にしようぜ、出川に

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/09(月) 13:24:00 ID:IeNIVDyL
やべーって
ややややべーって

29 :809 ◆Ug/3J6XnyA :2007/04/09(月) 21:12:18 ID:cGgTMlKo
板違いかどうかはともかくとして、暫くしたらばに行きませんか。
様子見のための移転です。
他がどうなるかを見てどこか(ここ含む)に移転すると。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/09(月) 22:43:34 ID:p2q04+QM
いいけど、でもスレがサブカルに立ってるんだから意味無いような気がするんだが

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/10(火) 01:59:17 ID:t6hthomT
>>28
切れたナイフってことだと思うぞ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/10(火) 19:45:49 ID:ovLwx4iS
避難所覗いてきたけど誰もいないじゃんw
てっきりスレの今後について話し合われてると思ったのに

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/10(火) 23:37:53 ID:crD3cygb
向こうに非難したっていいから音頭取ってくれよ>809
非難するって言ったって言いだしっぺすら現れて無いじゃんか

34 :809 ◆Ug/3J6XnyA :2007/04/11(水) 01:14:49 ID:Pu/YxuYU
すんません……
昨日はあのまま何もしないで寝てしまいました。


とりあえず、自分としてはこのスレを成り行きに任せて放置。(既に削除依頼が出ているので)
そして、暫くの間、書き込みやSS投下をしたらばで行い、削除議論板の結論が出るのを待って、
次の板(サブカル含む)に移転するという考えです。


と言うわけで、避難所のアドレスを張っておきます。
ttp://jbbs.livedoor.jp/comic/3782/

近々SSの投下なり、マップの改定なり、何かやるかも知れませんので、そのときはよろしく。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/11(水) 23:21:00 ID:8kcdLyV3
せっかくの機会だから避難所でスレの今後を話し合ってみませんか?
どうなるか先が知れないので、移転先の候補を考えておくとか、書かれないキャラの扱いをどうするかとか、
話し合うべきことには事欠かないようなので。
人来るかわからないけど、とりあえずしたらばの方に居ますね。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/12(木) 22:48:45 ID:PZyTXfdW
なんか本格的に廃れてきたな
やっぱ新作こないとなあ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 15:58:59 ID:dOUx2dad
ズガンで良ければいくらでも書けるんだけどな
絶対NGだから書かんけど

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 16:52:36 ID:XokXCAI2
放送までに描写が必要なのってこんな感じか?

S 御柳、美鈴、香・つかさ・虎鉄、ピヨ彦・鈴音
A 一条・菊丸・唯、越前、猿野、御子柴
B 冴子・一貴、イブ、塔矢・平塚、蛭魔、両津、流川・泉、日々野
C 小平次、手塚、中島、前田、神崎、海坊主・桜乃、リョウ・春香、リョータ、川島
D 晴子・伊織、魅上、あかり、三井、L、新庄・塔子、桜木、ジャガー、田岡、ボルボ・真中
E あかり、月・本田、高菜・ハマー

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 20:57:11 ID:VUrNYncT
まぁ、頑張って書けるかなぁ……

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 21:18:32 ID:FvUOvmt9
ダイジェストでいきなり中盤まですっとばすという方法はどうかな?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 23:02:21 ID:53TiFqaT
>>38
そのうちのいくつかは消化できそう。
地道に書いていくよ。

でも放送にいつ辿り着けるか考えただけでも気持ちが暗くなる……。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 11:29:48 ID:LkEPcUWV
問題が一つ片付いた

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 12:58:57 ID:N6dosJ84
というか、片付けられた

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 13:09:36 ID:BR98qE4E
何を言ってるんだお前は

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 16:11:41 ID:RVGODkCc
>>43
お前は片付けることすら出来なかったじゃないか

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 20:56:08 ID:N6dosJ84
別に批難しているわけでは無いんだが、
この反応からすると、そう思っていた奴がいるってことだな

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 21:03:10 ID:qYuMHPz8
何故そうなる

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 21:34:13 ID:RVGODkCc
>>46
勝手に代弁したつもりになるな
そんなことは思ってねーよ

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 22:23:13 ID:N6dosJ84
そう必死になるなよ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 01:11:18 ID:t5165dax
何この流れ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 01:13:41 ID:Ky+THbXG
スルー汁

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 02:41:19 ID:jycPu+hh
>>43以降は工作員ばっかだねw

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 15:55:38 ID:Ky+THbXG
てゆうか移住する気無いだろ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 22:00:21 ID:jzWtlhrl
http://docomo.blogdns.com/jj.html

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 19:47:12 ID:eSLXHHAP
削除人も現れずじまいで議論も曖昧に終わったんだから、もうここに戻ってもいいんじゃねえの?
元々避難してるのか人がいないのか分からんようなスレなんだし

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 20:44:47 ID:YdrkiIjF
このスレの人は我慢が足りないと思う。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 20:46:04 ID:YdrkiIjF
あ、ごめん。このスレの人じゃないや、>55だけだ我慢の足りないのは。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 23:46:37 ID:MHPg7R+K
>>56-57
それを言うならお前もだろ
揚げ足を取るようなレスをわざわざする必要ない
>>55
それでいいかと

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 00:12:22 ID:x/A9AeLV
だね、戻ってくるか。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 00:14:21 ID:LWaXHzYD
ただいま

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 03:51:21 ID:/HZOS7Vh
しかし漫画ロワが始まるとなると余計ここは窮地においやられるな
また長く厳しい冬の時期が来る様だ
春は何時来るんだ

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 12:51:16 ID:N2+URrI/
地道にやればいいんじゃね?
書き手が残ってくれればの話だけど

まあネガティブな話題は止めようぜ
何か盛り上がれるネタ無いかな?
全キャラ出揃ったし、【古今東西一番好きなキャラ】でもやってみる?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 13:54:05 ID:30sD66R5
ここで放送の話にならないところが、このスレの限界を如実にあらわしているような

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 15:58:10 ID:/ZRvC3iQ
予約って何日制になってます?
できたらまた書かせて貰いたいって思ったんだけど、wikiとか見てもみつからなくって…

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 16:05:11 ID:TUbzhkpq
>>64
ご覧の通りの過疎スレだから、期限を付けるなんておこがましい事はしてないですよ
一週間でも二週間でも、気の済むように時間を使ってもらって構いません
ただやはりほっとかれてしまうと皆不安になってしまうんで、時間がかかるのであれば定期的に経過報告をして貰えれば助かります

>>62
魅上かな
あのキレっぷり、ゾクゾクする

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 16:35:04 ID:/ZRvC3iQ
ありがとうございます、じゃあまた折を見て予約させてください。

>>62
鈴音。
明るくピヨ彦をサポートする様が健気で魅力的に感じた。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 18:02:35 ID:9sAw4MyX
>>62
Sz
あの執念にはゾクゾクさせられる

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 19:28:15 ID:/HZOS7Vh
>>62
虎鉄だな
結構良い味出してる
>>66
超期待
>>67
ヲイw

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 23:50:14 ID:fWeOpwPR
俺も魅上だろうな
最初の登場といい、二度目といい、ありゃヤバイ
一般人ロワに相応しい狂気が好きだ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/20(金) 14:59:07 ID:KKxBu5p/
俺も魅上だった

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 02:07:13 ID:m9AJe+QS
俺も魅上

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 14:53:50 ID:r92bIqjZ
魅上人気だなあ
俺としては三井を押したいんだけど、活躍って面で言ったらやっぱし魅上になるのかな

つかそれなりに人いたんだな

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 16:41:11 ID:nLJG5cjT
むしろその事実が嬉しくてしょうがない。
過疎だろうがなんだろうが、愛されてるってことじゃん

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 17:36:20 ID:x64YduR1
じゃあ流れに乗って、
古今東西・ここまでで一番好きな話

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 18:17:27 ID:9FmY2jk1
>>73
ぶっちゃけ八割が俺の自演だけどな
>>74
罪と罰
やっぱ魅上の登場話ってのもあるし、ヒロトの葛藤がロワっぽくて良かった

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 11:54:45 ID:+L0kU6X2
一番好きなSSなら止まれない理由
田岡が渋くて凄く良い

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 15:12:11 ID:UCyjW3C8
>>62
魅上

>>74
罪と罰

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 19:44:40 ID:XObtkNVS
みかみ人気だなぁ……
まぁ、それだけ作品数が少ないってことなんだろうが……

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 23:01:13 ID:UYdD3vOy
最近Szも.zもAAも見ないな
漫画ロワに流れた気がして怖い・・・・

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 10:42:44 ID:rB6IIk0Q
んな事心配してたらきりがない

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 16:09:57 ID:kcPJ0Lc8
>>62
魅上

>>74
罪と罰

>>79
AAはともかく、Szが消えることは無いだろw

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 21:48:10 ID:ee9PQIki
さて削除議論で結論らしきものがでたわけだけど移転先を考えようか

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 21:50:35 ID:ITRvec2B
お前に任せるからとりあえず案を持って来い

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 21:52:31 ID:ee9PQIki
さすがにIDありの板はネタ切れ。どうしてもなら少年漫画に戻るとか。
ここなら書き手トリップの議論はしたらば誘導でマロンでもいけそうに思うけど反発はありそうだなぁ、やっぱ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 22:03:04 ID:ITRvec2B
IDは出ないと不味い
SS投下スレなら出なくても問題無かろうが、雑談や感想を述べる場となるとIDは必須

ここで移転先の最低条件を考えてみるか

1.IDが出る板
  ID出ないと好き勝手やられる場合がある
2.板の民度が高い
  厨が多いと荒れやすい
3.移転に反発が少ない板
  サブカルのような訳の解らんクソ自治厨はいないに限る
4.新規が見込める
  人が来なきゃ終わっちまうよ

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 22:05:10 ID:ee9PQIki
2はもう考えなくていいんじゃないのかな。
贅沢いえる立場じゃない。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 22:07:26 ID:ITRvec2B
マジで言ってんの?
こういう企画って荒れやすいから、民度の低いところに行けば一発で強制終了に追い込まれるぞ?
VIPに行ったと思えば結果は見えるだろ?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 22:08:30 ID:2FZ/LQro
>>82
結論kwsk

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 22:11:04 ID:ee9PQIki
……じゃあそんな板はどこにあるんだよ……orz
家を追い出されたのに理想ばっかみてても野垂れ死にが落ちじゃないか。
したらばにでも完全移転するかい?

>>88
削除議論板にいけばわかるよ。削除人のコメントがある。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 22:12:36 ID:ITRvec2B
>>89
だから悩んでるんじゃん
一番マシなのがここなんだがね

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 22:16:51 ID:GCyxKV7H
現実を見ようぜ
今の状況じゃ妥協はしゃあない

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/24(火) 10:08:08 ID:8KCo6UW6
どこでもいいけどIDだけは出てもらわないと困るよな
あと決まってない問題でwikiの管理人委譲問題
あのキャラ何処にいるんだっけと思ってもss読んで地図と照らし合わせないといけないから不便

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/24(火) 17:52:21 ID:j3omvQCH
つラウンジclassic

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/24(火) 20:04:07 ID:kDkMnYIY
見つけた
検索しても出ないわけだ…

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/24(火) 20:50:20 ID:ZRgbb8K/
もしかして、これまでずっとさ迷ってたのか?w
交流所から流れてくるとか、まとめwikiから辿るとかいくらでも方法あったろw

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/24(火) 22:10:11 ID:kDkMnYIY
まとめウィキから来た
はじめ避難所に行ったけどわからなかった

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 20:02:58 ID:3sVMCR9o
>>62>>74
いまさらだけど、魅上、罪と罰

98 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:08:49 ID:/+O/jZTd
後悔、悔悟、悔恨、痛悔、慚悔、噬臍……。
男の胸に渦巻くものは、ありとあらゆる悔やみの言葉。
それら全てが無数の針となり、男の全身を刺し貫いている。
それは灼熱の痛み。雪氷の嵐。
男は問う。何故あのとき、と――。
あのとき男は洞察力を欠いていた。
あのとき男は冷静ではなかった。
あのとき男は判断を誤った。
あのとき男はその先に起こる事態を想定できていなかった。
全て自分のせい。自分の起こした不始末が招いた結果。
その結果少年は頭蓋を打ち抜かれ、そして死んだのだ。即死だった。
少年の傍らで、少年の友達が哭いていた。
涙は流していない。だが哭いていた。
少年の死を嘆いていた。
少年の死を悲しんでいた。
男にはそれがなにより辛かった。だから男は振り返れなかった。
そんな二人の別れを見たくなかったから。
男はつくづく自分という人間が嫌になった。
もうすぐ朝が来る。
太陽は何事もなかったように昇り、男にも暖かな陽光を降り注ぐことだろう。
男にはそれが堪らなかった。
このまま闇に埋もれていたい、できれば闇に溶けてしまいたい。
男は心の底から願うのだった。



     * * *

99 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:09:35 ID:/+O/jZTd



人を殺した感覚が、まだ女に残っていた。
そこに特別何の感情もない。
あるのは『まず一人』という事実だけ。
それが女の全てだった。
女は決めている。
必ず生き残ろう、と――。
女は決めている。
必ず一条誠と生き残ろう、と――。
だから女は奪い続けなければいけない。
何があろうと、もう引き返せやしないのだから。
だから女は他人の死を顧みてはいられない。
何があろうと、もう戻れやしないのだから。
女は征く。次の獲物を求めて。



     * * *

100 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:10:18 ID:/+O/jZTd



黒い小さな海に、緑色の光点が動いている。
光は三つ。
一つは真ん中にぽつんと。
一つは端の方でじっと動かずに。
一つは真っ直ぐに端の光点へ向かって。
少年は考えた。
真ん中の光の所在は知れている。それは自分自身だ。
では、残りの二つは誰のものか。
光には名前まで書いていなかった。
少年は考えた。
このどちらかが、池で見た男を殺したのではないか、と――。
それは考えすぎなのかもしれない。
だが、少年の足は緑の光を追っていた。
今はそれしか手掛かりがないのだから。



     * * *

101 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:11:19 ID:/+O/jZTd



それはあまりに突然のことだった。
その瞬間、自分でも何が起こったのかわからなかった。
俄かに苦しくなったかと思うと、首に何かが巻きついていたのだ。
知らぬうちに何者かに背後に忍び寄られていたらしく、渾身の力で首を締め上げられている。
苦しい、息ができない。
両手で掻き毟るように抗うのだが、首に巻きついた布のようなものはきつく絡みつき、いくらもがこうとも外れる様子がなかった。
その上、かなりの力だった。首を絞めるのに、躊躇いを感じさせない。
気道を完全に塞がれており、頚動脈までもが圧迫されると、徐々に脳に血が回らなくなっていった。
文字通り眼の前が暗くなる。
くらくらとして、ともすれば意識を持っていかれそうだった。
それでもなんとか外そうと躍起になるのだが、次第に腕の力が抜けていくのが自分でもわかった。

(わしはここで死ぬのか……。これがあの子に対する、わしのけじめのとなるわけか)

切れかかる意識の下で、そんなことを考える。
とても気持ちのいい最後ではなかったが、これが償いだとするのならそれも仕方がないのかもしれなかった。
それだけのことを仕出かしたんだ、誰に文句を言えるわけでもない。
例えば大原部長に言わせたら、『自業自得だ、バカモノ!』と怒鳴られるに決まっているし、
中川や麗子が今回のことを知れば、さぞかし幻滅し嘆くことだろう。
そういう反応が読めてしまうだけに、なおのこと悔いが残ってしまう。
それが故に、こういう形で人生を締めくくらなければならないのを、なんとなくだが受け入れかけていた。
だが、染みついた習慣とは恐ろしいものだ。
頭で考えていたこととは正反対のことを、身体が勝手にしてしまっていた。
まずサンダルの踵で後ろの人間の爪先を踏みつけると、素早く腰を落とし、そして自分から頭を下にして地面に突っ込んでいた。
柔道でいう背負い投げだった。
左近寺やボルボ相手にいつもやっている組み手が、こんなときに成果を見せたわけだ。
と言っても狙ってやったわけではなく、むしろ考えていたことの真逆を条件反射でやってしまったのだから、
これを成果と呼んでいいかどうかは疑問だが。
とにかく、投げられた相手は背から落ち、一瞬呼吸が止まったようだった。
鯉のように口をパクつかせて喘いでいる。受身を取れないと大抵こうなるものなのだ。
見ればまだ若い女である。
引きずるほどに長いスカートの制服を着ているではないか。
この女の何処にこれほどの腕力と殺意が秘められているのか、まったくもって不思議だった。

「くッ、このクソジジイ……!」
「いきなり人の首を絞めといて、よくそんな悪態をつけるな」

絞められた首を撫で回しながら言う。
危ないところだった。あと数秒も絞められたままだったら、窒息していたか、でなければ確実に落ちていたことだろう。
落ちていたら女は得たりとばかりに容赦なく絞め続けただろうから、やはりどちらにしろ死んでいた。
しかしふと思う――。

(わしはそれを望んでいたんじゃなかったのか……?)

少年の友達らしい子が空に向けて銃を撃ったとき、その銃弾で撃ち抜いて欲しかった。
あんな形で子供を殺してしまい、その挙句自分が生き残るより、あの場で撃ち殺されていた方が何倍もマシだった。
その気持ちに偽りはない。
が同時に、窮地に陥ると自分の意識とは別に生きたいという願望が生じ、無意識下に身体を動かしていたのも事実だった。
おかしなものである。
助かったことに後悔してる自分と、ホッとしてる自分。その二人が同じように自分の中に存在していた。
なんだか少年にひどく悪いような気がした。

102 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:12:26 ID:/+O/jZTd

「偉そうに人間の言葉喋ってんじゃねーよ、ゴリラが」

足元をふらつかせながら女が立ち上がる。
ダメージはまだだいぶ残っているようで、睨みつけてくる顔色が蒼かった。

「わしは女だからって容赦はせんぞ。まして不意打ちを食らわすような奴なら尚更な」
「ふん、強がるんじゃないよ。アタシが後ろに回ったことにすら気付かなかったくせに」
「…………」

そう、強がりだった。
女であれ男であれ、不意打ちをした奴であれ、とてもじゃないが今は闘えそうもなかった。
そんな気分には到底なれない。
もう誰も傷つけたくなかったし、死なせたくもない。

「大体オッサン、アンタにアタシは殴れないよ」

女は不適に嗤いながらおもむろに片脚を上げ、長いスカートの裾を持つ。
そして自らそれをたくし上げると、黒いストッキングを履いた脚を露わにしていった。
身体をくねらせ、艶めかしいポーズをとる。

「なんだ、色仕掛けのつもりか? 悪いが今のわしはそんな気分になれんからな、やるだけ無駄だぞ」

女はしかし忠告も聞かず、なおもスカートを持ち上げていく。
なるほど、妖艶な色香であることは間違いない。健全な男であるなら当然視線も行くことだろう。
但しそれは、通常の精神状態にある場合に限る。
こんな気持ちにあるときにそんなオゲレツをされても、煩わしいだけだった。
もう少しで何かが見えそうだ――――というそのときである。
女の動きは予想を上回るほどに速かった。
何処に隠していたものか、たぶん腰にでも差していたんだろう。瞬きをする間に銃を抜き取り、こちらに向けていた。
半ばは予想していたことだった。だが、まんまとしてやられてしまった。
それだけ気が散じていたのかもしれない。

「わしも昔は銀玉鉄砲で早撃ちをやったものだが……なかなか上手いじゃないか」

感心したように声を上げる。
それくらい女の動きは堂に入ったものだったのだ。

「こんなときにそんなことが言えるとは、どうやら度胸はあるようだネ……。感心したわ。
 それとも、単に鈍感なだけなのかしら? でもアンタ、もう少し自分の置かれた状況を考えた方がいいわよ」
「わしのことなど気にするな、撃ちたければさっさと撃てばいい。わしはもう逃げたり避けたりはせん」
「それは余裕? それともアタシが撃てないと高を括ってるの? ――どちらにしても、あまり利口な態度ではないけれど」

突如、轟発音と共に左足に痛みが走った。
女の持つ銃から硝煙が上がっている。――撃たれたのだ。
痛みは全身を駆け巡って脳へ突き抜け、撃たれた足は生臭い鮮血を噴出させていた。
堪らなく痛い。堪らなく熱い。
だがあの少年はこれを頭蓋に受けたのだ。それに比べたらこんな痛み、屁でもない。

103 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:13:35 ID:/+O/jZTd

「よく立っていられるじゃない。でも、これでわかっただろ? アタシはアンタを簡単に殺せる」
「……そのようだな」

首を絞められたときから感じていたが、こいつはマジだった……。本気で人を殺る気でいる。
どうしてそんなことができるのか理解できなかったが、今はそんなことはどうでもいい。
問題なのはこの事態をどうするかだった。
ここで大人しく殺されてやることが少年への償いになるのではと、再び考える。
しかしやはりそういうのは性に合わないらしく、黙ってやられてやるのは癪だった。
かと言ってここでまた組みつきに行って女が死んだりするのは、なんとしても避けねばならない。
さてどうしたものかと考える――。

「わしを殺したいのか」
「ええ、そう。アンタを殺したい」
「何のために」
「アタシ達が生きるために」
「随分と勝手な理屈だな。わいの都合は無視か」

無駄だと知りながら時間稼ぎをする。
その隙に対策を練ってみるのだが、左足の痛みが如何ともし難く、突き上げてくる激痛に集中ができなかった。
普段ならたちどころに解決策をはじき出してくれる自慢の頭脳も、主人同様いまいち調子が悪いようだ。
どうすべきか考えあぐねていると、突然、『それ』が飛来した。
『それ』はどこからともなく飛んできて、そして女にぶつかったのだ。
『それ』とはデイパックだった。
もちろん投げた覚えなどない。誰か他の人間が投げたに違いなかった。
ほんの一瞬の出来事で、何が起きたのかわからずただぼんやりとデイパックの軌跡を眺めていたのだが、今度は唐突に強い力で腕を引っ張られ、
女がどうしたのか振り返る間もなく走らされていた。
どの方角へ向かっているかなどわかない。ただ一心不乱に駆けさせられた。
足が痛む。
とても全速力で走るなど困難で、足は引き摺るようだったが、それでも強い力で引っ張られ続けていたので速度は落とせなかった。
後ろで女が喚いてるのが聞こえる。
戻ってこい、逃げるんじゃねえ、ぶっころしてやる。どれも罵詈雑言の類だ。
何度か銃声も鳴り、鉛玉がすぐ横を飛んでいく気配がしたが、幸いなことにこれには当たらなかった。
五分もそうやって走るっていと、いつの間にか銃声も喚き声も聞こえなくなっていた。
山裾の雑木林に飛び込んでから、ようやく走るのをやめた。

「ふう……ここまで来れば大丈夫だろ。ダンナ、怪我はないか?」

開口一番、その男はそんなことを訊いてきた。
小柄な体格だったが、年齢はあの少年とさして変わらないくらいだろう。
どうやら助けてもらったことになるらしいが、また少年かと思うとちくりと胸が痛んだ。

104 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:14:35 ID:/+O/jZTd

「ん? なんだよ、足撃たれてるんじゃねえか。ちょっと待ってくれよ、今止血してやるから」

男は言いながら自分のベルトを引き抜くと、直接傷口には巻かず、傷口の上できつくベルトを絞った。
それからどうやって手に入れたものなのか、ポケットに入れていた軟膏を出し塗ってくれた。
痛みは酷いものだったが、怪我自体はさほどのものではないようだ。
撃ったのが大型口径だったため、そのぶん肉を抉られただけらしい。弾も体内に残ることなく、無事抜けていた。
止血を終えると、ネクタイを外して包帯代わりに足に巻きつける。
簡単ではあるが、これで一応応急処置はなった。

「これ、飲んどきな。痛み止めだ」

これもどうしたのか、錠剤を一粒手渡されたので、水を使わず噛み砕いて飲み込む。
錠剤が本当に痛み止めなのか若干疑わしくもあったが、確認することはしなかった。
それがなんであるかなどどうでもよかったし、もはや考えるのも億劫だった。
結局死ななかったのだと思ったら、なんだか不思議と気が抜けていた。

「しかしまさかとは思ったが、あの女、本当に撃ちやがった。
 やっぱり思ったとおり、池で見た男の死体はあの女がやったってことか。クソ、ふざけやがって」

男は木陰から追っ手がないかを覗きながら、一人ごちる。
誰もついてきていないのを確認すると、近くの太い杉の樹の根元に足を投げ出すようにして座り込んだ。

「それにしても、あんたも無茶するぜ。銃を向けられてるのに微動だにせず仁王立ちって、一歩間違えれば死んでるぞ。
 俺が出て行かなきゃ危ないところだった」
「ああ、お蔭で命拾いした。ありがとよ」

特別ありがたいとも思えなかったが、命の危険を顧みず助けてもらったのは事実なので素直に礼を言っておく。
実は死んでもよかったなんて言ったら、こいつはどんな反応をするだろうか?
だがこっちの事情はあくまでこっちのことなので、この小柄な少年にそのことを打ち明けはしなかった。
肩に掛けていたデイパックを中も出さずにそのまま投げて渡した。
そういえばまだ確認していなかった至急品も、その中に入れたままだった。

「さっき自分のを投げちまっただろ。代わりにわしのを使え」
「いいのかよ? それじゃダンナが困るんじゃ……」
「問題ない。その気になれば食料などいくらでも手に入る。
 地図やコンパスがなくても、太陽の位置や地形で現在地もおおよそ割り出せるしな。それにわしを救うためになくしたんだ、遠慮はするな」
「そっか……じゃあ、遠慮なくもらっておくよ」

ちゃんと受け取らせてから、別れを言うこともなく雑木林を出る。
できればすぐにでも一人になりたかったのだ。

「おい、どこ行くんだよ! そんな足じゃ危ねえって。ちゃんと消毒もしなきゃなんねえ傷なんだぞ、それ」

少年が追ってくる。
正直、それすら煩わしい。
今は何も余計なことを考えず、誰とも接せず、一人になりたい気分なのだ。
これ以上干渉されることは望んじゃいない。

「すまんな、もうほっといてくれんか? 助けてもらった礼はした。デイパックだってわしのをやった。もう用はないはずだ」

まだ何か言いたそうな少年を残し、足を引き摺りながらその場を離れた。
もうすぐ朝が来る。太陽が昇る。
青い空を見るのがこれほど怖いと思ったのは、今日が初めてだった。



     * * *

105 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:15:39 ID:/+O/jZTd



「なんだったんだあのオッサンは……」

遠ざかって行く背中を見つめ、口の中で呟く。
せっかく危険を冒してまで助けてやったっていうのに、とっとと行っちまった警官(?)。結局名前も訊かずじまいだった。
あんなひどい怪我してるというのに、少しも休もうとせず、あっという間に居なくなってしまった。
なんだか狐につままれたような気持ちだ。
本当に助けてやったのかと不思議に思ったが、これだけは投げつけることなく手に持ったままだった探知機には、
きちんと離れて行く反応があった。どうやら狐の悪戯ではないらしい。

「……まあいいや、行こ。いつまでもオッサンの背中眺めてても仕方ねえしな」

人にはそれぞれ事情があるのだろう。
どうも何か考えつめているような顔をしてたし、構うなと言われればこれ以上立ち入るべきではないと思う。
こっちにも、今は大事なことがあるのだ。

「早くみんなを見つけないと――」

殺し合いをしない人を集めるのも大事だが、強制はできないし、それよりなにより仲間の方が大切だ。
もう一度追っ手のないことを確認してから、探知機に視線を落としながら歩き出す。

「けどあの女には要注意だな。あれはヤベえよ」

金髪を夜風にたなびかせて立っていた女が網膜の下に現れ、なんだか背筋が薄ら寒くなった。



     * * *

106 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:17:24 ID:/+O/jZTd



失敗だった。
弾を無駄にしたくないからと首を絞めにいったのも、背負い投げられたことも、仕返しを考えてすぐ仕留めようとしなかったのも、
もう一人居たことに気づかなかったことも、結局二人とも逃げられてしまったのも、全て失敗だった。
こんなことになるなら弾などケチらず、さっさとあの極太眉毛の間に鉛玉をぶち込んで片付けてしまえばよかった。
つまらないことをしてしまったと後悔する。

「仕方ないわネ……。でも次は絶対に逃がさない」

でなければマコト君と二人で生き残る上で障害が残ってしまう。
それは困る。それだけは困る。
生きるか死ぬかの選択肢しかないのであれば、邪魔者は全て屠ってでも生き抜きたかった。

「それが愛よネ。そうでしょ、マコト君――」

今は何処に居るのだろうか? そのことばかりが気に掛かる。
とにかく今は一人でも多く殺すことだ。
そうすれば彼の生存率は上がる。巡り逢える確率も上がる。
一人でも多く片付けていけば……。

「それまで待っててネ。フフフ……」

107 :BLUE SKY COMPLEX ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:18:11 ID:/+O/jZTd
【G-05/森/1日目・午前4時ごろ】

【男子41番 両津勘吉@こち亀】
状態:情緒不安定
装備:なし
道具:なし
思考:1.激しい後悔
   2.本田、ボルボを探す


【G-05/森/1日目・午前4時ごろ】

【男子38番 宮城リョータ@SLAM DUNK】
状態:健康
装備:首輪探知機
道具:支給品一式(所持品不明) 傷薬(軟膏)と痛み止め(飲み薬)共に数回分ずつ
思考:1.探知機を使ってゲームに乗ってない人物(主に知り合い)を集める
   2.ゲームから脱出したい

※リョータはイブを危険人物と認識しました。


【H-05/森/1日目・午前4時ごろ】

【女子03番 伊部麗子@BOY】
状態:健康
装備:コルト ガバメント(弾数3発/予備弾20発)@こち亀
道具:支給品一式×3、バンテージ@ろくでなしBLUES
思考:1.一条誠と帰る
  2.そのために、一人でも多く殺す

108 : ◆SzP3LHozsw :2007/04/26(木) 01:23:26 ID:/+O/jZTd
前触れもなく投下です。
感想ください。


あと、見放すとかはしないですけど、来月から当分書き込む回数が減ると思うんで。
SS投下もたぶんできなくなるんで、気にせず進めて行ってください。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 03:39:08 ID:2M/tOaRE
>>62
魅上

>>74
罪と罰

>>108
S乙

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 14:36:47 ID:fehcO9vp
スーパーウルトラ乙

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 17:48:51 ID:lu62+N0v
>>62
魅上

>>74
罪と罰

>>108
スーパー乙!グレート!

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 18:00:33 ID:H9yBY4Wt
古今東西に答えてるの皆おんなじ奴だろ
こんなに人いるわけないし今になってレスがつくのも不自然
どれも全く同じ答えだしな
もしかして作者本人の自演なの?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 19:25:37 ID:8N/6NIaE
純粋にそれだけ人がいるって事なんだよ
答えが被るのはそれだけ群を抜いて面白いって事なんだよ
つまらん勘繰りして雰囲気悪くするのだけは辞めようぜ

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 19:41:15 ID:0n++bBbI
自分も全く同じなんだよ>古今東西
だから書かなかった

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 21:45:54 ID:hpuHZiF7
しかし、唯一の書き手が書いて数日経っても感想は乙だけか。
しかも、その書き手の投下量が減るって言ってるのに、何も意見なし。


これ、なんて死亡フラグ?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 22:18:14 ID:0n++bBbI
だって文句のつけようもない

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 23:03:32 ID:JG2mqXus
感想すらも一切書かないとは冷たいな君ら。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 23:04:46 ID:f1d2nlsU
投下しておつかれ、とは思うけどとくに感想がわかない。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 23:15:08 ID:0n++bBbI
そうだな…両さんが「幸福の王子」のようだな

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 00:19:28 ID:XWLeramY
所詮は某の流れを汲むロワか

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 00:38:50 ID:T2207PW1
言いたい事があるなら遠回しにしないではっきり言っちまえばいいのにな
書き手だって中途半端な意見や批判されたって困るだろ
建設的な形であれば聞き入れてくれるはず

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 01:53:37 ID:Otv8J6Ot
勝手な予想。
書き手・・・トリップの人達。
読み専門・・・ちょくちょく書き込む人が2人。あまり書き込まない人も数名。
総数はたぶん二桁越えたかどうか。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 11:46:40 ID:T2207PW1
思ったんだがここも毒吐きスレが必要なのかもな
どうも見てるに荒れないように事が大きくならないようにと腫れ物を触るようにして毒を溜め込んでるように見える
定期的に毒を吐く場が無いから何か言いたい事があっても溜る一方なんだろ
避難所のしたらばに専用スレ建てちゃ駄目か?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 13:35:01 ID:oK/i2ksN
いらね。
そんなに人多くないから

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 16:28:08 ID:Iwkwxa9p
現状見る限りでは毒が溜まっているというより煽り屋が騒いでるだけってイメージだけどな。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 16:41:27 ID:m9MiSv1T
>>62
魅上

>>74
罪と罰

>>108
スーパーZグレート!

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 19:37:42 ID:oBq9vn7W
>>121
>>119のことなら遠まわしじゃなくてそのまんまだよ
他人のために体に一部をひとつづつ失っていく

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 20:37:57 ID:c1tg/ZaS
一体何人がここ見てるんだろうな?
ちょっと点呼取ってみようぜ
いつもは完全にROMの奴も今回だけは試しに手を上げてみな

ノシ

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 20:43:29 ID:eeIVI3DC
他ロワの住民で殆どROMですが。

ノシ

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 23:47:44 ID:T2207PW1


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 00:12:54 ID:H2myU0Xg
読み手は3人か・・・いやさすがにそこまで少ないという事はないか?

本気で調べたいなら、調査日をあらかじめ決めた上でフシアナしないと、繋ぎ変えで水増しされるだろうな。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 00:24:57 ID:+N/sdIQI
本気で調べたら、悲しい事実が明らかになるだけかと。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 00:28:06 ID:F65e9xzS

さすがに丸一日くらいは必要だろうてw

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 00:31:53 ID:boXvLGaj
熨斗

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 12:30:28 ID:xKqzigI1
総数も大事だが、それより何より書き手の数の方が問題

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 13:08:26 ID:vBexG67f
書き手ってSzと同義語だろ。
何人もいるもんじゃなくて、SzはSzで一人に決まってるジャン。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 13:37:12 ID:xKqzigI1
失せろ工作員

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 14:21:58 ID:boXvLGaj
>>136
AAさん嘗めんな

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 19:05:01 ID:2R7qyRxF
そいやAAさんはどうしたんだろ?
確か伊織の扱いが不服だとかで御子柴絡ませてSS書くって言ってたような

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 19:08:16 ID:vBexG67f
いや、不服とは言ってなかったと思うが……

忙しい+かきにくいってのが理由だろうな。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 23:55:59 ID:vBexG67f
没スレに来てるね

142 : ◆AAxoi1ysvg :2007/05/01(火) 01:05:26 ID:jqiXlJi1
とりあえず、久々にSSを没スレに投下しましたが、
キャラが全然別人じゃねーかと小一時間……



まぁ、それはそれとして、移転しなくて良いのでしょうか?
場所はどこでもいいんですが、削除議論を見ている限り、どこかに移転しないと不味いと思うんですけど……

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 01:13:40 ID:xpnLn5iz
自分を卑下する書き手は反発を招きやすいということは覚えておくといいかもね。
キャラ掴んでないことを自覚してるなら書くんじゃねーよ。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 01:44:39 ID:3I+fqTYa
避難所でいいと思う。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 01:47:58 ID:x2/6UdXf
どこに行くにしてもIDは必須だな。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 04:14:20 ID:QWztJ497
>>142
牽制代わりに卑下したのに普通に突っ込まれた時どう思った?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 07:50:23 ID:jqiXlJi1
移動先の候補としては
・ 漫画サロン
・ ラウンジクラシック
・ 避難所
・ 少年漫画
等が上げられると思います。

個人的には、IDが出ればどこでも構いませんが、移動するのは早めの方がいいかと。
既に結論出ちゃってるみたいなので……

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 08:23:36 ID:ilQkiPNY
そのなかだったら、クラウンかな。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 08:35:01 ID:+ZZUWsNt
普通に本スレ投下でも良かったと思うんだが。





移転先については避難所に一票

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 08:46:53 ID:5L97dfTd
1、漫画サロン
2、ラウンジクラシック
3、避難所
4、少年漫画
5、その他

で移転先の投票でいいと思う
期限は土曜日ぐらいか?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 10:15:03 ID:AA/vtcsd
このロワの住人って完結させる気あるのか?

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 11:43:22 ID:Rc5ekbx8
>150
こういうのは漫画サロンで、と削除人に言明されているから、少年漫画は候補から外した方がいいと思う。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 11:52:33 ID:A+sHGFqx
投票ならここではなく、したらばの方でやろう

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 12:56:28 ID:AA/vtcsd
というわけで、以下したらばで議論するため
ここには書込み禁止。

ってことで、したらばへGo!

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 00:12:50 ID:VQGoH/hu
>>108からの流れを見て、このスレは書き手を追い出したいのかと思った。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 00:25:40 ID:H39Bm/EF
じゃ、>>155もなにか感想を書いてください
自分は書いたよ


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 00:54:48 ID:VQGoH/hu
>>119か?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 01:01:35 ID:H39Bm/EF
はい

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 01:02:52 ID:6AQmLnLl
もう駄目だなこのスレ

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 01:05:38 ID:VQGoH/hu
今たってる死亡フラグは
・ Sz追放
・ AA追放
・ 板追い出し
これぐらいか?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 07:32:09 ID:E8QqVQsX
追放しようとなんて誰がしてるんだよ
無理にうがった見方をするな

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 08:48:36 ID:+DVUqbrl
いや、これはどう見たって追放だろう。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 12:50:16 ID:E8QqVQsX
ふうん

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 13:15:47 ID:Ny4gt+uK
実際、上の流れは書き手に優しくないよな。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 18:10:23 ID:VlRnNEqw
原因が解ってて何故改善しないのかが不思議
俺は基本的には他ロワ住人だからここがどうなろうとさほど痛くは無いけど、本気でやってて続けて行くんなら書き手は第一に大事にしたほうがいいよ
書き手が嫌気を指して逃げたらどれだけ人が残ってたって続かないんだから
感想や指摘はちゃんとやらんとね

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 18:27:00 ID:6AQmLnLl
煽りなどのエサを垂らされると瞬速で噛み付きにいくのがここの住人クオリティ
どうやらスルーという言葉は知ってても実行に移すのは不可能のようだ

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 19:48:26 ID:sfbYOihH
そうでもない。
肝心の書き手の反応を見てみると、

Sz……終始無言。
AA……完全スルーで別の話題を振っている。>>147

とりあえず、スルーできないのは住人側だな。
俺も含めて。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 21:31:16 ID:sfbYOihH
それはそうと、いい加減移転先を決めないと不味いのでは?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 22:09:50 ID:VlRnNEqw
>>167
上記の人は来ないって言ってるからの無言で、下記の人は投下から数時間での話題振りだからねえ
本人達が黙ってるからと言って書き手をないがしろに扱っていいことにはならないと思うよ
崇め奉る必要は無いが敬い気遣っていかないと書き手は離れて行く
間違いなくね

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 22:26:39 ID:sfbYOihH
Sz氏に関しては、非常に不運と言わざるをえない。
作品自体は無難といえるし、面白いんだがなぁ……


AA氏に関しては、どうなんだろう。
没スレに投下したという事を考えると、SSについて語るなよと釘を刺されているようで何も言えない。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 22:42:57 ID:v+OOr/Yh
これからは短くても必ず感想を付ける
乙やGJでは澄まさない
ってのをっ徹底してけばいいんだろ

移転先については雑談スレだけをマロンにでも置いとけばいいじゃん

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 23:23:16 ID:sfbYOihH
どうせ人もいないことだし、マロンでよければ立ててくるけど、どうする?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 23:25:35 ID:sfbYOihH
どこに行くにしても、テンプレは必要なので。

スレタイ
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart5

↓ テンプレ

週間少年ジャンプの『一般人』キャラクターでバトルロワイアルが開催されたら
というテーマの参加型リレー小説スレッドです。
これはあくまで二次創作企画であり、集英社や各作品の作者等とは一切関係ありません。
それを踏まえて、みんなで盛り上げていきましょう。

前スレ
JCBRってサブカルだよなPart4.5
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1175917625/l50

過去スレ
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart4
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1173270197/
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart4
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1171957390/l50
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart4
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1171980952/l50
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart2 (実質的にはPart3)
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1163119984/
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレ
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1152803558/
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart2
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1155395238/

まとめwiki
http://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/

パロロワ図鑑wiki
ttp://www11.atwiki.jp/row/

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 23:29:07 ID:v+OOr/Yh
感想議論は外していいでしょ

175 :こんな感じか?:2007/05/02(水) 23:29:51 ID:sfbYOihH
スレタイ
JUMP BATTLE ROYALE 2nd Part5

↓ テンプレ

週間少年ジャンプの『一般人』キャラクターでバトルロワイアルが開催されたら
というテーマの参加型リレー小説スレッドです。
これはあくまで二次創作企画であり、集英社や各作品の作者等とは一切関係ありません。
それを踏まえて、みんなで盛り上げていきましょう。

前スレ
JCBRってサブカルだよなPart4.5
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1175917625/l50

過去スレ
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart4
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1173270197/
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart4
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1171957390/l50
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart4
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1171980952/l50
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart2 (実質的にはPart3)
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1163119984/
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレ
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1152803558/
JUMP BATTLE ROYALE 2nd 感想議論スレPart2
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1155395238/

まとめwiki
http://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/

パロロワ図鑑wiki
ttp://www11.atwiki.jp/row/

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 23:41:33 ID:v+OOr/Yh
建てちゃっていいんじゃないか?
それとも一晩様子見て反発が無いかを確かめるか

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 23:57:53 ID:sfbYOihH
建てたいところなんだが、悩んでる。
だって、俺とお前しかいないジャン。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 00:31:07 ID:1YbtmyOG
俺もいるけどここから動くつもりは無い

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 00:47:02 ID:eoefJqL7
いや、削除人が結論を出している以上動かないといけない。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 00:49:22 ID:1YbtmyOG
さわぐな
別に削除されてから動けば良い

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 08:24:37 ID:pSU/5wNR
避難所だってあるんだしな
慌てて今すぐどうこうすることもないか

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 09:44:37 ID:pSU/5wNR
話題変えて、AA氏の新作はどうしようか?
本人は問題あると自覚してるようだがそんなに変なところは無いと思う
通すことに何ら異論はないが、ただあれだとリレーしてくのは難しいような気もする

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 14:43:48 ID:G7UOVRDI
まあなあ、そこが危惧してるところだろうからなあ
話自体に問題は無いけど書き手からしたら後に続きにくいだろうな
最悪事故リレーしてもらうつもりで通しちゃえばいいか
あんまり拘りすぎても放送に辿り着けなくなるし
ってことで通しに一票

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 18:07:04 ID:YVxq5EG4
本人がキャラ違うって言ってるのを通すのはどうもなぁ……
保留もしくは修正に一票

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 18:29:08 ID:11MuuI0b
キャラが違うと自覚しての仮投下ってのが難しいんだよな
本人も修正しづらくてどうにもならんから仮とは言えあれを完成形として投下したんだろうし
AA氏が降臨してどうしたいのかを答えてくれるのが一番なんだけど

186 : ◆AAxoi1ysvg :2007/05/03(木) 20:54:29 ID:PlfU42ei
新作に関する議論どうも。

今回のSSを投下した理由は、単純に書き手が残っている事をアピールしたかっただけです。
それ以上の意図は全くなかったりします。
なので、リレーし辛い状況での投下だったり、キャラ把握ができてない状況での投下だったりするわけです。
純粋に、今後も続けていく意思がありますよ、という決意表明ですね。

今回のSSでは三人のキャラが出てきますが、実は書き始める前に、こんなエピソードが我が家でありました。
---
私「あれ……ここにあった漫画が消えてるんだけど……」
彼女「売った」
私「え? いや、売ったって……」
彼女「脱オタク作戦、第一弾として漫画を売った」
私「いや、そのぉ……」
---
ってなわけで、考えていた時点だと三作品全部あったので読みながらストーリーを考えていたものが、
書き始める段になって、漫画がなくなり読めなくなってしまったと言うわけです。
なので、「こいつら本当にこんなキャラか?」っていう疑問が出てしまった次第です。
かと言って、いつまでもSz氏や、時々来る人たちしかいないという状況も不味いかと思い、顔出しぐらいしなければ、
それに書き手として顔出しするにはSSの一つぐらい投下しなければ、と思って没スレ作って、作品投下したわけです。


修正の話が出ていますが、修正するためには一度ぐらい漫画に目を通したいなぁと言うのが本音です。
でも、その漫画がないと……

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 22:51:25 ID:0w+s9Q3h
ってことはだ、こうして議論されるくらい注目を集めたのだから一応最低限の目的は達成されたと
そういうことになるのかな?

外野の意見としてはアピールだけに留まらず、出来るなら通したいという希望もあるんだが
しかしこれだとキャラが、特に伊織がかなり違ってるしなあ・・・
今すぐでなくていいから、どうにか修正してもらえんかね?
キャラが違うと取る行動も変わるだろうから簡単な修正じゃ利かなくなるかもしれないけど・・・

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 11:55:57 ID:i82C7kE2
しかしあれだな、Sz神やAA兄貴がいるだけでもこのスレはまだ大丈夫だよ
もちろん彼等だけではまだ楽観視はできないが、それでもこうして骨を折ってくれる書き手が残ってくれてるだけでも恵まれてる
死んでいったガンデーや1stに比べれば断然良いよ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 15:03:34 ID:BCbysECw
AA兄貴は大変だなぁ……
SSを書きたくないわけでもないのに、
仕事で時間が、彼女で資料が消えていくw

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 15:04:54 ID:BCbysECw
>>188
工作員じゃないなら、他を引き合いに出すのは止めたほうが良いぞ
特に劣っているところを出すのは

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 17:43:24 ID:hW1Dbx0t
>>186
お気の毒様です…

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 19:13:15 ID:6UT6cb+g
AA兄貴てwww

よし、書き手さんに頑張ってもらえるように書き手紹介でも書いてみねえ?
それぞれが書いていったのを後で総合してったら面白そう

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 20:20:47 ID:BCbysECw
>>192
こんな感じ?

Sz神:ぅゎょぅι゙ょっょぃ
AA兄貴:色黒ガチムチの六尺兄貴

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 00:16:26 ID:/49QPc5h
Sz神:新世界(2nd)の神、執念の王。たった一人で闘い続けた救世主。
AA兄貴:サンデーロワ最後の生き残り。2ndを救いに馳せ参じた漢の中の漢。
仕事人809:2ndを纏め上げる影の英雄。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 00:39:36 ID:2JlIutSk
なんとか盛り上げようと必死なのは解かるが
過度な持ち上げは嫌味にしかならんぞ

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 00:45:31 ID:KZlJQQex
そんなヤボなことを言う方がどうかと

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 00:48:39 ID:/49QPc5h
>>195
そうか?
なら195も納得行く書き手紹介してみようぜ

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 00:52:35 ID:54qIfEWu
某掲示板のIPを見て思った事がある……
ただの偶然だと思うが、>>194の三人は全員同じ地域に住んでいて、同じプロバだったりするわけだが……

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 00:56:03 ID:/49QPc5h
同一人物かもと?それは無いと思うが・・・
全員SS書いてるけど作風から文体から全く違うじゃん
あそこまで書き分けるには相当な技量が必要だしなあ
そもそもそんな大々的な自演をする必要ないと思うが

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:00:40 ID:54qIfEWu
まぁ、確かに三人とも別人なのは確か。
しかし、これは……三人とも近くに居るのでオフ会でも開けとの神の啓示かと……



orz
ごめん、吊ってきます。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:07:17 ID:KZlJQQex
スゲエ偶然だなw
まさか地域で取り組んでるなんて事は…

202 :809 ◆Ug/3J6XnyA :2007/05/05(土) 01:11:09 ID:54qIfEWu
スンマセン、そんな彼らのIPがわかるおいらは言うまでもなく、809です。
まぁ、何もしてない人間だし、これからも何もしない人間なので>>194に入れられるのは、ちょいはずいです。


時々、マップぐらいは変えようかと思っていますが、時間がないし、今日はもう眠い。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:13:09 ID:54qIfEWu
やっべ、相当に酔ってるな……

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:14:15 ID:/49QPc5h
おお久々
俺は充分入れて良い方だと思うけどなあ
これからも頑張って下さい

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:56:38 ID:N1BDUIPU
たいした理由もなくIPについて漏らすとかどんだけ屑な真似晒してんの?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 18:30:07 ID:qtCdI93y
まあなあ・・・本人達だけにこっそり言うならまだしも、ここに書くべきことじゃないよな
したらば管理人が簡単に個人情報ばらすようなら向こうに書き込むのとか抵抗出てくる
今回は具体的にじゃなかったけどそういうのは辞めてくれ>809

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 19:02:26 ID:LKK/tqmT
たぶん、ここを潰そうとしているやつに脅されてやったんだよ

208 :809 ◆Ug/3J6XnyA :2007/05/05(土) 19:11:12 ID:oLs4laUW
スンマセン。IPぐらい大した事ないと思ってました。
分かる事少ないんで……とりあえず、止めます。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 19:18:38 ID:qtCdI93y
そりゃ解る事は少ないけどさ、だからって管理人が進んでばらす事ではないと思うよ?
悪気がないだろうってのは解ってますけどね

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 15:37:45 ID:9A76Er37
>>208
身長、体重、年齢、性別、職業、髪形、出身地、家族構成を教えてくれ。
分かること少ないから、大したことないだろ?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 16:23:52 ID:DwUPVPLf
あげ足取りウザイ

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 18:27:31 ID:tLZ9FwfS
>>208の言い訳のほうがウザイだろ……
これって、酔っ払って調子に乗りIPを晒したら怒られたので、とりあえず止めただけだろ。
別に悪いと思ってもいないようだしさ。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 18:28:37 ID:m9gJsBvp
>>210
細かいことを言うようだが、わかることが増えてるぞ。
IPでわかることは、それよりもさらに少ない。
さらにいえば、今回の809は別にIPそのものをさらしてない。
聞くなら、どこの誰ともわからない、○○さんと同じ、とかそういうレベルだろう。

お前の質問に809レベルで答えてやるとすると、こんな感じだ。

身長は三丁目の青木さんと同じぐらい。
体重は四丁目の山田さんと同じぐらい。
……(以下、略)

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 19:25:51 ID:efCA9Fv3
はいはい終わり終わり
これ以上書き込みづらいふいんきを作るな

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 20:32:16 ID:tLZ9FwfS
>>213
酔っ払った勢いで>>198みたいなこと言い出して、
「分かることが少ないから大したこと無いと思ってた」
なんて言い訳してるのがダメなんじゃねぇの?

そんなこと言っているから、
「分かることが少ない」「分かっても大したことない」
身長や体重その他を晒してみろよって言ったんじゃねぇの?

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 20:37:30 ID:efCA9Fv3
しつこいよ
そんなの書き込む暇があったら全感想でもやってた方がずっと建設的

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 20:43:04 ID:b6OIwssE
お前もスルーするか全感想でもやってろよ……

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 20:45:19 ID:VpHK3hIN
>>215
んで、お前はこの荒れた空気を作ったことに対して、どんな言い訳をしてくれるの?

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 20:51:54 ID:efCA9Fv3
じゃ話題変えついでに質問

コミック持ってないから不確かなんだけど、ルーキーズの平塚って尊敬する人が両津なんだよな
もしこの二人がかち合ったらどうなるんだろ?
平塚は両津を漫画のこち亀の主人公として認識してるわけだから、クロスオーバーさせるのは不味いのかな

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 21:12:10 ID:b6OIwssE
また違った意味で書き込み難いな……

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 21:13:39 ID:VpHK3hIN
さぁ、今のところクロスオーバーさせた作品はないから、(厳密に言えば没作がひとつ)
クロスオーバーさせない路線に変更することもできるわけだけど、
クロスオーバー路線は、我らがSz氏が推薦した路線であり、AA氏も没作で続いた路線なんだよな。
って言うことは、微妙だよな……

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 21:29:36 ID:DwUPVPLf
極論になるけど、要は面白ければおk
クロスオーバーさせて面白くなるならやればいいし、たいして盛り上がりそうもないならわざわざやる必要無い
個人的に平塚と両津のクロスオーバーでの絡みはかなり見てみたいけど

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 04:56:15 ID:/TgE7a0v
書き手さんが書きたいほうで良いんじゃね?

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 22:20:20 ID:v2g9nh3J
結局いつも行き着く結論は書き手に任せとけってことなんだよな
まあその方が確実だし筋道だから良いんだけどさ

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 22:56:32 ID:/TgE7a0v
そういうのに関しては、書き手さんに相談して貰えた時にだけ
アイディアを出したり答えたりしてりゃ良いってこったな

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 12:25:22 ID:Jx/bNJIl
読み返してみて思った
塔矢がクレイジー翼化してるんだな
案外これも繋ぎにくそう

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 20:44:32 ID:2KcQZWDc
繋げればクレイジーも面白いんだけど…

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 20:46:57 ID:XcGeC+qd
どの話も繋ぎにくい話ばかりだよな……
なぜなら、書き手がいない。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 20:49:55 ID:2KcQZWDc
繋ぎ易いか難いかで言えば、比較的繋ぎやすそうなのが多いよ
出会って終わってるのが多いからどのようにも動かせるんじゃないかと思う

書き手がいないと話にもならないけどな

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 20:54:57 ID:XcGeC+qd
>>228は冗談としても、一書き手として言わせてもらえれば、全体的に結構書きにくい。
ただ単純に出会って終わっていて、さらに、イベントを起こそうにもアクの強いキャラがあまりいない。

と言うのも、原作でのイベントのおき方を見てみれば分かると思うが、
CHでイベントが起きるときなんかは、必ず新キャラが登場し、新しい状態で話がスタートすることになる。
こうなると、オリキャラも許されず、新規キャラ追加なんかもっての外というこのロワでは話のネタが作りづらい。
ほかも似たようなもん

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 20:58:38 ID:2KcQZWDc
書き手さん?誰?

んーまあ言ってる事は分かるけど、ただ単純に終わってるから如何様にも出来るんじゃないのかな?
イベント起こしたいのであれば近くのキャラをぶつけてみるとか
多少無理矢理にでもネタはどんどん作ってくれて良いと思うけどさ

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 21:49:30 ID:E9/OP496
繋ぎ易そうとか言ってる人が自分で書いてみせればいいのに

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 22:07:15 ID:Jx/bNJIl
お前が書けで済ませる奴って必ず沸くよな

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 22:16:07 ID:XcGeC+qd
まぁ、お前が書けって言うかどうかはともかく、誰かに書いてほしいとは思ってるだろうな、みんな。特にSz
ただ……書けるかってなると、俺は無理。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 01:05:57 ID:wY6GJJeq
ID:XcGeC+qdが繋げ難い理由を具体的に書いているのに、それでも出来るとか書いたID:2KcQZWDcにはぜひ書いてみて欲しいけどな。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 01:17:15 ID:s0r094cz
原作のイベントがロワ向きで、起こしやすそうなのってBOYぐらいなものか……
そういう視点で見ると絶望的だな

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 05:40:13 ID:oGJhO1t4
イベント起こすのに原作準基ってのがいまいちよく解らない
別に唐突に起こしたっていいんじゃないの?

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 08:48:50 ID:Hfye069E
基準っていうか、参考資料だな。その参考資料が使えないと。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 09:05:29 ID:oGJhO1t4
キャラの性格に明らかな矛盾が無い限り、原作通りにさせる必要無いように思うが
そんなことやってたらパロロワ自体が出来なくなるでしょ
原作で人殺した奴の方が少ないんだし
難しく考えすぎ

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 12:18:16 ID:Q1/nDfmE
必要とかで原作準拠なんじゃなく、話造りのヒントとして原作を持って来るの。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 17:53:55 ID:DNhtowCL
勝手に難しく考えて突っかかってきてるだけのバカか

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 18:03:32 ID:CorT/xCH
試しにさ、皆で一つのSSのプロットを作ってみないか?
で、練り上げたものを書き手に文章に起こしてもらうと
実際に書いてもらえるかどうかは別の話としてね
ともかく雰囲気作りや今後の展開のためにも、一度やってみたいんだが

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 21:41:52 ID:lehKGRAM
では、得意分野なネタじゃなかったので断念した話を。


御子柴が伊織に一目惚れする話であ〜だこ〜だ。



これ以上は考えてません。誰か、続きをお願いします。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 22:09:38 ID:oGJhO1t4
せっかくだからバトルで考えようぜ
恋愛ものは下手すると収拾つかなくなる諸刃の剣だからなるべくなら避けた方がいいかと思うよ

それでバトル映えするとなると、魅上、晴矢、リョウ、海坊主、両津だろ?
それだと場所的に近い魅上とリョウをぶつけるか、海坊主と晴矢をかちあわせるかってのがまず思い浮かぶんだわ
そこで誤解を産んでバトル突入ってありきたり展開が簡単で良さそう
一般人だから銃撃戦や肉弾戦になって派手さは出ないだろうけど、心理描写さえ濃く描ければ肉厚の話が作れるんじゃないかな?


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 22:36:58 ID:ojH74gYC
なるべくなら避けたほうがいいってネタは減らそうぜ

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 22:49:06 ID:ojH74gYC
さっき、交流所見てきたら散々に言われてたな。
見返してやらねば……SSのプロットでいいなら、何か考えるから誰か書いてくれ……他力本願ですまん

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 23:42:00 ID:DNhtowCL
更にネタ提供してどうすんだよ……

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 00:07:06 ID:vzmqZpOt
このロワが第一放送にたどり着く確率と、ほかのロワが完結する確率ってどっちが高いだろうな。
他のロワってのはどこでもいいよ、たとえば既に終わったガンデーと比較してもいい。


多分、前者のほうが高い、なんて結論にはならないと思うから。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 01:59:36 ID:D0awgxF0
どこにいったのかと思ったらやっと見つけた……
今からまとめ言って現状把握して書けるようなら書きます

なので移転の際は誘導を残していってください

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 02:06:39 ID:F5uuEl7A
ありがたや〜
ここに避難所があります
ttp://jbbs.livedoor.jp/comic/3782/

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 03:22:14 ID:xCu8w8D6
>>248
0を比べても勝てないてw

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 08:18:46 ID:SIkq7f+2
誰を使うか、どんな方向性に持っていくか
まずはこの二つから決めるべきだと思うんだ

で俺としては、まだ一度しか登場してないキャラから使っていきたい
フラグも多く抱えてないし出番も増やしてやれるからね

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 11:13:16 ID:fjOqd9Np
新規のマーダーを増やす方向に持っていく。
使うキャラは殺す覚悟も少しはある手塚あたり。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 16:57:52 ID:SIkq7f+2
手塚か……いいんじゃない?
マーダー化させるとなると実際に殺しをさせるか、でなければ何らかの転機を明確に作ってやらんとな

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 17:29:14 ID:fjOqd9Np
近くに塔矢組がいるから、それでいいだろう。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 17:59:49 ID:WqCyZu1z
神崎と絡ませるのも面白いと思う

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 20:45:21 ID:xCu8w8D6
テニヌ勢をオクレ兄さんトリップしているキャシャリンみたいな感じにしたら良いんじゃね?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 21:02:31 ID:ED7LmqaY
想像できねえし難しいだろw

手塚が神崎に襲われる→平塚塔矢が助けに入る→神崎を撃退→手塚ゲームを再認識→平塚塔矢を殺害
の流れなんてどうだ?
神崎戦でバトルができ、平塚塔矢戦で心理描写が書け、なおかつ手塚をマーダー化させられて塔矢のクレイジー翼化も防げる
ヒカ碁勢にリーチかかるのが難点だが、それ以外じゃ問題は無い


と思ったが、内容的に書く難易度が上がると言う最大の弱点があった
バトルと心理描写に優れた書き手じゃないと荷が勝ち過ぎるかも

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 21:10:30 ID:/ct6VroY
ヒル魔も近いから使えないかな?
どうせならでかい話にして物語の転機にもさせたいな
一気に人減らすのだって良いし面白い

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 21:11:45 ID:/ct6VroY
あ、あと次の日曜にうちがラジオの番だって
何語られるのか今から楽しみだ

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 21:20:49 ID:NEZ79gSh
ラジオか
せっかくだからラジオでプロットの件を取り上げて、交流所の人間達にも手伝って貰えたら最高だな
他ロワの人間もSS書くのではなくプロット立てるだけなら手伝ってくれるかもしれんし

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 21:43:39 ID:SIkq7f+2
なんなら交流所でお願いしてみようか?
暇潰しの妄想でいいからプロット作るの手伝ってって
そこから興味を持ってくれる人が出てきてどんどん盛り上がっていけば言うこと無しなんだけどなあ

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 21:55:24 ID:mp2q37E8
個人的には、ネタ枠をもう少し増やしたいな……
それと発狂系のキャラも。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 22:12:40 ID:veuXWbyF
交流所の人間にお願いってのはちょっとどうかと
他のスレはそんな事してないし
最近書き手募集したばっかりなのに
うちだけ、正直恥ずかしい……


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 22:53:27 ID:ccolf1Dl
すいません、ちょっと相談に来ました。
実は以前から狙っていた集団があったのですが、あまりにも多くの参加者を一人で動かすことになってしまうので躊躇していました。
もし他の書き手の方が書く予定ではなければ、予約の方を入れさせてもらいたく思います。

予約を入れたいキャラクターは以下の九人です。
『三井寿、ジャガージュン市、魚住純、前田太尊、川島清志郎、猿野天国、西野つかさ、虎鉄大河、槙村香』
ただ作品内時間の関係で、これでこのキャラクターのほとんどが第一回放送待ちのような形になっちゃう可能性が高いです……。
また、他の作品の時間との兼ね合いも考え(先行し過ぎるという意味で)厳しいかもしれませんので、諦める覚悟は出来てます。
その場合は書き出しの部分だけ完成してますので、機会がある際に没スレにでも投稿させてもらえればと思います。

よろしければご意見いただきたいです、よろしくお願いします。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 22:58:24 ID:mp2q37E8
>>265
駄目な訳ない!  がんばって書いてくれ

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 22:59:50 ID:F5uuEl7A
すご!
大作ktkr!

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 23:06:14 ID:mp2q37E8
話はまったく変わるんだが、現在地マップを漫画ロワ形式にしないか。
あれなら、管理人問題も解決するし、いい方法だと思うんだが……


問題はやり方が全く分からんと言う点だが……orz
ソースコピるわけにもいかんしなぁ……

269 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/11(金) 00:07:10 ID:XJvaLfTD
まだ慌てるような木曜日じゃない。

「バトルロワイアルパロディ企画スレ交流雑談所(以下交流所)」の方でゴールしてラジオをしているR-0109と申します。
現在、交流所のほうで「パロロワ企画巡回ラジオツアー」というのをやっていまして。
そこで来る5/13の21:00から、このロワを題材にラジオをさせて頂きたいのですが宜しいでしょうか?

ラジオのアドレスと実況スレッドのアドレスは当日にこのスレに貼らせて頂きます。

交流所を知らない人のために交流所のアドレスも張っておきます。
ttp://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1178101118/

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 00:14:19 ID:Eoaqtq+V
はい? 何言ってんのこのおっさん?

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 00:24:44 ID:3MqAMtco
>>269
オレはあんたを待ってたよ。
ラジオ……ぜひやってくれ!

272 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/11(金) 00:26:38 ID:XJvaLfTD
すいません、日程に変更が生じたので5/13ではなく5/12の21:00からで御願いします。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 00:35:14 ID:32dNlIjO
期待してるぜ!!!

274 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/11(金) 00:41:45 ID:XJvaLfTD
度々申し訳御座いません。
日程に只今ズレが生じており5/12にできるかどうか微妙な状況となっております。
今日のうちには報告しておきたいと思います。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 02:50:54 ID:cKSCh+g0
レイディオはどうやって聞けば良いんだい?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 12:14:06 ID:FTnL0ELn
>>265
もちろん構わないですよ。気兼しないでじゃんじゃん書いてくれればいいと思います。
放送待ちになるのはさして問題ないですし、進みすぎるというのも他を書いていけば解消されることですから。
と言っても仕事の都合上、当分の間自分は書けない日々が続くのですが。
とにかく焦らず気負わず、頑張って書いてみて下さい。

>>274
ラジオ楽しみです。
どんなことが語られるのか、今からwktkしております。
ただ個人的要望としては、土曜日の方がよかったり……ってすいません、戯言なんで聞き流して下さい。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 17:55:31 ID:k68WVIGx
>>265氏はしたらばで正式に予約入れてくれてるな
頼もしい人が来てくれたものだ

>>276
Sz乙
あんたも気にしないで仕事ガンガレ

278 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/11(金) 20:45:53 ID:XJvaLfTD
日程、決まりました。
とりあえず5/13の21:00〜です。

よろしく御願いします。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 21:01:15 ID:cKSCh+g0
>>278
レイディオはどうやって聞けば良いんだい?

>>277
鳥を出してないのに名指しするとか……

280 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/11(金) 21:03:59 ID:XJvaLfTD
>>279
ttp://spill.jp/play.html
ここを参考にしてください。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 22:18:03 ID:BSSeYoRq
手塚ネタは誰も考えてないようですね……
とりあえず、手を出してみますかな……

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 17:10:35 ID:cmX60FLR
で、結局ラジオはどうなったんだろ?
交流所じゃ今日やるかもなんて言ってたのにここに報告が無いってのはどうなんだかな・
なんだかいつも騒動に巻き込まれてる気がする

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 17:16:52 ID:gKoitVDL
ラジオは明日で決定らしいよ

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 17:22:04 ID:vHkBsLgS
行為で取り上げて貰うのだから文句言える立場でないが、今回の騒動はここにとって失礼な話だわな
13日が12日になり、それがまた13日になったかと思ったら知らぬ間に12日にしようかなんて話になって、結局また13日になったわけで
挙げ句その報告や何かを言ってくるわけでもないって、さすがにここを振り回しすぎだろって感じはした
謝罪や賠償をしろなんてのじゃないけどさ、普通一言くらいあってもいいよな
まあこんなことを書けばここが悪者にされるかもしれんが

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 17:31:01 ID:gKoitVDL
分かってるなら書くなよ

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 17:33:04 ID:vHkBsLgS
分かっててもこれじゃ言いたくもなる

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 17:38:30 ID:cmX60FLR
まあなあ
正直良い気持ちはしないよな、このやり方じゃ
けどここは堪えようぜ
文句言ったってどうにかなるものでもなさそうだし

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 17:40:53 ID:ajHIdUFR
折角ラジオしてくれるんだから、細かい遺恨は忘れて楽しまなきゃ損さ
ギスギスしてたら勿体無い

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 17:51:58 ID:zEUS5ICH
黙ってようと思ったけど、いいや言っちまおう
ラジオ楽しみだったけど、どうも純粋に楽しめそうも無い俺がいる
過疎で問題ばかり降りかかるロワだからいつでもいいやと思われてるんだろうか
馬鹿にされてる気がしないでもないんだが

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 18:04:54 ID:vHkBsLgS
交流所じゃ仕切り直した方が言いなんて言われてるが、実際に仕切り直せんのかね?
これじゃラジオしてくれたってラジオの人だってやり難いだろう
間を明けて一週間二週間置いた方がよさげ

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 18:09:15 ID:ajHIdUFR
希望通るか分からないけど、日程変更要望あるなら一人ずつ希望日を出してみれば?
愚痴るよりそっちの方が建設的

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 18:14:01 ID:vHkBsLgS
そうだな
じゃあ来週にでもに回して欲しい
エンタやジョジョに迷惑かけるのは心苦しいが

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 18:14:19 ID:zEUS5ICH
来週分とか?
明日とかじゃ気分的に無理

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 20:13:17 ID:YS9iRG7u
何が不満なんだか……

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 20:22:18 ID:hEjdvmAH
忘れられてないことのビビッてるくらいなんだが

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 20:27:16 ID:Y53i/Wbg
墓木3のことだけ先行で、当事者である2ndのことは一切配慮してないってところが不満なんだろ
俺もその部分だけを言えば不満がある

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 20:56:02 ID:YS9iRG7u
それだけ、こっち側にトラブルが少ないってことだろ。
ハカギ3の事を考えてるのは向こうにトラブルが多いから。
その点に関しては、不満どころか、哀れみすら感じるんだが……

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 20:56:13 ID:mHgNymoW
日程変更は無理だろうな。既に日程載ってるエンタやジョジョどころか、
後続の残り十個くらいのロワ全部が遅くなって、間接的に迷惑かかるんだから
つーか恨むならラジオの人じゃなく問題起こした葉鍵じゃね?

299 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/12(土) 21:14:10 ID:df3FI5A7
日程コロコロ本当にごめんなさい……。
いろいろと優柔不断だったり振り回されたりするのが毎度ながら裏目に出てしまったようです……。

葉鍵3だけでなく僕自身の責任の問題もあり、本当に今回は申し訳ありませんでした。
日程の変更要望が多いなら、それも視野に入れて見ます。

本当に申し訳ありませんでした。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 21:18:57 ID:vHkBsLgS
誰を恨むとかそんなんじゃないんだよ
不満があるのは確かなんだが

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 21:43:14 ID:w+0UqDY9
やっぱ来週に回してもらった方が良くない?
エンタと変えてもらうとかさ
人集まりにくいだろ、日程が曖昧だった次の日じゃ
ラジオの人だって恐縮しちゃってたら話しにくいと思うし
時間を置いて冷静になったところで仕切り直したら双方楽しめるんじゃないかな

>>299
まあドンマイ
今回は運が悪かったってことであんま気にしないで
ラジオは楽しみにしてるんで放送の時はよろしく

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 22:30:07 ID:YS9iRG7u
>>299
楽しみに待ってるよ。
日程に関しては、色々あったみたいだが、運が悪かっただけだよな。気にするな。




それと、話は変わるが手塚でSS書いてみようと思ったんだが、才気煥発の極みってやっぱ無しなのか?

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 22:46:13 ID:w+0UqDY9
ありでもいいけど、完全な予知だとあれかもしれない
ある程度自主規制してもらわないと…

テニヌはギャグと取るか超人と取るかでかなり扱いが変わるのがネックだよなあ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:05:28 ID:YS9iRG7u
あぁ、駄目っぽいな。
ヒル魔の超人的頭脳が手塚の完全予測を上回る人外話のネタが浮かんだんだが、
考えてみれば完全に没だわな。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:10:30 ID:w+0UqDY9
いや待て待て待ってください!
際どいとは言ったけど、没にすることないって
これまでのSSは良くも悪くも無難な展開続きだったから、ここらでがらりと雰囲気が変わる展開が欲しいところ
ヒル魔と手塚の辛味は面白そうだからなんとか書いてみて貰えないかな?
ここを救うと思って

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:17:29 ID:xVd1XwBd
>>296の墓木3ってなに?

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:18:55 ID:xVd1XwBd
>>302-303
まとめになんか書いてあったような気がするけど、あれって無効になったの?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:26:36 ID:w+0UqDY9
>>307
伊織SSのこと?
どうなんだろな?作者本人が自信なさ気な発言したまま保留状態だが
修正待ちってとこなんかね

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:29:50 ID:xVd1XwBd
いや、テニヌの能力のこと

確認してきたんだけど、やっぱりあったわ
書き手ルールの備考って所に

 【テニスの王子様の特殊技について】 (書き手の方々は注意してください)  2006/07/19 ・ 2006/08/06

基本的に一般人キャラのロワだが、ギャグ・ネタとして技を活用できるよう、制限が加えられた。


 2006/08/06 現在、使わない方が良い傾向が強まっている。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:34:45 ID:xVd1XwBd
でもまぁ、傾向だし?
決定したわけでもないし、今後も微妙な状態だし、
気にせずパーっとやっちゃうのもアリっちゃアリ?

それと、>>306自己解決しました。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:36:10 ID:w+0UqDY9
ああそれか
>>303で言ったある程度自主規制してくれってのはその備考を踏まえた発言
しかしながら完全に無しに制限かけてしまうと盛り上がらないから、多少の規制で済ませて書いて欲しいということ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:37:34 ID:xVd1XwBd
多少ってのが人それぞれ違って、それこそ多少だから
『使わない方が良い傾向が強まっている』んだろうね。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:40:26 ID:xnpnTqei
つーかヒルマって、記憶力は凄いけど他はダメじゃないか?

裏をかくのも運というか主人公校補正が大半で、基本的にはバカじゃないか?

デスマーチとかマスク特訓とか

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:40:50 ID:w+0UqDY9
そこが難しいんだよな
解釈の仕方は皆違ってくるから
でも一切無くしてしまえばつまらないし、100%フルに許容してしまうと一般人ロワじゃなくなっちゃう
やっぱり難しいな…

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:42:00 ID:YS9iRG7u
>>305
いや、>>309のルールを思い出したからむりっぽい。

しかし、このルールもいまさらだが改変してみないか?
よく考えると、これって登場人物側に与えるべき制限を書き手に置き換えてるわけだろ?

本来のパロロワなら、手塚にかかった制限は手塚自身が認識して、
数行かもしれないが、書き手に書くネタを与えるものなのに、
その制限が書き手に移行してしまって、書くネタが減るだけじゃなく、文章そのものが書けなくなってしまうわけだ。

--例--

 手塚はテニスで培った業を人殺しに悪用しようなど、今までに考えたことがなかった。
 だがしかし、彼に存在する技はこれだけなのである。

「何らかの細工をされて、少々弱くなっているが、それでも……」

 制限により、予知は完璧とはいえない。それ以前に、才気煥発の極みが完全な能力でないことは自身が証明したこと。
 だが、信じられるものは他になく、それにこの分野なら他人を凌駕すると言う自負もある。

----

とか、(超適当だが)書けるのが、全く書けなくなってしまうわけで……






いや、スマン。ちょっと言ってみたかっただけだ。忘れてくれ

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:42:58 ID:YS9iRG7u
あうち、リロ忘れた。

317 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/12(土) 23:43:33 ID:df3FI5A7
うーん、ラジオ放送は延長した方がいいのでしょうか?
明日やってツアー終了後にもう一回ということも出来ますが……。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:43:47 ID:hEjdvmAH
ボール状の物を打って攻撃の手を止めたりとかはいいだろうね

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:45:58 ID:YS9iRG7u
>>317
うーん……個人的には、どっちでもいいので、好きな方を選んでください。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:51:07 ID:xVd1XwBd
>>314
そうそう、難しいのよ。
だから『使わない方が良い傾向が強まっている』んだろうね。

そもそも、投票前にカッチリ決めておかなかったのがバカなんだけどな……
テニヌもシティハンターもな。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:53:17 ID:im6DxvqF
書き手を制限してるか。
言われてみたら、その通りだな。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:54:44 ID:xVd1XwBd
>>315-316
普通に初期の『凄いテニスの上手い中学生』で良いんじゃない?
特殊能力が使えなくなるだけで、別にキャラが変わるわけでも無いしさぁ……

>>318
そこらへんが限界だよなぁ……

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:55:17 ID:w+0UqDY9
>>315
ルール改変か
それをしてしまうと、冴羽SSを破棄してくれたAA兄貴に申し訳が立たなくなってしまうような…
あれはルールを当初のものに戻したから没にせざるを得なくなったわけだし
なのにここでまた変えるとなったら冴羽SSを破棄に持っていった意味が無くなってしまう
どうにか上手い方法は無いかな?
ある程度の能力が使えて、それでいて対象者が制限されてると自覚して無い方法とか
薬物にするとCH勢が気付かないのはおかしいって矛盾が出るし…
ダメだ、訳ワカメ
>>320
開始当初から見てるけど、最初の頃はここまで制限で拗れるとは思ってなかったな
解ってたらきっちり決めてたんだろうけど


324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:59:01 ID:xVd1XwBd
>>321
そもそも、投票時にキッチリ決めておかなかったのが失敗だったよな。
一般人ロワというコンセプトは頭にあったけど、テニヌの特殊能力やシティハンターの能力制限なんてなかったもん。

だって、当たり前だと思ってたからな。
スペックが問題で忍空が消えてるんだからなぁw


Sz神やAA兄貴がokくれたらやり直した方が良いんじゃないか?
これはちょっと言ってみたかっただけだから忘れてくれ、さすがにちょっと安易だよなw

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:59:49 ID:xVd1XwBd
>>323
ちなみに、テニヌとCHの制限についてはどう考えていた?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:00:11 ID:wz44pUXe
制限を登場人物に与えた場合、それ自体をネタにして話のネタが10から12ぐらいに増えるものなんだが、
書き手に制限を与える現在の方法だと、話のネタが10から7ぐらいに減るものなんだよね。





まぁ、ルール改変だとかはいってみただけだから気にしないでほしいんだけど、
話のネタを制限している現状は、何とかならんか、と思ってしまう。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:06:15 ID:UpynSyok
一般人ロワというコンセプトを無くすか、
テニヌやシティハンター等の一般人では無い存在を無くすか

これを投票前にキッチリ決めておけば良かったのかなぁ……

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:07:06 ID:S6AD3uG7
>>325
原作で出来たこと、例えば手塚での才気煥発の極みや、冴羽でのホールインホールショットは出来ない
使えないのではなく出来ない
それは何らかの制限と言うより書き手の配慮で書かないと言った感じに捕らえてた
書き手が意図して書かないから使えないのではなく出来ないと言ったような
たぶんこれも書き手への制限に通じてるところなんだろうけど
説明下手でごめん



ところでちょっと整理の意味でキャラを見直してみる?
このキャラはこんなことが出来ますよ的な

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:11:13 ID:UpynSyok
書き手の配慮で書かないってんなら、まんま今の状態じゃないか?



これ使ってやる?

2/3【アイシールド21】●小早川瀬那 /◎蛭魔妖一 /◎滝鈴音
3/4【I''s (アイズ)】◎瀬戸一貴 /◎葦月伊織 /◎磯崎泉 /●寺谷靖雅
4/4【いちご100%】◎真中淳平 /◎西野つかさ /○外村美鈴 /◎南戸唯
3/3【こちら葛飾区亀有公園前派出所】◎両津勘吉 /◎本田速人 /◎ボルボ西郷
4/4【CITY HUNTER】◎冴羽リョウ /◎槇村香 /◎伊集院隼人 /◎野上冴子
7/7【SLAM DUNK】◎桜木花道 /◎流川楓 /◎三井寿 /◎宮城リョータ /◎赤木晴子 /◎田岡茂一 /◎魚住純
3/3【DEATH NOTE】◎夜神月 /◎L /◎魅上照
4/4【テニスの王子様】◎越前リョーマ /◎竜崎桜乃 /◎手塚国光 /◎菊丸英二
2/3【ヒカルの碁】●進藤ヒカル /◎塔矢アキラ /◎藤崎あかり
4/4【ピューと吹く!ジャガー】◎ジャガージュン市 /◎酒留清彦 /◎浜渡浩満 /◎白川高菜
5/5【BOY】◎日々野晴矢 /◎一条誠 /◎伊部麗子 /◎神崎狂 /◎山ノ上春香
3/4【Mr.FULLSWING】◎猿野天国 /◎虎鉄大河 /●清熊もみじ /○御柳芭唐
4/5【ルーキーズ】●安仁屋恵壹 /◎御子柴徹 /◎新庄慶 /◎平塚平 /◎八木塔子
5/6【ろくでなしBLUES】◎前田太尊 /◎七瀬千秋 /◎中田小平次 /◎中島淳一 /●大場浩人 /◎川島清志郎
53/59 (○生存/●死亡/◎登場済み)
死亡6 未登場3

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:16:00 ID:S6AD3uG7
そうだね、今の状態で捕らえてた
だから今後も書き手の判断である程度配慮して描いた技なんかを出してもいいんじゃないかなって思う




その表を使うのが手っ取り早そうだ
生きてる奴を上から順番にやっていくとなるとヒル魔が最初か
こいつの出来ることって何があるんだろ?

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:17:00 ID:wz44pUXe
ブラックジャックの時に見せた人外記憶力が凄いよな……

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:18:46 ID:UpynSyok
『BJで絶対勝てる記憶力』と『一か八かの大博打を打つ度胸』くらいじゃない?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:20:39 ID:UpynSyok
>>331
絶対に勝てるんだからな……、金があればできることは何でもできるだろうなぁw

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:23:46 ID:S6AD3uG7
もし制限をつけることにするにしても、記憶力や度胸って制限必要?

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:29:37 ID:UpynSyok
とりあえず、『度胸』とか精神的なものは制限いらないんじゃないかな?
記憶力も良いんじゃないかなぁ、身体能力と違って直接殺せるわけでもないしさ。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:30:50 ID:S6AD3uG7
だよな
ってことはヒル魔も一般人扱いに変わりはないか

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:31:34 ID:UpynSyok
それに【一か八か大博打を打つの度胸】と言っても、
生死のかかった状況じゃない+傍から見れば単に無謀なだけだしな。

その二つを活かした策略を考えてぶっ殺す!ってのが可能とは思えないからなw

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:32:22 ID:OHkrXDNP
知能の制限は要らない
Lとか頭のいいところが面白いし

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:35:33 ID:UpynSyok
>>336
テニヌやシティハンターに比べればね。
記憶力だけなら人外だとは思うよ。


それと、今いる奴だけで決めようなんて大それたことは思ってませんよ!
【それは違うだろ】ってのがあったら、ドンドン変えて下さい

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:35:45 ID:S6AD3uG7
鈴音、瀬戸、伊織、泉、真中、西野、唯は何も特殊能力は無いんだよね?

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:39:15 ID:UpynSyok
鈴音に【スケートやインラインスケートが上手い】ってのがあるくらいじゃね?
ちなみに階段の手すりを横滑り?して降りたり、二階席から飛び降りても怪我しないレベル。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:43:36 ID:S6AD3uG7
チアでスケートやってるからスポーツマン少女的な扱いかな

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:48:32 ID:UpynSyok
○外村美鈴◎赤木晴子◎竜崎桜乃◎藤崎あかり◎八木塔子◎七瀬千秋

こいつらも、特に無いんじゃないか?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:54:23 ID:S6AD3uG7
問題になりそうなのは両津、ボルボ、冴羽、ファルコン、冴子、桜木、越前、手塚、菊丸、ジャガー、ハマー、
日々野、伊部、神崎、猿野、小鉄、見柳、前田、川島くらい?
結構いるな…

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:56:49 ID:wz44pUXe
両津勘吉
宇宙空間に肌を露出させても死なない。
 天国と地獄を行き来できる。
 魔法などの超常現象を知っている。

日々野晴矢
 背中に四次元ポケット常備
 潜水の世界記録を着衣のまま突破

テニス勢
 言うまでもなく……

人外設定って言うとこのぐらいが思いつく範囲か。
後は知らないけど、ジャガーとかは結構人外いるんじゃないか?

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 00:58:54 ID:S6AD3uG7
>>345
両津に関してはギャグ描写を真面目に考察しても仕方ないと思うんだが

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 01:05:47 ID:UpynSyok
ギャグなんて入れたらtクラスのハンマー振り回す女とか出てくるぞw


つーか、ギャグは無しだろ一般人じゃない1stですら無しなんだし……

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 01:09:21 ID:UpynSyok
>>344
テニヌと桜木を入れるなら、スラダンの選手とミスフルの三人もじゃないのか?

本田はバイクかチャリでもあれば多少はやれるだろうし、香もファルコンにトラップとか習ってなかったっけ?

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 01:11:08 ID:wz44pUXe
前田あたりは、単にけんかの強い高校生で済むような気がするわけで
特に問題は感じないが……

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 01:21:32 ID:UpynSyok
ろくでなしBLUESはよく知らんけど、それなら各スポーツもこんな感じかな?

テニヌ:トッププロ
バスケ:NBA
ミスフル:プロ


ところでBOYはどうなんだろう。
日比野がなんか凄かった気がするけど、
ブレーメンと混ざってるからかな?

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 07:44:52 ID:d6rWK1Y3
桜木は一蹴りで敵を上空数メートルまで吹き飛ばしてるからかなり強い
超スピードの持ち主でもあるし
他のメンバーは流川が打たれ強いくらいで特筆する能力は無かったかな

前田はプロレスラーとガチで闘って勝利した男だから、単に喧嘩が強いってレベルでも無いよ
ボクシング技、プロレス技、テコンドー技と多彩な武器も使いこなせるのもちょっと普通のレベルではないかもしれん

香はトラップの腕はあるにしてもそれって知識の範囲だから微妙じゃね?
知識を縛るとなるならヒル魔の記憶力もLの頭の良さも対象になり得るんじゃないかと

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 13:14:14 ID:UpynSyok
縛る話じゃなくて、何ができるかの話じゃないのかな。
縛る話なら、桜木や前田なんて入らないんじゃない?

ところで、ろくでなしBLUESの前田以外もスラダンの桜木以外と同じで大したこと無いの?
それと桜木だけど、上空数メートルまで飛ばした相手は死んだんだろうなぁ……
そんな蹴りを食らったら普通に死ぬよな……

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 13:43:03 ID:d6rWK1Y3
コミック無いから正確じゃないけど、たしか川島が異常だったような
片手で10円玉曲げてみたり、蹴ってはガードした敵を後方五メートルに吹き飛ばしてみたりしてた
アイアンクローで相手を失神させたりも出来たかも知れない(うろだけど
CHを除けばパワーだけならロワ最強と言えそう

小平治はヘタレだけど二三人相手ならぎりぎり勝てるくらいの強さがあった
誇大妄想、虚言癖ってスペックも備えてるけど
ルーキーズの平塚と全く同じキャラだと思ってもいいかもしんないな

中島は・・・おそらくロワ最弱
女子合わせても一番非力だと思う

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 14:15:09 ID:wz44pUXe
有名どころで言うと、海坊主の背筋か。
まぁ、CHのこいつらは存在そのものが人外だからなぁ

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 14:23:10 ID:VW79sqmg
ん? ラジオは今夜じゃなくなるのかな?
個人的にはその方が都合がいいから来週でいいんだけれども。
次の土曜ってことだよね?

>>350
BOYは日々野以外は普通だと思うよ。
一条、神崎、イブはある程度強いけど、驚くほどのものじゃない。
キレてるって意味でなら神崎はやばいけど。


っていうかスレが伸びててビックリした。
自分が投下したあとだってここまで伸びてくれないのにw

356 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/13(日) 16:35:51 ID:hn+Ct9Fq
今日と来週土曜の二回に分けるという手があるんですが
来週土曜は下手すると予定埋まるかもしれないです……。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 16:59:15 ID:d6rWK1Y3
>>356
こちら側の要望はいくつか出てるので、そろそろ画鋲氏本人に判断して頂かないとこちら側としても困ってしまいます
時間になって急にさあ始めるぞと言われても人が集まらない可能性があるので、なるべく早く結論を欲しいです
お手数でしょうが宜しくお願いします

358 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/13(日) 17:29:56 ID:hn+Ct9Fq
んでは、今日と来週の土曜(または二週間後の土曜)二回に分ける感じで以降と思います。
バンド練が入らなければ来週にいけると思います。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 17:35:08 ID:d6rWK1Y3
了解しました
ご迷惑をかけてしまい申し訳ありません
時間になるの楽しみに待ってます

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 17:56:16 ID:UpynSyok
>>355
wiki見た感じだと、神崎も凄そうだぞ

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 20:40:51 ID:d6rWK1Y3
なんでもない普通の奴からすれば神崎は凄いよ
薬使えば一部の参加者抜かしてトップクラスの実力者だと思う
薬無くても強かったかな
でもねえ、それでも特別視する程のものじゃないんだよなぁ
価値観の違いもあるから自分で読んで確認してみるのが一番良いんだけど

362 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/13(日) 21:03:42 ID:hn+Ct9Fq
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/5008/1179057732/
http://121.112.183.56:8000/

お待たせしました、第一弾ラジオです。
来週の土曜もバンド練習の時間帯が被らないみたいなんで大丈夫です。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 21:10:57 ID:wz44pUXe
>>362
もう聞けないのか?

364 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/13(日) 21:12:42 ID:hn+Ct9Fq
あ、いつでもアドレスを入力していただければ大丈夫ですよ。
http://spill.jp/play.html
こちらを参考にしていただければOKかと。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 21:16:51 ID:wz44pUXe
ふむ。
説明サンクス。

とりあえず、今から色々やって、それでから聞くことにしよう。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 02:25:32 ID:yarW4BYF
>>361
日々野が挙げられるレベルなら、神崎も挙げられるって感じじゃないのか?

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 12:29:05 ID:WfaYvg2V
BOY格付け
日々野>>>元神様の壁>>>>>神崎>>>一条≧イブ

こんな感じじゃね?
日々野と神崎はいい勝負したけど勝ったのは日々野だったし、勝負したのは序盤の頃で
その後日々野もかなり強くなった(素潜り世界記録達成してみたり)から同等ということはない
日々野が人外扱いをされたとしても、神崎はそこから何段か劣ってる

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 13:20:27 ID:SvSBdx53
「マンガの世界の『常人』基準は僕らの世界とは異なる」
でいいような気がしてきたよ

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 17:07:22 ID:WfaYvg2V
早い話がそうなんだよな

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 18:21:32 ID:GALSospO
でもそれを言ったら見も蓋もない

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 18:40:36 ID:A3qyHWjD
・CH勢(冴羽リョウ、海坊主)は別格
・日々野晴矢は準超人扱い
・両津勘吉、ボルボ西郷もスペックは群を抜いて高い(ネタやギャグ描写は考慮せず)
・テニヌは異常
・Lはカポエラをやっていた
・桜木花道、神埼狂、前田太尊、川島清志郎、新庄慶は相当ケンカ慣れしている
・流川楓、宮城リョータ、伊部麗子、一条誠、中田小平次はそれなりに強い
・蛭魔妖一は記憶力は人外だが身体能力は普通
・ミスフル勢もギャグを考慮しない
・魚住純、夜神月、魅上照、御子柴徹はスポーツマンレベル
・ジャガーは自重
・三井寿はケンカが弱い
・野上冴子は女性参加者の中で一番戦闘術に長けている
・槇村香はtハンマーは使えないが(ほぼギャグ描写なので)トラップ知識が豊富
・なんだかんだでハマーは凄い
・その他は真の意味での一般人キャラ

思いつく限りのことを箇条書きにしてみた
間違いや認識違いはあろうが目安までに参考にして

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 19:36:41 ID:xjMQ94M9
MCkwsk

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 20:11:33 ID:A3qyHWjD
どこらへんを?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 21:12:36 ID:xjMQ94M9
なんだかんだって、たとえばどんなかんじ?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 21:58:48 ID:+cO68cPI
見て察しろよ
でなきゃ自分で単行本でもかって調べろ

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 22:22:59 ID:xjMQ94M9
参考にしてってあるし、【どこらへんを?】って返答してくれてるんだから聞いても良いじゃないか

つーか、なんで違う人がキレてんの?

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 22:52:22 ID:a8JuelUW
一晩で書きました。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 23:32:57 ID:a8JuelUW
っと、途中で送信してしまった。意味不明な文章スマン。


デスノートだが、後付設定でジェバンニの複製バージョンにできないかな?

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 23:41:10 ID:2lH51e20
>>378
個人的には構わないと思う

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 14:11:45 ID:4c5CoO1V
>>378
  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < やるじゃん
|   ト‐=‐ァ'   .::::|    \_____
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 14:41:27 ID:2iChiNHr
じゃ、6時間制限は要らないじゃないですか
まあ細かい問題だけど…

魅上か月がだまされたらオモロw

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 15:04:07 ID:4c5CoO1V
オモロwwwwwwwww

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 17:49:06 ID:5h8wB4bn
デスノ知らない俺にも解るように説明して

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 20:21:39 ID:2iChiNHr
作中でデスノートが偽物にすり替えられるんだよ
偽ノートは人間が作ったものなので、当然殺傷能力はない

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 20:47:00 ID:RsIjKzR7
俺の解釈ではこんな感じだけどお前らどう思うよ?

身体能力
1位.両津
2位.日々野
3位.冴羽

銃撃能力
1位.冴羽
2位.海坊主
3位.両津?ボルボ?

知識
1位.L
2位.両津
3位.月

打たれ強さ
1位.海坊主
2位.両津
3位.ハマー

格闘術
1位.冴羽
2位.日々野
3位.両津

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 21:02:43 ID:CREEKg5n
>>384,385 乙


特殊能力の順位はどうなるんだろうか。

387 : ◆7NffU3G94s :2007/05/17(木) 01:58:13 ID:YZXv02+G
デスノですが、複製Verにするようでしたら今予約している内容に付け加えて描写入れることが可能なんですが、入れちゃってもよろしいでしょうか?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 03:02:44 ID:TZx9K7Tx
【名前】冴羽リョウ
【属性】新宿の種馬
【大きさ】190くらい
【攻撃力】拳銃(ワンオブサウザンド)とコルトパイソン357マグナム装備、その射撃能力
     ・暗闇で目が見えない状態でも、一瞬の火花だけで相手の位置を見極め、目を打ち抜く
     ・50mの距離で最初に空けた弾痕に弾を通せる
     ・抜き打ちに自身のある特殊部隊の奴に先に抜かせて
      そいつが撃つ前にそいつの銃の銃身の穴に弾を打ち込める
     ・他人が発射した弾丸に自分の弾を当てられる
     ・1km先の男の服のボタンだけを撃ち抜ける
     ・撃つ体制の6人を撃たせること無く一瞬で6人撃てる
     ・60cmくらいのコンクリートの壁越しに気配だけで壁ごと急所を外しつつ撃てる
     ・催眠術を喰らって相手が回りを分身して囲んでいるように見えても
      ナイフの飛んでくる音だけで、飛んでくるナイフごと相手を撃てる
     ・相手が望遠レンズ越しに狙ってる状況でも、察知して手だけを撃てる
【防御力】鍛えられた人間、防弾チョッキ装備
【素早さ】10mくらいの距離から6人に一斉に撃たれても軌道を見極め全て回避できる
     1km以上先から撃たれた弾丸を音が届く前に気配を感じて回避
     3、40mくらい離れて木の上から観察してる人がバッグから銃を出した隙に隣まで来ている
     背後から来た車に突然マシンガンを撃たれても回避して相手の額を狙える
     足元で手榴弾が爆発してもジャンプで回避
     ジャンプ力10mくらい
【長所】ちょっと頬にかすった程度の怪我と呼べないようなかすり傷含め
    全35巻で4回しか喰らったことしかない超反応&回避(除くギャグ)、速射と超精密射撃
【短所】女
【特殊能力】防弾ガラスも貫通する勃起力
【備考】今じゃ子持ち

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 03:05:14 ID:TZx9K7Tx
×【素早さ】10mくらいの〜ジャンプ力10mくらい
○【素早さ】警備システムの対人レーザー回避のため光速反応 ジャンプ力10mくらい


390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 03:07:10 ID:TZx9K7Tx
【中堅】伊集院隼人(海坊主)
【属性】タコ坊主
【大きさ】2m20くらい
【攻撃力】マシンガンとバズーカ装備、リョウ(後述)と互角の腕
【防御力】38口径の銃の弾丸2発を背中に受けてもちょっと血が出るだけで
     力を入れるだけで弾き出せる
【素早さ】光速反応するリョウと互角
【長所】射撃の腕と火力
【短所】照れ屋
【特殊能力】目が見えなくなっても何も変わらない
【備考】シリアスモードのリョウに実質的ラスボスの海原以外で唯一、傷と呼べるようなものを負わせた男

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 03:10:27 ID:TZx9K7Tx
【名前】槙村香
【属性】ハンマー女
【大きさ】成人女性
【攻撃力】ロケットランチャー、バズーカ、ライフル、マシンガン、手榴弾装備
     適当に撃っても破片で相手を気絶させられる
【防御力】一般女性より少し硬いくらい
【素早さ】一流女性アスリートくらい
     至近距離から突然ナイフで襲われてもバッグで防御できる
【長所】火力
【短所】探したけど防弾チョッキ着てたことないのよね、着ろよ危ないな
【備考】ハンマーは無し

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 03:14:03 ID:TZx9K7Tx
>>386
特殊能力らしい特殊能力があるのは、テニヌ勢とジャガーさんくらいじゃないか?
それも禁止っぽいけどな。

特殊な技能なら、こんな感じかな?
ヒルマ:ハッキング
両津:たくさん
本田:バイクの曲乗りとか
ボルボ:軍事関係片っ端から?
CH勢:重火器、罠
月:ハッキング
ジャガーさん:無茶振り、オーラ(なんだかんだで要求を通すとかそういう感じの)
ピヨヒコ:つっこみ
ハマー:忍者、ウザイ
高菜:テンパリ毒舌芸

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 03:15:40 ID:TZx9K7Tx
>>387
個人的な良いと思うんですけど、他の書き手さんの見解が気になります。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 12:34:54 ID:4idUXcTk
>>387
いいんじゃない?
>>392
特殊技能ならミスフルもある
バッティング技とか絶対守備なんかが

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 14:06:49 ID:TZx9K7Tx
>>394
kwsk

テニヌは、実際にある技は有りだよね?

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 16:43:45 ID:4idUXcTk
詳しくって言われも覚えてないんだけどな、虎鉄や御柳が特殊な打撃法を持ってるってぐらいしか
絶対守備とかそんな名前の技は虎鉄が使えてどんな球でも捕球できるとかだったような
詳しい説明はミスフル好きな人に任せる

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 18:07:45 ID:FLMRg93Z
そういう「一芸」みたいのはいいんじゃないかな

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 18:17:54 ID:2LR3tnaJ
>>387
いいんじゃないか?
デスノはあれば問題になるのが目に見えてる支給品だから、解決策としては素晴らしい案だよそれ
んでもし投下が可能ならば土曜まで待ってラジオの時に披露してくれないか?
画鋲が話すネタが無いってぼやいてたから
無理に急がせるつもりは無いから可能ならでいいけど
>>397
「一芸」の線引きをどうするかでまたそれぞれ解釈が変わってきそうだな
俺は本田の曲乗り、ピヨヒコのつっこみ、高菜の毒舌なんかは「一芸」に含まれて来ると思う

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 18:19:47 ID:2LR3tnaJ
話は変わるんだがwikiに繋がらなくなってるわけだが

データの取得に失敗しました。
大変お手数ですがご利用のURLを添えて@wikiにお問い合わせください。
support@atfreaks.com

って出る

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 18:38:38 ID:2LR3tnaJ
繋がるようになったわ
なんだったんだろ?

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 18:42:12 ID:TZx9K7Tx
>>398
本田はチャリとか自動二輪系でもありゃ使えるから入れてみた。
ピヨヒコと高菜はネタで入れてみた。

テニヌやミスフルの一芸って何かに活かせるのか?

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 18:49:18 ID:2LR3tnaJ
活かせるんじゃね?
菊丸の残像拳なんて使われたら冴羽だって本体撃ち抜けないぞ
御柳のフルスイングなら両津だって頭かち割られる
虎鉄なら七原ばりに手榴弾キャッチだって余裕で出来ちゃう

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 19:53:03 ID:glcsSnfz
思ったんだけど、一条組の時間表記弄らないか?
3人が出会って話し合ってるのに0時過ぎって微妙なんだよな
2時とか3時ぐらいにしとけば放送行くのに後1回も書いてやれば放送行けると思うんだがね
いまのままだとこいつらだけで2回も3回も書かないと話が進まない気がする
作者さんがまだ見ててくれたら話し合う余地もあるんだけど最近見ないから無理かな?

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 20:35:38 ID:TZx9K7Tx
>>402
残像拳はアリなのかな、あれは特殊技じゃないか?
残像が見えるほどのスピードで移動ってwwww

両津の頭だろうとフルスイングすれば、誰でもかち割れるんじゃないか?

手榴弾キャッチは、運動神経が良いキャラは結構できそうな気がするな……


>>403
ROMってたり、鳥外してレスしてるかもしれんから分からんべ

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 20:37:12 ID:glcsSnfz
どうでもいいけど、夜中からずっといるね

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 20:46:47 ID:TZx9K7Tx
>>405
本当にどうでも良いなw
それに3時から14時、14時から18時と普通に間が空いてるだろ?

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 21:06:08 ID:4idUXcTk
ニートだろうとただの暇人だろうと過疎スレにとって貴重な住人であることに変わりはない

>>403
続きを書くって人が現れて来ないからそれもありかもな
時間すっ飛ばせば周りと絡みやすくなるかもしれん
新庄とかさ

408 : ◆7NffU3G94s :2007/05/17(木) 22:42:39 ID:X5TXMwmY
>>393>>394>>398
もし後からデスノを使う人が出てきても修正はすぐ行える程度のことなので、それでは入れさせていただきたいと思います。
投下時期なんですが、一応金曜の深夜を予定していたので遅らせること自体は全然可能です。
ただ土曜は帰宅するのが遅くなるので、投下は早くて10時頃になってしまいそうですが・・・それでも大丈夫そうでしょうかね。
大丈夫そうでしたら、では投下の方は土曜日に行わせていただきたいと思います。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 14:19:08 ID:cRLoFRJr
早い分には投下は今日だっていいんじゃないか?
今日投下ならラジオのネタになるっしょ

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 17:45:13 ID:rAxrUqmn
早く読みたいな

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 17:49:54 ID:3NJZDhSV
我慢じゃ……
ここは一日我慢して、ラジオを盛り上げるべきじゃ……

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 18:02:53 ID:rAxrUqmn
10時以降の投下じゃラジオが終わってる可能性も・・・
先週でネタなくなってたし

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 19:26:16 ID:3NJZDhSV
そこをわしらの力で繋ぐのじゃ……
予め良作を選んでおいてラジオの時に紹介するのじゃ……

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 19:38:24 ID:cRLoFRJr
誰だオッサンw

良作か…
ならやっぱオープニングとかかな
あれなら語って貰いやすいんじゃないかと思うが
数分で終りそうな気もするがw

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 20:14:25 ID:0EMIi8Xt
爺さんだろ……

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 20:46:23 ID:7GS+JJ2m
OPは原作のキャラ壊れすぎで……
あれだけ特別視されてる気がする。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 21:28:01 ID:6XBYI5fC
kwsk

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 21:34:09 ID:cRLoFRJr
>>416
オープニングのキャラが原作のまんまだったら初めからロワにならんと思うが…

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 21:46:41 ID:6XBYI5fC
言われてみれば原作のキャラを壊さないでロワを開催するのは不可能だよな
この一般人ばかりを集めた作品の面子では

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 00:17:46 ID:OeGp/ZDJ
>>417
とりあえず、フリスローする前に安西先生が準備運動をしていない。

ところで、ホワイトヘアーデビルだっけ?
ホワイトヘアードデビルだっけ?

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 07:43:02 ID:KdGtFjXN
ホワイトヘアーデビルだろ

しかし準備運動させなかった程度で原作のキャラが壊れすぎとまで言われてしまうとは・・・
重箱の隅つつくのはやめようぜ

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 09:34:42 ID:mEnqPsNl
言いがかりに近い罠w

でさ、一条組みの時間の件はどうなるんだろ?

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 14:57:14 ID:KdGtFjXN
たかが時間と言えど作者には意図や狙いがあって設定してるのだから、本来なら勝手に変えるのは不味い
が今回の場合、後が続かないことや他の組の時間の流れとの兼ね合いを考慮すると、変えた方がスムースに運ぶことも理解出来る
とりあえず暫く待ってみて、作者からリアクションがなかったら丁度良い時間帯に変えてはどうか

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 19:08:49 ID:OeGp/ZDJ
>>421-422
ネタにマジレスなんて勘弁してくれよw

>>423
意図や狙いなんてあるのかな?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 20:00:45 ID:NX92ujtT
そりゃ大なり小なりあるだろ

426 :R-0109 ◆eVB8arcato :2007/05/19(土) 21:06:57 ID:4XvrU0xL
>>362

後半戦です。

427 : ◆7NffU3G94s :2007/05/19(土) 21:45:08 ID:t6cMp1n9
それでは予約していたパートを投下させてもらいたいと思います。
よろしくお願いします。

428 :私怨:2007/05/19(土) 21:45:21 ID:rI/J5E9f
 

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:45:30 ID:4XvrU0xL
 

430 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 21:46:22 ID:t6cMp1n9
「おーい! 平瀬村〜〜! ひ〜ら〜せ〜む〜ら〜! 出てこーい!」

三井寿は、目の前の男が何を言っているのか全く理解できないでいた。

「……やっぱり出てこないか……ふぅ」
「いや、村は呼んで出てくるもんじゃないだろ」

奇抜なファッションに身を包み、片手には謎の黒いノートらしき物を手にしているその男の怪しさは正直計り知れないものがある。
しかし気がついたらいつもの癖か、三井は即座につっこんでいた。
……後悔先に立たずとはよく言ったものである。
本当に相手が安全な人物なのか確かめる前に行動を起こしてしまったということに対し、さすがの三井も焦りだす。
振り向いた男もこちらの様子を窺っているのか、無言のままじっと三井を見つめてきた。
正直その雰囲気にはただならぬものがあった、何か仕掛けてくるのではないかと三井は表情を固くする。
そしていつでも逃げられるようにと、三井は改めて構えを取った。
背後も一瞬だけ見やり退路もちゃんと確保する、しかしそんな三井にかけられた声は……あまりにも、能天気なものだった。

「やった〜平瀬村が出てきたぞ〜」
「は? 何だそりゃ」

全くもって意味の分からないその一言、自身の中で張り詰めていた緊張感が一気に萎んでいくのを三井は実感するしかなかった。
そんな肩透かしをくらい呆れ顔を浮かべている三井のもとまで、男は一気に駆けてくる。
正面まで来たところで、男はさりげなく三井へと右手を差し出してきた。

「探してたんだぞ、もう心配させるなよ……」
「何のことだよ」

白い歯を浮かべながら爽やかに言い放つ男こと、ジャガージュン市。
三井の送る胡散臭そうな眼差しを気にせず、ジャガーは左手でポンポンと三井の肩を叩くと状況を説明しだした。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:46:51 ID:4XvrU0xL
 

432 :紫煙:2007/05/19(土) 21:46:55 ID:rI/J5E9f
 

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:47:24 ID:w9VivHU8
 

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:47:34 ID:4XvrU0xL
 

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:47:35 ID:+zeTFr3+
喫煙

436 :私怨:2007/05/19(土) 21:48:04 ID:rI/J5E9f
 

437 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 21:48:12 ID:t6cMp1n9
「ほら、あれだよあれ。ボス郎が何かあっち行ったから俺は平瀬村に行きたくて、ピヨ彦のために葉書貼りまくったとりあえずはオッケーで」
「何のことだよ……」

身振り手振りで捲くし立てるジャガーに対し、三井は呆然となるしかない。
というよりも、余りにも不明慮過ぎる言葉の羅列に三井の中でジャガーに対する不信感は募る一方だった。
こんな危ないヤツに粘着されたらたまらない、三井は「じゃ!」と一言だけ呟きそのままジャガーに背を向ける。
さっさと逃げた方が賢明だ、それが三井の中で出された結論であった……が。
次の瞬間ガシッと肩を掴まれ進むことができなくなる、恐る恐る振り返ると……ジャガーが、真顔で三井のことを見つめていた。

「何だよ、離せ」

愛想のないぶっきらぼうな三井の言葉にも、ジャガーは反応しない。
ぎゅっと肩を握られることで感じる痛みに思わず顔をしかめる三井、ジャガーが口を開いたのはそれからすぐのことだった。

「…………んだよ……」
「は? 聞こえねーよ」
「だーかーらー、平瀬村を探してるって言ってるだろ! もうっ!!」
「知らねーよ?!」

何故自分が怒鳴られなければいけないのか……頭痛を感じ、三井は思わず眉間に皺を寄せる。

「えっとだな、だからピヨ彦はうんちゃらほんちゃらでボス郎が」
「あ? っていうか固有名詞だけ出されてもさっぱりなんだよ、お前だって知らない名前だけ出されても分からないだろ」
「そうか? そうだな、じゃあ……」

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:48:19 ID:4XvrU0xL
 

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:48:38 ID:w9VivHU8
 

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:49:05 ID:4XvrU0xL
 

441 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 21:49:05 ID:t6cMp1n9
【 前回までの相関図 】

    俺    ←協力関係→  ボス郎  ―捜索→  大量の子分
 (正義のヒーロー)      (ドM)

  |              ↑
  舎弟            似たもの同士(変態な所が)
  ↓              ↓

   ピヨ彦  ←似たもの同士 → ハマー
 (庇護の対象)        (人類の汚点)




「こんな感じだ!!」
「ハマーって誰だー?!!!」ガビーン

三井の頭痛がグレードアップした!
三井は偏頭痛持ちになった。

空気も読まずハマーの解説を始めようとするジャガーを寸止めると、三井は彼をどう対処するか考えるために痛む頭を使い出す。
このままでは埒が明かない、それにいくら三井がつっこんでも次から次へとその要素を作り出すジャガーとはある意味相性が良いのでそれはそれで具合が悪い。
とにかくこの危機的状況にあまりにも似つかわしくない変人に出会ってしまったこと自体が、三井にとっては不幸だった。
何とかして巻かなければ、痛む頭を抑えながらチラリと三井が横目で見ると、ジャガーも何故かウインクを返してくる。

「ひでぶっ?!」

442 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 21:49:49 ID:t6cMp1n9
ガツンと一発、三井の放った右ストレートがジャガーの頬にクリーンヒットした。
それは三井が意識して取った行為ではなく、自然と出してしまうつっこみの一種だった。
が、つっこみとしては過激な部類に入るだろう。
勢いとは言え初対面の相手に対し拳を振るってしまったという事実に、三井の良心も少なからずとも痛み出す。
だがもう遅い、わなわなと震えながらジャガーはギロリと三井を睨みつけていた。

「ぶったな……オヤジにもぶたれたことないのに……」
「あ、謝らねーぞ。そっちがふざけてんのが悪いんだろうが」
「……」
「……」

険悪な空気が場を満たしだす。
そんな時だった。どうしたもんかと弄るには短すぎる自分の前髪をつまんでいた三井の中で、ふとした名案が思いつく。
このまま相手にせず放って置けば、ジャガーもさっさとこの場を去るかもしれないという可能性。
後味が悪いというだけでこの変な男と縁を切ることが出来るならば、それは必要な犠牲と呼べるかもしれないのだ。
勿論三井がそんな気兼ねなどすることなく、さっさと一人どこかに行ってしまえばこれはこれで済んだ話でもある。
だが何故か三井の中では先ほどのこともあり、ここできちんと拒否しておかないといつまで経っても付き纏われてしまうかもしれないという、謎めいた予感がふつふつと構築されていたのだった。
三井の中では現在、ジャガーは害虫レベルに性質の悪い物にまで成長していたことになる。

くるりと半回転、三井に背を向けるとジャガーはさっさと一人で歩き出した。
哀愁漂うその背中。これでこの男とは終わり、もう会うこともないだろうと三井もセンチメンタルになる。
これで良かったのだと、三井は黙ってそれを見送った。

「いいから平瀬村まで案内しろよ」ボソッ

見送らせてくれなかった。
ちらりと視線を送りながら呟いてきたジャガーのそれを受け、三井はさらにアンニュイになるのだった。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:49:57 ID:4XvrU0xL
 

444 :四円:2007/05/19(土) 21:50:17 ID:rI/J5E9f
 

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:50:37 ID:w9VivHU8
 

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:50:39 ID:4XvrU0xL
 

447 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 21:50:45 ID:t6cMp1n9




そして今、二人は肩を並べて歩き出していた。
とりあえずあそこで問答し続けても仕方ないということで、三井も嫌々ながら強引なジャガーに引っ張られる形で同行することになったのである。

「フンフフフーン♪」

嫌味ったらしく鼻歌をかますジャガーに対し、少しは自重しろとつっこみたい気が高まるが……三井は、それを気合で堪えた。

(駄目だ駄目だ、こいつのペースにはまったら終わりだ……終わり、なんだ……)
「ん? どうした、ミッチー」
「ミッチー言うな」

お互いの自己紹介も無事済んだらしい。
妙に馴れ馴れしいジャガーの態度にも慣れたのか、三井の切り返しも大分自然なものになっている。

「それにしても三井ね〜、ププッ! 平凡で覚えやすいったらありゃしないな」
「そういうお前はジャガーって何人なんだよ一体。……で、お前はその……ピヨ彦? ボス郎? を探してるのか」

先ほどの相関図の件が三井の頭の中を掠める、しかしジャガーはというと首を振って三井の言葉を否定した。

「いや、探しているのはピヨ彦の方だけだ。あと高菜君」
「また増えた……ハマーはいいのか、ハマーは」
「ハマー? ああ、あいつはいらない子だからいい。ちなみにボス郎は探されているんじゃなく探す方なのさ。だから、ボス郎も違う」

448 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 21:51:35 ID:t6cMp1n9
……頭の中に浮かぶ疑問符は増える一方である、三井はさらに顔をしかめた。
そんな三井の手には今、支給された地図があった。
とりあえずはジャガーが向かうと言う平瀬村まで、あくまで「途中まで」同行するためである。
聞いた所ジャガーは鎌石村を経由したという、その後何故か南ではなく北に進路を取ったことで道に迷ってしまい……

「こうしてミッチーと出会えた訳だな」
「ミッチー言うなって。っていうかお前もちゃんと地図を見ろ、地図を……」
「しかし三井ね〜、世の中にはありふれた名前だけどまさか一日も二度も聞くなんてね」

三井の言葉に対し聞く耳を持たないといった態度をジャガーは取る。
少し慣れたとはいえ、やはり三井にとって扱いづらい相手には変わりないようだった。

「ボス郎も三井ってヤツ探してるらしいからな〜フフンッ♪ 偶然って恐ろしいね」
「それって俺のことじゃないのか?!」

……間。顔を見合わせる、ジャガーと三井。

「あ、そうかもしれないね」

ジャガーの顔は、いたって涼しげだった。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:51:45 ID:4XvrU0xL
 

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:51:56 ID:w9VivHU8
 

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:52:27 ID:4XvrU0xL
 

452 :私怨:2007/05/19(土) 21:52:31 ID:rI/J5E9f
 

453 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 21:52:45 ID:t6cMp1n9
一方噂の元であるボス郎こと魚住純は、草むらに隠れ前方をじっと観察し続けていた。
彼の目の前には一人の巨漢が、その鋭い目つきを周囲に向けながらどかっと草地に座り込んでいる。
魚住の中で警報が鳴り響く。風貌から喧嘩に慣れている様子がありありと伝わってくるこの男からは、危険な臭いしか嗅ぎ取れない。
魚住は安全だと確認できない相手と鉢合わせになりそうならば回避した方が無難だと判断し、今は男がこの場から去るのをこの茂みの中で待つことにしていた。
下手に動き音を立て、相手に感づかれてしまったらそれこそ面倒なことになる可能性が出てくるからである。

「確かボス郎はこっちの方に行ったような〜」
「お、おい! どこまで行くんだよ」

そんな時だった、背後から何やら騒がしい声が響き渡ったのは。
慌てて振り向くと、魚住の目には少し前に立ち話をしたジャガーの姿が鮮明に映った。

「あ、いた。お〜い、ボス郎〜」
「え、あれ、魚住さ…って、ボス郎?! 魚住さんがボス郎?!!」

手を振りながらパタパタと走るジャガーは、魚住の元まで一目散に駆けて来た。
そして呆然と見やる魚住を他所に、ジャガーはそのままポンポンと彼の肩を親しみを込め叩いてくる。

「よっ、ボス郎。相変わらず変態してるかい」
「お前、平瀬村に行ったんじゃ……ん?」

目立つ格好をしていたジャガーに気を取られていたため、魚住は今の今まで彼の後ろにいたもう一人の少年に気がつかなかった。
どこにでもある学ランを着た少年、しかし見覚えのあるその容姿に魚住は喜びの声を上げた。

「三井!!」

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:52:56 ID:w9VivHU8
 

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:53:08 ID:4XvrU0xL
 

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:53:36 ID:igW2bJqv
.

457 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 21:53:37 ID:t6cMp1n9
魚住が無残にも殺されてしまった赤木剛憲の代わりに守るべき存在と誓った湘北のメンバーの一人、三井寿。
三井は五体満足な無事な姿で、こうして魚住の前に現れた。
それは魚住にとっても心の底から喜ばしく思える事だった、そう、感動の再会である。
感動の再会の……はずで、ある。

「う、魚住さん、え、変態ってどうして……え、こいつと知り合い? え?」

三井の魚住を見る眼差しは、疑惑に満ちたものだった。
立ち上がり、慌ててジャガーを振りほどくと魚住は三井のもとへと進もうとする。
しかし魚住が一歩前に出れば、三井は一歩後退する。
戸惑いに満ちた三井の表情、魚住は慌てて弁明を図った。

「待て三井、それは誤解だ!」
「そうだそうだ、こんなドMと俺を一緒にするんじゃないやい! エンガチョ!」
「魚住さん……?」

三井の顔には悲壮さが増していく一方だった。
このままではまずい、魚住は何とか三井の解釈を変えなければと言葉を懸命に探し出す。
……ただ、こういう時に限って邪魔が入るものなのである。
チョンチョンと脇をつつかれ魚住が振り向くと、そこには厳つい顔をしたジャガーがいた。

「ボス郎気をつけろ、あいつ俺を殺そうとした」ボソッ
「何言ってるんだ、お前は?」
「嘘じゃないぞ、ほらコレコレ。殴られたんだぞっ」
「……大方、お前が三井を怒らせることを言ったからだろう」
「う、魚住さんそいつと仲いいんすね……」

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:54:01 ID:w9VivHU8
 

459 :ごめん、ここからネタ度が減るんだ:2007/05/19(土) 21:54:34 ID:t6cMp1n9
解明どころか泥沼化する一方だった。
こうなってくると、魚住もいい加減頭を抱えたくなってきてしまう。
しかしここで誤解を与えたままで終わらせる訳にはいかない、今一度ジャガーを振りほどき魚住は三井と向かい合おうとした。
……が、それが叶うことはない。

「ほほーう、そんな所に隠れてたんかぁ……じゃかあしい」

一瞬で凍りつく周囲の空気。
ゆっくりと魚住が振り返ると、そこには鬼の形相をした一人の男が仁王立ちっていた。
はっとなるがもう遅い、男は先ほどまで魚住が様子を窺っていたあの人物である。
真っ白な学ランは月明かりでしか確認できない周囲の風景の中で、ずば抜けて目立つ要素になっていた。
腕を組み、男は鋭い目つきで魚住等三人のことを見やっている。
……川島清志郎。騒ぎを聞きつけ近寄ってきたのは、悪鬼と呼んでも過言ではない存在である。
魚住の中の警報が一際大きく鳴り響く、川島は口元を少しだけ緩めるとそのまま拳を振り上げた。

「お前等まとめて……ぶちのめしたるわあああ!!!」

咆哮。それと共に放たれた川島の繰り出す一撃が、始まりの合図となる。


    * * *


「成る程な。それで俺に協力を煽いだってことかよ」

その頃。
魚住達とは少し離れた場所、鎌石村内にてとある四人の参加者が会合を果たしていた。
一世代前のヤンキーと呼ばれるような学ランの着こなしをした男、前田太尊は胡散臭い眼差しを対峙する三人の男女に向けて送る。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:54:34 ID:4XvrU0xL
 

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:55:20 ID:w9VivHU8
 

462 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ :2007/05/19(土) 21:55:31 ID:t6cMp1n9
「とにかく俺には関係ねーよ、他あたんな」
「ちょっと、そういう言い方はないんじゃない?」
「あぁ? 舐めた口聞いてんじゃねーぞ、このクソアマが」

すかさず雑言を浴びせる太尊、しかし恐らく同い年ぐらいであろうショートカットの少女が怯む様子はない。
西野つかさは太尊から目を逸らすことなく、まっすぐ彼の瞳を見つめながらもう一度口を開いた。

「主催側の連中を黙らせればこんな殺し合い止められるのよ? 私達が争う理由も消えて、万々歳なのに」
「うるせー、そんなことに関わってる暇はないんだ」

手を腰に当て不快そうに眉を寄せるつかさ、そんな彼女に対し聞く耳を持たないと太尊も顔を右方へ背ける。

「……おいおい、もう少し俺達の話も聞いてから結論を出して欲しいんだZe」
「知らねー知らねー、いい加減しつこいって言ってんだろうがぁ!!」

が、そしたらそしたらで今度は右からのつっこみが入る。
太尊の苛立ちは増すばかりであり、それは対面することになった虎鉄大河にも充分伝わったようであった。
どうしたものか。つかさと虎鉄が顔を見合わせる。
そして、その一歩後ろで……槙村香も、この少年をどう説得すべきか頭を悩ませていた。

彼等には時間がなかった。
第一回目の放送までにケリをつけなくてはいけないという焦りもあるだろう。
学校にて待機させている滝鈴音と酒留清彦の身だって気がかりだ、行動は早めに移すにこしたことはない。
それは彼等も分かりきっていることである。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:55:33 ID:4XvrU0xL
 

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:56:07 ID:w9VivHU8
 

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:56:14 ID:4XvrU0xL
 

466 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ :2007/05/19(土) 21:56:26 ID:t6cMp1n9
しかし状況がそれを許さない。
助力を得ようと訪れた鎌石村で出会ったのが、こんなにも意固地な男だったということ。
違う誰かを探そうにも、既に約束の第一回目の放送までの時間を考えるとぎりぎりだったということ。
今から村内を探索する時間は残されていなかった。

周辺民家から回収できたのがまな板に包丁、そして皿やフォークといったいくつかの台所雑貨、その他ロープや鋏、ライターといった武器と呼ぶにはあまりにも乏しい力道具のみだったことも影響しているであろう。
ここで太尊にまで逃げられてしまったら、三人が鎌石村まで足を運んだ意味すらも怪しくなってしまう。
彼だけが、太尊だけが三人にとっては次に繋がる希望の光と呼んでも過言ではなかった。

「あなた、その……千秋さん、でいいのかな。その子を守りたいって、言ったわよね」

頑ななまでに協力を拒否してくる太尊が、まず最初に断った理由を思い出し香は口を開く。
守りたい人がいるということ、それ以外の事に時間を割きたくないという太尊の言い分を香も分からないでもなかった。
しかし。

「千秋さんがどこにいるかっていう、目星はついてるのかしら?」
「そ、それは、だな……」

問題点をポイントで提議するだけで、太尊の動揺は目で見て伝わるくらい明らかなものになる。
大声を出しつかさや虎鉄を威嚇していた姿が霞んでいく、香は瞳にしっかりとした意思を込め今一度太尊に明確な言葉を突きつけた。

「時間を無駄に使って、気がついたら放送で名前が呼ばれるかもしれないっていう可能性もあるのよ。
 それを避けるためにも、この殺し合いを止めること自体が千秋さんを救うことにもなるかもしれないって考えられない?」

固まる太尊、一歩前に出た香は改めて彼と対峙しその出方を窺った。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:57:12 ID:w9VivHU8
 

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:57:13 ID:RfyevJpS


469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:57:18 ID:4XvrU0xL
 

470 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ :2007/05/19(土) 21:57:22 ID:t6cMp1n9
「……本当に、この殺し合いを止められる、のか?」
「みんなで力を合わせれば、何とかできるかもしれないってレベルだけどね。
 あなたなんか見るからに喧嘩強そうだもの、戦力として考えるならピカイチだわ」
「そりゃ、まぁ……」
「ただ、偵察にやってる子のこともあって、事はかなり急を要してるってことは理解して欲しいかな」
「……」

つかさも虎鉄も、ただ黙って固唾をのんでいた。
受け入れてもらえるか、否か。その瀬戸際である。
俯き腕を組んだまま微動だにしない太尊の出方を香も静かに待ち続けた。
そしてついに観念したかのように溜息をつき……太尊も、小さく首を縦に振るのだった。

ほっと安堵の表情を浮かべるつかさ達を尻目に、香はその場で鞄の中から時計を取り出した。
辺りの薄暗さはかなりマシなものになっている、放送の始まる六時に近づいている証拠だった。
掲げ上げ、急いで現在時刻を確認する香。一応今すぐ学校へ向かえば、放送にならば間に合う程度の時間である。

「じゃあ戻りましょうか、時間を無駄にはできないからね」

三人となった仲間を見やり、香はすぐさま次の行動へと移ろうとする……が。
進路を学校にとろうとしたその瞬間、それは鳴り響いた。

「きゃっ!」
「い、今のはなんなんだZe?!」

一つの短い轟音、本物を聞いたことのない人間でも予測くらいはつくだろう。
銃声。そう表すことのできる攻撃的な音は、彼等の向かう鎌石小中学校とは逆の方面から響いたものだった。
不穏な空気が混じりだす、いきなりのことで慌てふためく彼らを押し止め香は音の出所に値する方角へと神経を集中させる。
第二発目はこない、争いは済んだのだろうか……それとも。

「……千秋!」

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:57:52 ID:igW2bJqv
.

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:57:59 ID:4XvrU0xL
 

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:58:12 ID:w9VivHU8
 

474 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ :2007/05/19(土) 21:58:17 ID:t6cMp1n9
叫び声、それは香の目の前にいた太尊の放ったものだった。
落ち着いてきたと思ったらその表情はまた一転している、余裕の欠いたそれで太尊の考えていることは香にもありありと伝わっただろう。
そのまま駆け出そうとする太尊の腕を、香は慌てて両手で掴み取った。
太尊が音の出所へと向かおうとしていると確信したからだろう。

「離せ! 千秋が襲われてんのかもしれねーだろっ?!!」
「軽率な行動を取ろうとしちゃ駄目よ、落ち着きなさいっ」

力任せに香の拘束を解こうとする太尊、しかし香も簡単にその手を離す気など毛頭ない。
太尊の様子は必死という言葉そのものだった、それほど意中の彼女が大切ということなのだろう。
虎鉄は、そんな二人のやり取りを手が出せないといった感じで後方から見つめていた。
つかさも同じである、ただ黙って見るだけだった。
しかし、虎鉄と違いつかさの胸を絞めているのは……太尊と同じ、かけがえのない大切な存在である一人の人物のことであった。

(……淳平君)

砂が混じったようなざらついた感触がつかさの口内に広がる、それは嫌な予感と表してもいいかもしれない。
太尊の言う「千秋が誰かに襲われているかもしれない」という可能性は、置き換えれば誰にでも代わることのできる一つの想像であった。
そう、「淳平が誰かに襲われているかもしれない」でも、しっくり当てはまるのである。

「……私、行ってきます」
「つ、つかさちゃん?!」

気づいたら、そうつかさは言葉に表し自分の行動を宣言していた。
確かめたいということ。万が一襲われているのが淳平であるならば、放っておくことなどつかさができるはずはなかった。

「香さん達は先に行っていてください、ちょっとだけ様子を見てすぐ戻ってきますから」
「そんな、駄目よ一人なんてっ」

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:58:54 ID:w9VivHU8
 

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:58:57 ID:4XvrU0xL
 

477 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ :2007/05/19(土) 21:59:08 ID:t6cMp1n9
だがそんなつかさに対しても、香は説得の言葉を口にするしかない。
……香だって、気にならないわけではなかった。
大事な知人達が危ない目にあっているのかもしれない、危機ならば形振り構わず助けに行きたい気持ちだって勿論ある。
しかし今それを行動に移してしまったら、せっかく立てた計画というものが潰れてしまうのだ。
鈴音やピヨ彦を置き去りにする訳にはいかない、それは一種の葛藤である。

「Fu 〜、行動派なお姫様だZe。安心しなハニー、こちらのお姫様のことは俺が責任を持って守ってやるYo」

両者言葉が出ないらしく沈着状態になっていた場に響くのは、あくまで陽気な虎鉄の声。
香もつかさもはっとなり顔を上げると、虎鉄は口の端だけ吊り上げたような表面だけの笑みを湛えながらその心を見透かすかのごとく二人をじっと見やっていた。

「でも、勘違いして欲しくないんだZe。あくまで彼女の言う通り『見てくる』だけSa。
 直接ガチンコってくるわけじゃあない。そうだRo、御姫様?」
「え、えっと……」

どもるつかさを制し、虎鉄は香へと視点を固定させる。
どう答えるべきか、香は諮詢しているようだった。

「あぁ? それなら俺が行ってもいいだろうが」
「アンタ、沸点低いから下手したら手がでるんじゃないKa? それはそれで危険だRo、却下だZe」
「な……っ?!」

思わず言い返そうとするが、確かにそれも事実でるが故に太尊も言葉を詰まらせる。
虎鉄の主張は様子を見てくるという一点のみであり、危険な場に躍り出る類でないということを言い聞かせてくるものだった。
この主張を跳ね返せる言い分を、香は即座に口にすることができなかった。

「じゃ、そういうことDe! 荷物はそちらのダンディズムに頼むYo、行こうZe〜」
「え、あ……待、待ちなさいっ」

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:59:35 ID:igW2bJqv
.

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:59:38 ID:w9VivHU8
 

480 :テラ\(^o^)/静か:2007/05/19(土) 22:00:10 ID:t6cMp1n9
つかさの手を取り、さっさと走り出す虎鉄の背中は一気に遠いものへとなっていく。
香が漬け込む隙はなかった、太尊も呆然とそれを見送るしかない。
あっという間の出来事に二人ともしばしの間固まっていた。
残されたのは、先ほどの民家で回収したアイテムの詰まった虎鉄のデイバッグのみである。
溜息を吐きながらそれを手に取り、香も思わず声を漏らす。

「……ふう、上手く言いくるめられちゃったわね」
「ああ?」

すかさず太尊が反応してくるが、香はそれを無視して今自分がすべきことを考えた。

「とにかく、私達は先に向かいましょ。向こうで待機してるあの子達のこともあるからね」

まだ渋ったままの表情である太尊に向けそれだけ言うと、香は黙って走り出す。
心配する思いは勿論ある、しかしここで駆けて行った二人を追いかけてしまえばそれまで築いた行動は全て無意味なことになってしまう。
あくまで香は「リーダー的立場」だった。
とにかく今できる最大限の反撃を主催側に対し食らわせることが香の役目でもあり、最優先と呼んでもいい事柄である。

(つかさちゃん、虎鉄君……本当に無理だけはするんじゃないわよ)

駆けて行く二人の背中が香の脳裏に蘇った。
そんな時、ふと荷物を背負っていた肩がいきなり軽くなり香は慌てて視線を横へと移動させる。
太尊だった。その面構えは不貞腐れたままであるが、どうやら重量的にはかなりきつい虎鉄の荷物を代わりに持とうとしてくれているらしい。

「勘違いすんじゃねーぞ。一刻も早く行こうとすんなら、こういうのは案内役の奴が持つべきじゃないからな」

素直じゃないお年頃な男の子といった台詞に、思わず香の頬が緩む。
それからは無言で、二人とも目的地に向かい必死に足を動かし続けるのだった。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:00:18 ID:4XvrU0xL
 

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:00:44 ID:w9VivHU8
 

483 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:01:04 ID:t6cMp1n9

    * * *


勢いに乗ったパンチが目の前にせまるさま、咄嗟のことに動けないでいた三井の肩を魚住が力いっぱい引き倒す。
ほぼ正面、空を切った川島の拳はそのまま地面に突き刺さりボコッっと嫌な音を立てた。

「ま、マジかよ……」
「呆けてる暇はないぞ、三井!」

魚住が叫ぶ。ゆっくりと体勢を整えてくる川島は薄ら笑いを浮かべながらも、狩人を彷彿させる鋭い目つきを変えることなくじっと三人を窺っていた。
握られた拳が嫌でも目に入る、その威力を見せ付けられてしまった三井は竦みそうになる足を何とか立たせようとするのに必死だった。

「くそーう、ならオレが相手だーー」
「おい、何を考えている?!」
「馬鹿! 戻れ!!」

そんな場の中で、冷たい仮面を身につけたまま表情を崩さない川島に向かって行くとてもじゃないが勇敢とは呼べない男がいた。
ジャガーは背後からかけられた静止の声をも無視し、ノートを片手に走りだす。

「オレの美技に酔え〜〜」
「……邪魔じゃ、クソが」

あまりにも相反するその雰囲気。
しかし川島は慌てることなく迫り来るジャガーの顔面に裏拳を叩き込み、一発で彼を地面に落とすのであった。
そのままジャガーが口を挟む間も与えず、川島は頬が膨れ上がっているジャガーの額に利き手をあて……得意のアレを、かまし出す。

「うおおおぉぉおおおおぉぉおお〜〜〜」

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:01:14 ID:igW2bJqv


485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:01:23 ID:w9VivHU8
 

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:01:25 ID:4XvrU0xL
 

487 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:02:08 ID:t6cMp1n9
アイアンクロー。ギチギチと力が込められていくそれは、沈んでいたジャガーの体をゆっくりと宙に浮かしていった。
片手で男一人抱え上げる川島の顔色に変化はない、余裕の表情で川島はそのままジャガーを本当の意味で落とそうとした。

「あんの、馬鹿……っ!」
「三井っ?!」

舌打ちをしながらも、三井は川島の元へと駆け出した。
喧嘩なら慣れている、人を殴り倒すことについて確かに三井は躊躇などしない。
……あるのは、川島に対する純粋な恐怖心だけだった。
それを必死で押さえながら、三井も拳を振り上げる。

「調子乗ってんじゃ……ねー、っよ!」

右ストレート、しっかりと体重を乗せた三井の渾身の一撃が川島の顔面を捉えようとする。
川島の手にはジャガーが、その上で俊敏な動きを取るのは難しいだろう。
三井の脳裏には、次の瞬間張り倒される川島のビジョンが映っていた。
万が一倒れなくても……捕らえられているジャガーさえ何とかすれば、まだ勝機を生むための策を考えられると三井は前向きに考えていた。
しかし次の瞬間、そんな予想は簡単に覆されてしまう。
三井に向かって構えを取ろうともしなかった川島が、持ち上げていたジャガーの体を……三井に向かって、投げ放ったのだ。

「なっ?!」

せまってくるジャガーの体が三井の視界を覆い隠す、振り切った拳が獲物を捕らえた感覚を得ることなども勿論ない。
正面から顔にぶつかってきたジャガーの体、三井は倒れぬようにとふんばるがそれでも体勢が崩れ川島に対する注意が散漫になってしまったのは確かだった。
三井に隙が生まれたということ。それが、決定打だった。

「……がはっ!」

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:02:14 ID:w9VivHU8
 

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:02:32 ID:4XvrU0xL
 

490 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:02:58 ID:t6cMp1n9
腹部に感じた凄まじい衝撃、それと同時に浮遊感が三井の体を包みだす。
時間にすればコンマのレベルだろう、しかし三井は確かに宙に浮いていた。
そして。
勢いの乗った体が大木にぶつかる、背中を叩きつけられた衝撃で三井の呼吸は乱される。
圧倒的な、力だった。
痛みを堪え目を見開くと、振り上げた右足を下ろそうとしている川島の動作が三井の視界に入る。
蹴りをかまされたということ、しかしただ一発のキックでこのような目に合うのかと三井の中には混乱が生まれていた。

「何や、威勢だけやな」

嘲笑。しかし川島の余裕ぶる態度に対し、三井は反逆する意思すら持てなかった。
痛む背中、込み上げてくる嘔吐感、そして……途切れ途切れの、呼吸。
霞みかけた視界の中、近づいてくる川島から痛む体を動かすことの出来ない三井に逃げる術はない。
見上げた男の姿はあまりにも大きく、そして……貫禄に、満ちていた。

「三井ー!!!」

絶望に満ちた三井の思考、川島には勝てないと白く果てそうになるそれに一人の男の声が響き渡る。

(うおずみ、さん……?)

細くしか開けられていない三井の眼には、確かに駆けて来る仲間と呼んでいい知り合いの姿があった。
その手にはごつい鉈が、鈍い光を放つそれを振り回しながら魚住は川島へと向かっていた。
目の前で行われる問答、三井はそれをぼーっと眺め続ける。
体に力が入らなかった。
その光景も、圧倒的な力を持つ川島と互角に奮闘する魚住の姿というのに現実感を持てないでいた。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:03:07 ID:w9VivHU8
 

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:03:14 ID:4XvrU0xL
 

493 :私怨:2007/05/19(土) 22:03:59 ID:rI/J5E9f
 

494 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:04:00 ID:t6cMp1n9
川島のパンチをギリギリで避け、鉈で威嚇する魚住はひたすら何かを口にしていた。
しかし三井は聞き取れない。三井の頭に、伝わってこない。

(なん、だ……)

目をしぱしぱと瞬かせる。意識を耳に集中させ、三井は声を拾おうとした。

「逃げろ、いいから逃げるんだ、三井……っ!!」

川島との攻防を繰り返す魚住は、ひたすらそう叫んでいた。
何故魚住があんなにも必死になって争っているのか。簡単だ。
三井を……三井を、助けるためだ。川島の意識を自分に移し、魚住は三井を庇ったのだ。

何故だ。三井の中に疑問が生まれる。
確かに魚住との面識はあったが、それだけである。特別親しいわけでもない。
ここまで魚住が親身になり、自分のためにと身を犠牲にしている理由が三井には思いつかなかった。
他の湘北のメンバーならまだしも魚住は他校の選手である。
それほどのお人よしだった、というレベルの結論しか三井は出すことができない。

「うぎぃっ?!」

尋常じゃない苦痛に満ちた声ではっとなる、頭を振って慌てて魚住達の方に目をやる三井の瞳に映ったのは……真っ赤に染まり始めた、白い学ランの一部だった。
魚住も動揺している、まさか本当に当たるとは思わなかったのだろう。
三井もきちんと見ていたわけではないからそこは予測するしかないが、どうやら魚住の持つ鉈の切っ先が川島の左腕部分を裂いたようだった。
どれだけ喰い込んだかなども明確に分からないが、それでも滲み出る血の量はそれを吸い取る布地で判断できるだろう。

「舐めた真似、してくれたのう……遊びはここまでや」

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:04:06 ID:4XvrU0xL
 

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:04:09 ID:w9VivHU8
 

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:04:47 ID:4XvrU0xL
 

498 :私怨:2007/05/19(土) 22:04:52 ID:rI/J5E9f
 

499 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:04:58 ID:t6cMp1n9
川島の表情から余裕が消える、魚住も気を引き締めなおし改めて鉈を前に掲げ牽制した……が。
川島の取った行動は、魚住の想像の範疇を超えていた。
三井も、川島が何をしようとしているのか。すぐには理解できないでいた。

「消えろや」

ぼそっと囁かれたそれと、川島の指が動いたのはほぼ同時。
素早い動きでズボンのポケットから取り出されたモスバーグ、構えたと同時に川島はそれの引き金を引く。
轟音、静かな夜の森に似つかわしくない乱暴な響き。
見開かれていく三井の瞳、その先にはゆっくりと崩れ落ちていく魚住の姿が。
驚愕に満ちた魚住のそれに、三井の心が締め付けられる。
そして。
だんっ……とその巨体が崩れ落ち、地面に横たわると同時に。
じわじわと赤い泉が、その場で広がっていくのだった。
それが、全てを表していた。

「魚住……さ、ん……」

何が起きたのか。鈍い痛みを放ち続ける頭を抑えながらも、三井はフラフラと立ち上がる。
川島も、いつの間にかその強面を三井に対して向けていた。
そして魚住にしたのと同じように、川島はモスバーグの切っ先を三井へと突きつける。
三井はただ、黙ってその銃身を見つめ続けていた。
このまま撃ったとしても必ず当たるとは思えないその距離を、少しずつ縮めてくる川島に対しても三井は何か策を練ろうなど考えることができないでいた。

拳銃という道具の存在自体が、三井の日常ではファンタジー的要素のものであった。
いや、三井以外でも穏やかな日常を過ごす人間ならば誰だってそうであろう。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:05:04 ID:w9VivHU8
 

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:05:37 ID:4XvrU0xL
 

502 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:05:52 ID:t6cMp1n9
それが今、三井の目の前にあり。
自分を救うべく行動に出ていた知人の体を貫き。
今度は、三井自身を的にしていて。

「なん、で……」

あまりにも現実感のないそれ、三井の中の混乱はピークを迎えていた。
川島が何か言っている、しかし三井は聞き取れない。三井の頭に、伝わってこない。

拳銃に撃たれるということ、それは怪我で済むレベルの問題ではない。
命の危機だということ、目の前で命が失われたということ。
瞬間、三井の頭にフラッシュバックしてきた光景は……数時間前突きつけられた、あまりにも無残な形で晒されてしまった赤木の亡骸だった。

現実を表すには、それで充分だった。

「う、あ……うわあああああああっ!!」
「?!」

三井は全力で足を動かした、受けたダメージを全て跳ね返し一気に川島との距離を詰める。
そしてモスバーグの標準が合わされそうになると同時に、三井は肩に引っ掛けていたままであったデイバッグを手に取りそれを川島に向かって投げつけた。
こんな時でもコントロールだけは充分取れていたようで、三井の放った鞄は確かにモスバーグへと命中し川島の手からそれを離すことに成功する。
突然のことで川島も機敏な行動に移せなかったのであろう、迫ってくる三井の勢いに押される形で彼にも一瞬の隙が生まれる。
三井がその間を逃すこともなく、彼はそのまま川島の胸倉を掴みあげると押し倒すようにその体を地へと落とすのだった。

「な、んで……何で殺したんだ! 何で、そんなことができるんだ!!」

余りにもストレートな感情の込められた三井の叫びに、川島も冷静さを取り戻す。

503 :私怨:2007/05/19(土) 22:05:56 ID:rI/J5E9f
 

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:06:01 ID:w9VivHU8
 

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:06:43 ID:4XvrU0xL
 

506 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:06:48 ID:t6cMp1n9
「何じゃ、なんもできんクセに口だけは達者やな」
「どうして、人を殺すなんてことが……あんただって死にたくないだろ! 何で手に取れるんだ、あんな凶器がっ」
「どけ、離せ。また吹っ飛ばされたいんか」
「魚住さんは俺を助けようとしてただけだろ、正当防衛だろ?! それに対してあんたは何なんだ、あんたは……あんたって、奴は……」
「甘いんじゃ、ボケが」

川島の言葉はあくまで冷たく、そこから人の温もりを窺うことはできない。
三井はそれでも止まらない憤りを発散した、とにかく喚き散らしていた。
……が、それも急に止められることになる。川島が武力行使に出たからだ。

「黙らんかい」

言葉と共に振るわれた拳が三井の顔面を確実に捉える。
横に払われたことで三井自身も地面に転がされる形になり、川島の身はあっという間に自由になった。
むくりと起き上がり、手放したモスバーグの軌跡を思い出し視線をやる川島。
投げ出されている三井の鞄のその奥の茂み、そこにあるであろうことは川島も簡単に憶測がついたようだった。
……しかし、歩みを遮る障害が川島の前に再び現れる。

「答えろ、答えろよ……」

唇の端を切ったらしく血を垂らしながらも、三井は川島の前へと回りこんできていた。
その執念だけは評価に値するかもしれないが、またそれは「だからどうした」という一言で片付けられることでもある。

「……ぐっ?!」

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:06:52 ID:w9VivHU8
 

508 :私怨:2007/05/19(土) 22:06:58 ID:rI/J5E9f
 

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:07:27 ID:4XvrU0xL
 

510 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:07:44 ID:t6cMp1n9
もう一度、川島は無言で張り手を食らわせた。
よろける三井の体を見やり、起き上がってくるようなら今度は裏拳をかますつもりで構えをとる。
案の定、三井は両の足で踏ん張り何とか倒れることを阻止していた。
落ちない、そう判断した直後に川島はまた手を上げる。

そんな動作が、しばらく続いた。
腫れ上がる三井の顔が物語る暴力、それでもいくら川島が手を上げようとも三井は起き上がってくる。
気味が悪い。川島の中では、そんな感情すらも沸いていた。
それと同時にじくじくと痛覚を刺激する左腕の感触が、川島は気になって仕方なかった。
裂かれたとは言え傷自体はそこまで深くないのかもしれない、しかし三井と揉みあった際に収まりかけていた出血が再びひどくなっていることに対し川島の中でも懸念が走る。
放っておいて、後に明確な問題を抱えるようになってからでは遅い。
川島の中に迷いが生まれる、その時だった。

「淳平君っ!!」
「お、おい! 飛び出しちゃ意味がないんだZe」

人の声、複数の第三者がこちらに向かって来るその様子が次の瞬間川島の視界に入る。
思わず舌を打つ川島、この状態で新手と見えようとするほど彼も猪突猛進な訳ではない。
モスバーグは……駄目だ、拾いに行っている暇はなさそうだろう。
息を一つ吐くと、川島は今だ荒い息を立てながらも立ちふさがっている三井に改めて視線をやる。

「運がよかったの、今回はここまでじゃ」

三井の顔に戸惑いが生まれる、恐らく意味を把握できていないのかもしれない。

「川島清志郎じゃ、覚えとけ。お前がのほほんとしてる時、俺は誰かを手にかけとる。
 覚悟せえ、次会うたらその首必ず落としてやるさかい」
「ま、待て! 行かせるか」

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:08:04 ID:w9VivHU8
 

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:08:10 ID:4XvrU0xL
 

513 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:08:46 ID:t6cMp1n9
その場から離脱を図るべく駆け出す川島を、慌てて追おうと三井も動こうとする。
しかし蓄積されたダメージがそれを許さない、ガクンと膝が崩れ三井はその場に尻餅をついてしまった。

「ちっく、しょー……」

遠ざかる川島の背中、しかし三井が追跡することは叶わない。
悔しさだけが込みあがる、何も出来なかったという無念の思いだけが三井の胸中を締めていた。

「み……つ、い……」

それは、小さな小さな呟きだった。
三井も最初は幻聴であると、そう思い込みそうになってしまったほどである。

「みつ、い……」

しかし、声は再度投げかけられた。誰に対してか。勿論、三井に対してである。

「魚住さんっ!!」

重い体を擦るようにして、三井は横たわっている魚住のもとまですぐさま駆け寄った。
表面が乾きかけた赤い土の上、その生臭さがあまりにも悲しく思えるそんな状態で魚住は薄く目を開け虚空を見つめていた。

「魚住さん……」

慌ててその手を取る三井、そうすることで魚住に自分が傍にいることを気づかせようとしたのだろう。
ゆっくりと眼球が動き、魚住のそれが三井の視線と重なり合った。
同時に緩められた頬を見て、三井の中に何とも言い難いせつなさが込みあがってくる。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:09:05 ID:k9r5qj1e
 

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:09:07 ID:w9VivHU8
 

516 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:09:39 ID:t6cMp1n9
「逃げればよかったんだ、俺なんかのこと気にしないで……」
「お前、だって……あいつのこと、見捨てなかったじゃ、ないか……それと、一緒……さ」

魚住の言葉の表す男、ジャガーの存在を三井はここに来て思い出した。
振り返り後方を確認すると、ぐでんと草の上に寝転んだまま微動だにしないジャガーの姿が三井の目に入る。
川島のアイアンクローをくらったことで、そのまま気絶したのかもしれない。
だが今はそんなことを考えている場合ではない、三井はかぶりを振って頭の中からジャガーのことを除外した。

「それにな……」

魚住の声、何かを紡ごうとしている掠れたそれを聞き逃さないよう三井はとにかく耳をすませる。
そして、言葉をせかさぬようにと魚住に次の言葉を静かに待った。

「は、はは……俺ぁ誓ったんだ……よか、ったよ、お前が無事で……」
「魚住、さん……?」

この状況で笑顔を浮かべる、魚住の意図が三井には分からなかった。

「赤木の代わりに……守れて、良かった……」
「えっ?!」
「あんな目に、あったあいつが……一番、苦しかったろう……三井ぃ、俺達の分も生きろ……それ、で……」
「あ、諦めないでくださいよ! そんなこと言わないでくださいよ……っ!」

徐々に白くなっていく魚住の顔が、唇が、物語っていた。
しかし今の彼の状況を、それを三井が認めるわけにはいかなかった。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:09:45 ID:k9r5qj1e
 

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:09:52 ID:w9VivHU8
 

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:10:17 ID:4XvrU0xL
 

520 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:10:48 ID:t6cMp1n9
「一緒に帰りましょうよ! そんな、ここで終わりだなんて……諦めないで、くださいよ……」
「お前は……諦めんなよ」
「魚住さん!!」

閉じられた瞼、呼吸を繰り返していた口の動作も消えていく。
三井は両手で、ただただ強く魚住の右手を握っていた。
目を開けて、また言葉を綴ってくれと。ただただそれを願いまた魚住の名も呼んだ。

途端ぎゅっと痛むくらいの感覚が手に伝わる、魚住のごつい手が三井の手を握り締めていた。
握り、返していた。
三井の表情に希望が灯る、しかしそれは一瞬のこと。
それが、魚住の最期だった。





『諦めたらそこで試合終了ですよ』

誰の言葉だったか。
不意に蘇ったのは、三井がもう一度バスケットボールを手にすることになった際安西から言われた台詞だった。
しかし今、その安西こそが問題の渦中にもなっている。

『優勝を成し遂げたいのなら、もはや何が起きても揺らぐことのない断固たる決意が必要だ。最後まで……希望を捨てちゃいかん。諦めたらそこで試合終了だよ』

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:11:02 ID:w9VivHU8
 

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:11:11 ID:4XvrU0xL
 

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:11:15 ID:rI/J5E9f
 

524 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:11:38 ID:t6cMp1n9
あの時の言葉は、既に形を変え違う目標を強要している。
どうして安西があのような立場にいるのか、どうして安西はこんなことを自分達にさせているのか。
三井が分かるはずもない。理解できる、範疇ではない。
しかし、これだけは三井の中でもはっきりとしている事実だった。

「安西先生……」

何故魚住が死んだのか。
何故、川島という男が魚住を殺したのか。
このような状況を作り上げたのは、誰か。

仕掛けた側の人間……つまり安西達が、諸悪の根源であった。

川島に対する怒りが消えた訳ではない、何であれ人を殺す側に回った人間を許せるほど三井も懐が大きいわけではない。
憎かった。何の罪もない魚住を手にかけた川島のことが。
憎かった。そんな川島のような男を島に放った安西達のことが。

三井の中に憎悪と呼べるはっきりとした感情が、生まれだす。
それはしんしんと降る雪のように積み重なっていき、三井の心を埋めていった。

「……今、あなたにできる最善のこと。教えてあげようか?」

背後から投げかけられた言葉。
三井も気づいていたが、敢えて無視を決め込んでいたその気配がついに自己主張を始めてくる。
三井は振り向くことなく、黙ってそれを聞いていた。

「こんな殺し合いを止められれば、もう誰も悲しまないって思わない?」

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:11:51 ID:w9VivHU8
 

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:11:57 ID:4XvrU0xL
 

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:12:32 ID:w9VivHU8
 

528 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:12:37 ID:t6cMp1n9
静かな問いかけ、少女の声に聞き覚えはなく「ああ、この子は晴子ではない」程度のことしか三井は思えないでいた。
次の、一言までは。

「鎌石村小中学校、そこに主催側の人間がいるの。そこを陥落させれば、この殺し合いを終わらせることができるのよ」

ゆっくりと振り返る三井の目に、短いスカートと細くとも健康的な太ももが目に入る。
視線を上げれば、風に揺れる短い栗色の髪が印象的な同じ年頃の少女の姿が確認できた。
少女の表情は硬かった。しかしその深い決意が伝わってくる意志の強い瞳は、三井の全てを覗こうとするかのごとく真っ直ぐに彼の姿を射っていた。

「……お願い、一緒に来て。あなたにも協力して欲しい」

少女が言う、そしてそのまま頭を下げる。
三井はその一部始終を眺め、少女の必死さを噛み砕くように憎悪の隙間へと浸透させた。

「この人のような犠牲を、もう出したくないの」

頭を上げた少女が、三井の後方を見やりながら言葉を吐く。
三井も振り返る。そこにあるのは、身動きを止め冷たくなりかけた魚住の遺体が横たわるだけだ。
……しかし、それが決定打だった。

もはやいくら三井が力を込めても、魚住がその手を握り返してくる気配はない。
三井は静かに魚住の手を胸の前に持っていき、もう片方の手と組ませるようにそれを置いた。
痛む体を起こし、三井はそのまま少女を無視して茂みの方へと進んでいく。
あの時川島目掛けて投げた自身のデイバッグは、変わらぬ姿で主君である三井を出迎えた。
肩にしょいなおすと慣れた感覚が蘇る、足を止めず三井はそのまま茂みの奥へと踏み入った。
そこには、川島の手から離れたモスバーグが所在無さげに転がっていた。
ゆっくりと屈み回収し、銃を自身のデイバッグへと仕舞おうとする三井。
バッグを開けた瞬間三井の目に飛び込んで来たのは……三井自身へと支給された、一つのバスケットボールだった。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:12:56 ID:4XvrU0xL
 

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:13:10 ID:k9r5qj1e
 

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:13:14 ID:w9VivHU8
 

532 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:13:37 ID:t6cMp1n9
そう、バスケットボール。
三井とあの輝かしい日々を繋ぐ、唯一の絆。
……この殺し合いを終わらせることで、本当にあの日々に戻れるのか。
赤木のいない湘北が、魚住のいない陵南が三井の望んだ日常な訳はない。
しかし、それは既に起きてしまったことである。
もう取り戻せない、欠けたピースは永遠に今三井の存在する世界にはめ込まれることは無い。
最初からそうだった、この島に放り投げられた時点で赤木はもう……世界から、弾かれていたのだから。

その上で、何を望むか。
今だ会えぬ仲間達を、晴子を救おうとするならば何をするべきなのか。

「行くさ、行ってやるさ。……さっさと終わらせてやるよ、こんな馬鹿げたこと」

呟かれた言葉は、今の三井の心情を吐き捨てたものである。
拳を握り締め、決意を露にした三井は振り返り……迷うことなく、少女の下へと歩みだすのだった。





軽い自己紹介の後、虎鉄が三井に事の説明をしている間つかさは少しだけ物思いに耽っていた。
銃声のした辺りまで駆けて来て、争う三井達の姿を発見した時つかさは襲われている側の人間が真中淳平であると判断してしまった。
遠目から黒の学ランが視界に入ったことで誤認してしまったのだろう、飛び出しそれが淳平でなかったことに対しつかさは自分の浅はかな行動をひどく後悔した。

しかし、それで得たものはこんなにも大きかった。
魚住と三井のやり取りを、つかさは隣にて佇む虎鉄と共に黙って眺め続けていた。
彼等に何が起きたのか、途中から輪に入ることになったつかさが知る由もない。
それでも、失われていく命を目の前に必死に抗おうとする三井の姿はつかさの心に響くものであった。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:14:18 ID:w9VivHU8
 

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:14:27 ID:k9r5qj1e
 

535 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:14:27 ID:t6cMp1n9
苦渋に満ちた嘆きが慟哭の塊と化す前にと……気づいたら、つかさはその手を差し伸べていた。
一緒に戦って欲しい、確かにそれも勿論あっただろう。
だがそれ以上に、つかさにとっては彼がこのまま悲しみに潰れてしまったらといった心配する思いの方が強かった。
亡くなった男が三井とどのような関係にあるかは分からない、でもそれがつかさにとっての淳平的存在であるならば……想像しただけて、つかさの涙腺は緩みだすほどのことだった。

そして同時に思ったこと。
ああ、本当に人が死ぬようなことがあるのだとつかさは再認識させられる。
殺し合わせられているということ、それに乗ってしまう人間もいるということ。
一刻も早く、こんな殺し合いを終わらせたいとつかさは心の底から思うようになっていた。
それは自然と、筋は違うものであるが三井の思いとも最終的に重なり合うことになる。

「ん? どうしたんDa、ぼーっとしてるZe?」

はっとなるつかさ、気づいたら虎鉄も三井もこちらに顔を向けていた。
慌てて笑顔を取り繕うつかさに近づき、虎鉄はそっと耳打ちする。

「いやいやかっこよかったZe、お姫様。危うく惚れ直すところだったYo」

虎鉄の賛辞を素直に嬉しく思うつかさだが、一緒に飛んできたウインクに対しては思わず苦笑いを零してしまう。

「それじゃ行くZe、早くしねーとハニー達が待ちくたびれちまうYo」
「あ、ちょっと待ってくれ。あいつがまだ気絶したままで……あれ?」

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:14:30 ID:4XvrU0xL
 

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:15:09 ID:w9VivHU8
 

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:15:12 ID:4XvrU0xL
 

539 :私怨:2007/05/19(土) 22:15:31 ID:rI/J5E9f
 

540 :ここからまたアイツのターン!!:2007/05/19(土) 22:15:33 ID:t6cMp1n9
少し離れた場所にて倒れていたジャガーの姿は、いつの間にか掻き消えていた。
おかしい、三井が慌ててその近辺へと足を運ぶものの人の気配は全く感じられなかった。
その時、くしゃっと三井の靴が何か紙のような物をを踏みしめる。
慌てて地面を確認する三井、そこには一枚の葉書が落ちていた。


『ミッチーへ

 ボス郎の敵を取ってくる。
 あと、先に平瀬村行ってる。
 あと、俺の分の海老カツは取って置いてくれ。
         
                あなたのジャガーより』


「……」
「どうしたのKa?」
「いや、何でもない。急ごう、時間がないんだろ?」

くしゃっと葉書を握り締めズボンのポケットにつっこむと、三井はそれを無視して爽やかな笑顔を二人へと送った。
そして、いつの間にか魚住の振るっていた鉈を手にしていた虎鉄を先頭に、三人は一斉に走り出す。
勿論目的地は鎌石村小中学校。主催する側の人間が、いるはずの場所である。


    * * *


「はて。ここはどこだろうな」

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:16:06 ID:k9r5qj1e
 

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:16:31 ID:4XvrU0xL
  

543 :でも1レスで終了だけどさwww:2007/05/19(土) 22:16:47 ID:t6cMp1n9
高原池にてノート片手に立ち尽くす男、ジャガーは辺りを見渡しボソッと呟いた。
っていうか、ここでもまたジャガーは道に迷っていた。

「おーい! カワシマ〜〜! か〜わ〜し〜ま〜! 出てこーい!」

呼んでも出てくる気配はない、ジャガーはポツンと一人残されている。
前を向いても、後ろを向いても、横を向いても。誰も現れる気配はない。

「くそっ、けしからんヤツだな……カワシマめ、どれどれ早速この呪いのノートに書いてやる!!」

―― 一分後。

「よし! これであいつも終わったな」

ジャガーは満足そうに微笑みながらノートを閉じ、今度こそ本当に平瀬村を目指し歩き出すのだった。
ちなみに、ノートは一度使用を試みると六時間の制限があるので、勿論これで川島が死ぬわけはなかった。
その上ジャガーがノートに書いた名詞は「カワシマ」というフルネームでもなければ漢字にすら変換されていない文字だったので、絶対これで川島が死ぬわけはなかった。
っていうか実はこのノートはジョバンニの複製バージョンなので、人を殺すという行為自体がそもそもできるわけなかったのだ。
とりあえず、ジャガーの行為は全て無駄の一言で片付くことになる。

「フ〜、さっぱりさっぱり」

表面だけの爽快感に酔いしれるジャガーがその真実を知る気配は、今の所……全く、なかった。





そして、そんなはた迷惑な男にまで名前を知られてしまった男、川島はというと。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:17:10 ID:w9VivHU8
 

545 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:17:51 ID:t6cMp1n9
「ふ〜。あたいとしたことが恐怖のあまりウン時間も無駄にしちゃうなんて、これじゃ犬っコロにも笑われてってうわあぁ?!」

こっちはこっちで、また厄介な輩に出会ってしまっていた。
あの場を離脱することに成功した川島は、進路を南西に取り平瀬村へと向かおうとしていた。
とにかく今彼が優先すべきことは、魚住に切られた左腕の怪我を治療することである。
鎌石村から新手の参加者が現れたことであの村を探索することを諦めた川島が、次に狙いを定めたのが平瀬村だった。
医療の道具があるならば場所はどこでも良かったというのが、川島の出した結論なのだろう。
気配を消しながら、川島はただ黙々と足を動かしていた。
治療もそうだが、失くした獲物の存在も大きい。
殺し合いをする上での道具の確保も必要となり、川島はその悪すぎる幸先に苛立つ思いを隠せないようで小さく舌を一つ打つのだった。

ちょうどその時だった、偶然と呼ぶしかない神様の与えたカウンターヒットが川島に直撃する。
目の前には同世代の男子高校生が、よく分からないことををブツブツ呟いていたと思ったら川島を見やるなりいきなり大声を上げてきた。
見通しの悪い森林地帯ということもあり、お互い目で見える範囲に近づくまで気づかなかったのが原因であろう。
二人はかなりの近距離でばったりと会うことになった。
川島は顔をしかめながら、すぐに構えを取り現れた少年にいつでも殴りかかれるよう準備する。
怪我をしている身では無理はできない、最低限の動きで相手を止める必要があると川島は改めて気を引き締める……が。

「って、おい?! 何だその怪我はどうした誰にやられた、救急車救急車参加者の中に医者はいませんかーー!!!」

少年は無防備にも、川島が殴りかかろうとしているにも関わらず彼の元へとすぐさま駆け寄って行った。
血に染まった白い学ランというのも確かに目立つ、朝焼けの中主張する赤の大きさが少年を焦らせる原因にもなったのかもしれない。

「騒ぐな、黙らんかい」

顔をしかめドス声を上げる川島、だがそれでも少年が怯む様子は無い。

「うげ、結構切れてんな」

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:18:23 ID:w9VivHU8
 

547 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:18:48 ID:t6cMp1n9
川島の断りも無く、少年はいきなりその傷を覗き込んできた。
余りにも大胆な行動、この少年が何を考えているのか川島の中でも疑問は膨らんでいくばかりである。

「血はもう乾いてんのな。傷洗ったりしたか、ちょっとコレ脱いでみろよ」
「……」
「おら、早く早く」

何やら自身のデイバッグを漁りだす少年、ここで油断させておき仕留めようとしてくるか……川島は隙を作らず、少年の動きを見つめ続けた。

「あ? 早くしろって」

しかし次の瞬間彼が取り出したのは、川島にも支給されているデイバッグに詰められていた飲み水の入っているペットボトルだった。
……どうにも、この少年は人を疑おうとする気配が無い。
それでもおかしな動作をしないか見張りながら、川島は詰襟を開け傷のある片腕をさらけ出す。
生地と擦れることで痛みを感じるものの、傷の出血自体は既に止まっているようだった。

「ああん、美味しそうな上腕二等筋。明美、思わずかぶりつきたくなっちゃう♪」
「……」
「じょ、冗談だって。そんな怖い顔すんなよ……。ほれ、ちょっと沁みるかもしんないけど我慢してくれ」

熱。直に空気にさらけだすことで感じた肌寒さの中で与えられた温かさは、川島の腕を固定するためにと添えられた少年の手の温度だった。
しかしそれも一瞬で掻き消える、次の瞬間ドパドパと水をかけられその感触に思わず川島も顔をしかめる。

「ちょっと待ってろよ」

半分ほど減ったペットボトルに蓋をした後、少年は川島の目の前で着ていたシャツを脱ぎだした。
そして、そのまま左腕部分の布地を裂く。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:19:31 ID:4XvrU0xL
 

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:19:35 ID:w9VivHU8
 

550 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:19:40 ID:t6cMp1n9
「こうして、こうしてっと……うーむ。とりあえずさっさと清潔なもんに取り替える必要はあるだろうけど、今はこれで勘弁な」

川島が何か言う前に患部に布地を巻き上げると、少年は満足そうに笑った。
そんな、一連の流れ。川島は呆然となっていた。
殺し合いに投げ込まれた状況でこんなにもお人よしな行動を取るこの少年の存在が、川島にとって想定の範囲外なのだろう。
あくまで少年のペースに乗せられ、呆気に取られながらも川島はこのような応急手当を受けたことになる。

「俺は猿野天国。あんたは?」
「……川島清志郎じゃ」

反射的に名乗ってしまう川島、しまったと思うもののもう遅い。
人懐っこい笑顔を浮かべながら、猿野は自分のことを話してくる。
参加者の中には知り合いでもある心強い仲間がいるということ、そして最後はこの主催であるオッサン共を倒してやりたいと猿野は語った。

「なあなあ、あんたも協力してくれよ。人手は少しでもあるとありがたいからよ〜」
「……好きにせい」

答えたと同時に喜びを表す猿野の姿、それを見つめる川島の瞳はあくまで冷め切っていた。
夢を語るということ、それは昔の川島の姿とも重なる所がある。
自覚のないその愚かな様、吐き気がする程前向きな姿勢を前に川島の心は邪悪な考えに染まっていた。

―― ああ、汚してみたいと。その希望を、目の前で折り曲げてやりたいと。

気づかせてやりたかった、仲間を集めるという行為が弱者の持つ群集心理の塊であることを。
見せつけてやりたかった、本当に力ある者が行える覚悟の違いを。

『何が起きても揺らぐことのない断固たる決意が必要だ』

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:20:22 ID:k9r5qj1e
 

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:20:23 ID:4XvrU0xL
 

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:20:35 ID:w9VivHU8
 

554 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:20:55 ID:t6cMp1n9
今一度、あの最初に集められた場所で聞いた台詞を川島は反芻する。
そう、一度固められた川島の決意は揺ぎ無く、今もこうして彼の行動理念の一つとなっていた。
それは決して破られることのない、川島の意思の強さでもある。

「そういえば、その傷誰にやられたんだ?」
「知らん」
「……あー、さいですか」

三井も猿野も、川島からしてみれば皆同じだった。
仲間が何だ、目の前の事態を整理した上で優先順位を誤る人間を川島は認めようとは考えない。
主催を倒すだの、そんなことはどうでもいいのだ。
ただ生き残るために武力を振るえるかどうか、その覚悟がないならば身をもって教えてやるだけである。

「こっからだったら平瀬村が行きやすいのか? とりあえず、そこで改めて手当てし直そうな」

走り出す猿野の言葉に頷き、とりあえずは傷を癒すことを先決とし川島は彼と行動を取ることを決意する。
大きく深呼吸をすると、川島も先導する猿野の背中を追いかけるべく駆け出した。
いつかは討つことになるだろう幼さの残るあどけない後姿へと追いつくことは、あまりにも容易かった。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:21:11 ID:4XvrU0xL
 

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:21:15 ID:k9r5qj1e
 

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:21:32 ID:w9VivHU8
 

558 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:21:47 ID:t6cMp1n9
【C-04/1日目・午前5時前】

【女子12番 槇村香@CITY HUNTER】
状態:健康
装備:ラケット(テニスボール×3)@テニスの王子様
道具:支給品一式
思考:1.鎌石村小中学校へ太尊と向かう
   2.リョウと合流
   3.虎鉄、つかさと協力
   4.冴子、海坊主を捜す

【男子33番 前田太尊@ろくでなしBLUES】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式(※ランダムアイテムは不明)
   虎鉄のデイバッグ(包丁、まな板、皿、フォーク、ロープ、鋏、ライター、支給品一式、ランダムアイテム(不明)入り)
思考:1.鎌石村小中学校へ香と向かう
   2.千秋を見つけ、守り抜く
   3.ヒロト、小平次、中島と合流

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:21:54 ID:4XvrU0xL
 

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:22:15 ID:w9VivHU8
 

561 :支援ありがとうございました、後は状態表だけなんでもう大丈夫です:2007/05/19(土) 22:22:37 ID:t6cMp1n9
【C-03南部/一日目・午前5時半ごろ】

【男子37番 三井寿@SLAM DUNK】
[状態]:満身創痍
[装備]:無し
[道具]:モスバーグM590(弾数8+1)、バスケットボール@SLAM DUNK、支給品一式 、ジャガーからのメッセージ入り葉書
[思考]:ゲームに乗った参加者、主催した面子に対し激しい憎悪を抱いている
    1.つかさ、虎鉄と共に鎌石村小中学校へ向かう
    2.湘北メンバーと晴子を探す
    3.生き残って、バスケのある日常へと帰る

※川島清志郎を危険人物と判断


【女子09番 西野つかさ@いちご100%】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式(※ランダムアイテムは不明)
思考:淳平やほかの参加者を守るためにも、早く殺し合いを止めさせたい
   1.鎌石村小中学校へ虎鉄、三井と向かう
   2.真中と合流
   3.香、虎鉄と協力

※川島清志郎を危険人物と判断

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:22:53 ID:4XvrU0xL
 

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:23:23 ID:w9VivHU8
 

564 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:23:32 ID:t6cMp1n9
【男子11番 虎鉄大河@Mr.FULLSWING】
状態:健康
装備:大きめの鉈
道具:無し
思考:1.鎌石村小中学校へつかさ、三井と向かう
   2.香、つかさに協力
   3.可愛い女の子と仲良くする

※川島清志郎を危険人物と判断



【D-04高原池/1日目・午前6時前】

【男子17番 ジャガージュン市@ピューと吹く!ジャガー】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式 DEATH NOTE(複製ver) ハガキ19枚
思考:1.平瀬村へ向かいピヨ彦と高菜を探す
   2.湘北メンバーに会ったら魚住のことを伝える

備考:DEATH NOTEについて
DEATH NOTEはジェバンニの複製バージョンです、なので人を殺す機能などは一切ありません。

※川島清志郎は死んだと思っている

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:23:53 ID:4XvrU0xL
 

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:24:11 ID:w9VivHU8
 

567 :会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ:2007/05/19(土) 22:24:22 ID:t6cMp1n9
【D-02/1日目・午前6時前】

【男子16番 猿野天国@Mr.FULLSWING】
状態:健康、シャツの左腕部分の袖がない
装備:縦笛@ピューと吹く!ジャガー
道具:支給品一式 (水半分程消費)
思考:1.平瀬村へ向かい川島の手当てをする
   2.虎鉄、もみじ、御柳と合流する
   (自衛できる武器を持っていてゲームに乗ってない奴とも合流したい)
   3.主催者を潰す


【男子08番 川島清志郎@ろくでなしBLUES】
状態:左腕に切り傷あり(現在猿野のシャツの布が巻かれている)
装備:モスバーグM590の予備弾20
道具:支給品一式
思考:ゲームに乗っている
   1.猿野についていく
   2.タイミングを見計らって猿野は殺す

※三井寿を要注意人物と判断(容姿のみの情報)
※猿野天国の知人の情報を得ている


【男子4番 魚住純@SLAM DUNK 死亡確認】

【 残り51人 】

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:24:57 ID:4XvrU0xL
 

569 : ◆7NffU3G94s :2007/05/19(土) 22:25:21 ID:t6cMp1n9
以上です。支援してくれた皆さんも、見てくれた方も本当にどうもありがとうございました。
感電さんもありがと、音読テラハズカシスwwww一生もんの経験できたよ〜

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:26:51 ID:4XvrU0xL
投下乙

名シーンの使い方が凄い上手かった。
あとボス郎の退場シーンが……。
ピースっていう表現も凄い上手いと思う。

あとジャガーは自重wwwwwwwwwww

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:27:21 ID:rI/J5E9f
投下

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:28:03 ID:k9r5qj1e
乙です

ジャガーさんけろっとしてるしw
これからも間違った名前を書き続けて欲しいw

細かいことですが>>543
本文中ジョバンニになってました

573 :571:2007/05/19(土) 22:28:26 ID:rI/J5E9f
送信ミスった……
投下乙
ボス朗の退場シーンと三井の回想が良かった
ジャガーの空気嫁なさは異常

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:30:14 ID:w9VivHU8
おつー。

ボ、ボス郎ーーー!
回想シーンうまいなあ。
そしてジャガー自重しろww

575 : ◆7NffU3G94s :2007/05/19(土) 22:37:24 ID:t6cMp1n9
ジョバンニ\(^o^)/何それ。
最後の最後で俺かっこわりーー!!!

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:44:36 ID:k9r5qj1e
どんまい

力作でしたね
追いながらワクワクしてました

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 23:44:08 ID:tj6jWMxz
気になってとこが幾つかあるんだが

魚住と三井はタメなのに三井が魚住に対して敬語になってるんだが原作でそういう設定になってたか?
それから川島ってこんな奴だっけ?
当時の連載読んだっきりだから何とも言えんのだけど記憶にあるのとキャラがちと違ってるような
大阪弁と広島弁とヤクザ映画の台詞みたいなのが混ざった言い回しも気になった
直せる部分は直して欲しい
長編だけに一度気になると最後まで疑問に感じてしまって勿体ない

578 : ◆7NffU3G94s :2007/05/19(土) 23:59:47 ID:t6cMp1n9
コミックスを参考にしてたつもりだけど、勘違いがあったかもしれません。
確認後訂正します。
川島の口調については、ニュアンスでしたためた面が強いのでおかしな所は指摘してくださると助かります・・・
申し訳ないです、大阪弁、広島弁、ヤクザ映画のような口調の違い自体があまり分かってなかったです。
川島のキャラに関しても自分ではこう解釈してしまったので、具体的に指していただければ訂正案は出しますのでよろしくお願いします。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 00:06:16 ID:kSEHD4He
キャラに関してはこっちも自信無いんで明日にでもブクオフ行って確認して来てから再度指摘するよ
口調については細かく言うと川島の台詞のほとんど全部が混じりっ気ありの方言になってる
判りやすいとこで「○○じゃ」ってのは広島っつーか竹原語だから直した方が良い

580 : ◆7NffU3G94s :2007/05/20(日) 02:14:01 ID:s151cRC4
お、ありがとうございます!
あと今スラダン確認してきました。
コミックスが妹の故この時間じゃ手が出せなかったため、ようつべさらってきました。
直接の会話らしい会話は見つからなかったのですが、68話のVS陵南戦にてシュート止められた三井が魚住に対し暴言吐くシーン発見。
敬語は勘違いでした、本当にすみませんでした。指摘してもらえて良かったです。
修正期間ってどれくらいでしょうかね?川島の件含め何とか期間中に間に合わせるよう努力します。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 02:23:48 ID:Ot/yvrHE
>>580
乙です。この時間まで、確認してるなんて書き手の鑑。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 02:30:05 ID:Ot/yvrHE
おっと、質問に答えてなかったな。

>>4
【NGについて】
・SSが投下された後、
 @10日以内に正当な理由あるNG審議要請が出され、
 Aその要請に基づいて皆で議論し、NGが妥当とされた場合、作者は72時間以内に意思表明をする。
そして修正する意思があるならそこから1週間以内に修正SSを投下。
規定時間内に意思表示がなされなかった場合、該当SSをNG認定とする。
・ただしNG認定後、当該SS登場キャラに新しい動きがないうちに修正SSを書き上げたなら自由に投下可能。
・スレの意志の大半に支持されて修正要請がされて、1週間以内なら何回でも修正は可。
・修正要請、もしくはNG申請の期間は絶対厳守であり、期間を過ぎてからの異議申し立ては受け入れられるものではない。

これが、一応の指針になるんじゃないか?

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 04:34:13 ID:cCf1Wvcp
予約の期限なんて無いようなもんだし、それも期限を作らなくても良いんじゃね?
たまに連絡でもしてくれさえすればさ

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 09:06:22 ID:HxWPj2j4
昨日のラジオ聞いて新作も読んだら、俺も何か手伝いたいって気がしてきた
そこで質問をばさせて頂きたか
放送までにどうしても書かなきゃいけない、優先していかなきゃいけないキャラがあれば教えて欲しい
なるたけそこから着手してみたい

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 11:40:11 ID:K8gZiPlB
ピヨ彦・鈴音 必要度S、難易度B
学校へ着いた後の描写が必要
内容的には無難な繋ぎで構わないが、サプライズがあればなお良し

一条・菊丸・唯 必要度S(時間をずらすならBかCくらい)、難易度D
これも無難な繋ぎで大丈夫
出会ったばかりなので大きなフラグも無く、比較的自由に動かせる

リョウ・春香 必要度A、難易度A
人外に近いと言われてるリョウがネック

冴子・一貴 必要度B、難易度B
対主催フラグ、人捜しフラグがあるから弱冠難しい
周りを人に囲まれてるから、どの方向に動かすかで違ってくる

平塚・塔矢 必要度B、難易度A
塔矢に難あり
囲碁を最優先に考えるクレイジー塔矢をどう活かすかが鍵

手塚 必要度B、難易度A
どう動かしたいかによってかなり扱いが変わってくるキャラ
マーダー化させるのであれば何らかの転機が欲しいところ

神崎 必要度B、難易度B
今のところ日々野に対してだけしか殺意が働いておらず、マーダーとしては他と比べて少し動かしにくい
しかし時間的な関係から、最低あと一回は出てきてもらわないと困る

御柳 必要度C、難易度C
人を殺した後になるから、繋ぎでも描写が欲しい
しかしゲームに乗り気なので、心理描写はある程度薄くても構わない

ヒル魔 必要度C、難易度B
失意の胸の内をどう描けるか、なるべく濃い心理描写が必要になってくる
どういう立場に置くのかで難易度は増減する

流川・泉 必要度C、難易度C
周りに人がいず、また二人が出会ったばかりということもあり、ここも自由に動かしやすい
が逆に、大きなサプライズを起こそうと思うと難易度は高くなる

小平次 必要度C、難易度B
このまま行くと海坊主とかち合うので、そこをどうするかが主題になってくる
好戦的なキャラではないから多少の心理描写は不可欠

海坊主・桜乃 必要度C、難易度A
行く手の小平次の存在、越前の存在、そして首輪解除フラグを考えると意外と難しい
足手まといになりそうな桜乃を上手く利用出来れば書き易くなるか

新庄・塔子 必要度C、難易度D
明るくなるまで動かないとあるから、放送後の描写になっても問題は無い
一回しか出てきてないから、出来ればあったらいいな程度

中島 必要度D、難易度D
キャラ的に超展開は期待出来ないので、放送までに一回出てくれば十分



思いっきり主観で考えてみた
最低でもこれだけの人達の動きが無いと放送へは行けないと思う
残りは別に無くてもいいんじゃないかな?
たぶんこんな感じだと思うのでこの中から優先的に選んでみてくれ>>584

586 :579:2007/05/20(日) 15:47:42 ID:MM4A8wAu
>>578
一通り川島の登場場面読んできた
それで俺が受けた印象の川島ではやっぱり微妙にキャラ違うかな
どっちかって言うと川島は静かな炎を燃やすような奴だったから
「ほほーう、そんな所に隠れてたんかぁ……じゃかあしい」とか「お前等まとめて……ぶちのめしたるわあああ!!!」
なんて登場の仕方にまず違和感ある
急に有無を言わさず攻撃する方が本来のキャラに近いような
それと最後のところで猿野に心を許したようになってるけどここもコミックス読んだ後では疑問が残る
原作では最終的に改心したっぽくなってたけど元々は仲間を捨て駒としか考えてない冷血漢だから猿野に付いて行くのは少し無理がある
傷を癒すのが目的だとしても一匹狼で行動取ると思うぞ

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 20:04:36 ID:T2a6bSBz
流川泉、御柳、新庄塔子、中島は一回の描写と言えど書かれずに放送に行っても問題ないかも知れんよ

588 : ◆7NffU3G94s :2007/05/20(日) 23:30:26 ID:9JyC8V55
了解です、では>>586をベースにもう一度コミックス読み込んで改案を投下させていただきたいと思います。
(口調に関してはそれでも心配が残りまして、それ含め投下後にまた指摘いただけるととても助かります)
期限の方は規約にある通り十日程いただければと思います。
投下は避難版にて行わせてください、投下時にはこちらのスレにも予告を出します。
また何か問題などあるようでしたらどうぞご連絡ください、よろしくお願いします。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 23:34:42 ID:DkkwGWS9
>>588
お疲れ様です。
今後もがんばってください。期待しています。

590 : ◆AAxoi1ysvg :2007/05/21(月) 01:30:04 ID:2mN3QeO+
予約無しですが、
蛭魔、手塚、塔矢、平塚
投下です。

591 :悪魔の復活:2007/05/21(月) 01:31:29 ID:2mN3QeO+
「さあ、油断せずに行こう」

 手塚国光はテニスラケットではなく、コルト・アナコンダを片手に呟く。
 手塚の最終目的は、自分を含む青学テニス部員全員がこの島を生きて抜け出すことである。
 そのためになすべきことは複数だ。

  1.危険人物の排除
  2.部員全員の安全確保
  3.殺し合いルールの破壊

 一つ一つ確認してみよう。

 まず、『危険人物の排除』。
 これに関しては、既に力を手に入れたので特に問題はない。
 心配事と言えば、素人の腕で拳銃を操っても抵抗する相手には心許ない、という点だが、
そんな事は実際の場面に立ちあってから考えればよい。

 では、次の『部員全員の安全確保』。
 最も重要な問題と言えるが、今やれることは、当人たちの捜索であり、他にはない。
 詰まる所、手塚に出来ることは島中を歩き回ることだけである。

 最後に『殺し合いルールの破壊』。
 これも、知識のない自分がいくら考えた所で無駄だろう。このルールの根幹はつまるところ、首輪である。
 首輪を外せる手段が見つからない事にはいくら考えても無駄だ。

 結局手塚に出来る事は、周囲を散策するだけ。
 そんな彼が平瀬村に来たとき、一軒の家から少年の叫び声が聞こえてきた。


「だから、こんな手は有り得ないんだ! 実際、ノビからノゾキのコンビネーション君は打つ手に困っただろう」
「いや……そんな事言われても、俺素人だし……」
「そんな事はもう分かってる。だから、僕が教えてるんだ。まじめに聞け」

 一体、何をやっているんだろう。
 殺し合いが行われている島で、二人の男たちが言い争っている。
 内容は決して命のやり取りに関するものではない。場違い、という言葉がピタリとはまる。

「全く、こんな腕でよくタイトルを取るなどと……」
「だからその事はもう謝ったじゃねーか」
「いやしかし、素人とは言え、中には進藤のような奴もいる。だから侮れない」
「お前俺の話聞いてる?」
「今日は徹夜で特訓だな」
「聞いてねぇーー!!」

592 :悪魔の復活:2007/05/21(月) 01:32:32 ID:2mN3QeO+
 二人の声は外に丸聞こえである。こいつらは『首輪外し』に使えない。素人の手塚にもハッキリと分かる。
彼らと一緒にいても、自分の目的は成すことができない。それどころか、彼らはある意味で危険人物と言える。
周囲を見ずに、大声を上げて自分たちの位置を知らせる。こんな事をしていたら、間違いなく危険人物を呼び寄せる。
二人仲良く(?)家の中で遊んでいるのだから、殺し合いには乗っていないだろう。が、視点を変えれば下手な殺人鬼より一層危ない存在だ。
 目的を達成するためには無視するに限る。だから、手塚は彼らの声を聞かなかったことにして立ち去る。

 しかし

「そこの糞眼鏡(ファッキンメガネ)、銃を置いてこっちに来な」

手塚の考えを遮る声が背後から聞こえてくる。家の中に意識が集中したために気づかなかったのだ。




593 :悪魔の復活:2007/05/21(月) 01:33:48 ID:2mN3QeO+
----

「俺たちは敵を倒しに来たんじゃねぇ。殺しに来たんだ」

 この言葉は、泥門デビルバッツが試合直前にかける気合の言葉だ。
 だが、その司令塔蛭魔妖一が殺したのは、皮肉にも敵ではなく味方のエース小早川瀬那。

「悪魔らしいっちゃ、らしいわな……」

 後輩の骸を土に埋め終え、蛭魔妖一は道を歩いていく。
 特に目的はない。否、目的を考える思考力がない。
 自分が人の死ぐらいで凹んでいる。落ち込んでいる。そんな馬鹿な……
等と思ったりもするが、やはり人間の命は何よりも重たかったと言うことか。

「いや、違う。クリスマスボウルへの夢が終わったからだ」

 敢えて、思考と逆の言葉を口にして見る。
 アメフトの試合に勝つため。蛭魔はいつも自分を偽り続けてきた。演技を繰り返し、最強の策士を演出し続けてきた。
一人の後輩が死んだからと言って、その事に変化はない。
 しかし……

「でも、アイツは死ななきゃならねーガキじゃなかった……」

 僅かながら、蛭魔という男に変化が起こっている。
 瀬那の死を悲しむという当たり前の行動を、この男が取り始めている。
それは、周囲に人がいないことも理由の一つだろう。周りに誰か居たら、彼は冷酷な司令塔を演じなければならない。
だから誰も居ない現状だと、本来の自分を取り戻せるのだ。

「小早川……お前のために、俺は何をしたらいいんだ」

 糞チビではなく小早川。
 死人に糞チビなどと言うのは、やはり躊躇われる。

「お前が、アメフトで遣り残した事って何だっけか……」

 蛭魔は記憶の糸を手繰り寄せる。小早川瀬那という少年が、アメフトに寄せた思いは何だったか。
パシリな小市民が光速の足一つで英雄になれたから、アメフトにのめり込んだのか。いや違う。
小早川瀬那という少年は、一人の超人に立ち向かうため、アメフトの世界に入り込んできたのだ。
 もちろん、最初にアメフトをやったのは自分の命令だったから。
 半ば強制的に試合に参加させたことは覚えている。しかし、人間の域を超えた男進清十郎と出会い、
瀬那は変わった。自主的にアメフトに取り組むようになった。

「アイツに勝ちてーんだよな」

 勝ちたいと思った男、瀬那は既に死んだ。
 しかし、瀬那の意思はまだ生き続けている。

「なら、俺が勝たせてやるよ」

 自然に口からこぼれた言葉が、蛭魔妖一の行動指針になった。
 それは殺し合いで勝ち残るでもなく、この島を脱出するでもない。単純に後輩の遺志を継ぐというもの。

594 :悪魔の復活:2007/05/21(月) 01:35:04 ID:2mN3QeO+

 呟きながら歩いて、蛭魔妖一は平瀬村に着いた。
 他所事を考えながら歩いていたことに、少し不安を覚える。
 目的を持って村に来たのならいいが、実のところ単に歩いたら村についてしまっただけ。
こんな状況だと、殺人鬼のいい的だろう。それほどに、今の蛭魔は思考力が低下していた。

「っち、いつまでセンチになってやがる」

 既に埋葬は済ませた。遺志を継ぐとも決めた。これ以上、引き摺っていて得るものがあるか。
 冷酷な気持ちの切り替えは得意分野だろう。

「落ち着け……落ち着いて、目的のために必要なことを考えろ」

 冷酷になるのは慣れているはずだ。目的のためなら、どんな手段も取れるはず。
 だから、考えろ。

 しかし、そんな蛭魔の心とは裏腹に、彼の頭脳は何の回答も返さないままだ。


「よし、この家なら碁盤があるだろうな」

 思考の麻痺に陥っている蛭魔に少年の声が聞こえてくる。

「逃げるなよ、今から打とう」

 少年は、蛭魔など目にも入らないと言ったふうに無視して民家の中へと入っていく。
 厳つい顔をした角刈りの男も、少年に続いていった。

「っち、なんだ今のは……」

 訳が分からない。碁盤? 打つ? 何のことだ。
 ただでさえ進まない思考が寸断されてしまったではないか。

 っち、と再び舌打ちしながら蛭魔はその場にしゃがみ込む。

「落ち着け、落ち着くんだ……」

 何度も自分に言い聞かせる。少しずつ、気づいてきた。
 今の自分は瀬那の死で動揺している。普段の冷静な思考力や頭脳は存在していない。
 だからまず、座って落ち着け。
 自分のスタートラインはそこにある。

 そして蛭魔は考えるのをやめ、しばし気を落ち着かせることにした。


595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 01:35:20 ID:16tQYitb
作者さんに言いたいんだけど、モスバーグって散弾銃だよ。あと魚住の死体埋めたりしないの?
そういった所を書き直したり書き加えないといけないんじゃない?


596 :悪魔の復活:2007/05/21(月) 01:35:59 ID:2mN3QeO+
 〜・〜・〜・〜・〜  数分後  〜・〜・〜・〜・〜

「なんだ、その指は! 石の持ち方も知らないのか!!」

 激昂した少年の声が聞こえてくる。
 深夜。人気のない過疎の村の中と言うのに、非常識なほど甲高い声。

「大体、初手天元とは何のつもりだ! 僕を馬鹿にしているのか!!」

 馬鹿にしているのはお前だろうが。
 と、蛭魔は思った。ガラにもなくセンチな気分に浸っているときに、真夜中の雑音とは。
よっぽど日頃の行いが悪いのか。確かに……そうかもな。と、一瞬思って納得してしまう。

「だがな、悪魔は神に祈らねぇ」

 けれど、日頃の行いが悪いと言って、どうなんだ。
 それで反省するのは、信心深い聖人たちだけで十分だろう。自分は違う。
 悪魔、という言葉を口にして蛭魔は少しずつ『らしさ』を取り戻していく。

「本当に素人なのか?」

 雑音を聞きながら、クルクルと44マグナムを回す。
 そうだ、自分は気を落ち着かせるとき、いつもこの動作をしていた。

「素人の人間が、プロの高みを侮辱したと言うのか!!」

 雑音はより激しさを増していく。それに反して、蛭魔の心は少しずつ落ち着きを取り戻していく。
 素人の集団がプロを侮辱する? 上等だ。それでこそ奇策の弄し甲斐があると言うもの。

「辛酸、苦痛、果ては絶望までその身に刻み、なおプロの高みに届かなかったものもいると言うのに……」

 だから、どうした?
 努力ました。苦痛を味わいました。
 そんなもの、結果が伴わなければ何の意味もない。
 努力自慢がアメフトの結果に影響するとでもいうつもりか。結果が、実力が全ての世界だ。

「君は、プロの全員を侮辱した!」

 負け犬の遠吠えにしか聞こえない、と蛭魔は思うと同時に、
少しずつ自分の思考力が戻ってきていることを実感した。

「小早川……お前の出来なかった事、俺がやってやる。打倒進、その夢を継いでやろうじゃねぇか」

 思考力は、まだ完全によみがえっていない。
 けれど、少しの切欠で僅かながら自分を取り戻せた。
 今はこれで十分だ。

597 :悪魔の復活:2007/05/21(月) 01:37:09 ID:2mN3QeO+

 蛭魔は手始めに、自分の様子を確認する。
 目的を達成するための基本。まずは、自分を知ることだ。
 服装、支給品、島での位置等々。知らなければならない事は山ほどある。

 支給品のひとつは44マグナム。それはもう確認した。
 他にはサバイバルのための地図、コンパスなど。他愛もない道具。
 食料は概ね二日分と言ったところか。瀬那の物とあわせ、節約すればもっと食い繋ぐことが出来るだろう。
 瀬那の支給品は……なるほどアレだ。
 支給品の確認が終わったら、次にすべきことは服装の確認。
 殺し合いの舞台とはいえ、ここは人々が交わる交流の場。交流の形が、雑談やアメフト、殺し合いと姿を変えても、
容姿が重要であることに違いはない。
 と、ここで蛭魔は初めて重要な問題に気づく。

「返り血が付いてやがる」

 この島は今、殺し合いの舞台になっている。
 返り血を浴びた服を着ていれば、どんな言い訳をしていても必ず疑われる。
 何をするにせよ、不利な服装であることは間違いない。
 瀬那の服を借りるか?
 馬鹿な。既に埋葬した体から服を剥いでも同じことだ。土と血に汚れた服が掘り起こされるだけで結果は改善しない。
それ以前に、仲間の服を着て生き延びようなどと考えるのはいくらなんでも悪魔過ぎる。
 さりとて。他の服を探してくるのも難しい。
 恐らくあの教師たちは、自分たち参加者が返り血を浴びた服を着る事態を想定しているはずだ。
 とすれば、この島に代わりの服は用意されていない。
 なぜならば、この服は殺し合いの火種に十分な効果を持っているからだ。

「厄介だな……」

 まずは、服を着替えよう。蛭魔はそう考えた。
 そのための妙案は……

「君が素人なのは良く分かった。だが、今日は特別に僕が教えてやろう」

 近くの家から聞こえてくる雑音が蛭魔にヒントを与える。

「あるじゃねぇーか、すぐ近くによ」

 側から聞こえてくる雑音。
 これを利用しない手はない。
 大声で叫んでいる少年が部屋の中にいる。この奇怪な事実は、誰の目にも止まるだろう。
恐らく、殆どの人間がこの側を通りかかったとき、意識をこの家に奪われるに違いない。
 それがチャンス。
 意識を奪われた人間から、衣服を奪い取る。
 スタートはそこからだ。

598 :悪魔の復活:2007/05/21(月) 01:38:24 ID:2mN3QeO+
 〜・〜・〜・〜・〜

 そして、一時間ほど経ち。
 一人の男が現れる。長身痩躯の肉体に、鋼のような筋肉を纏った眼鏡の男。
 ぱっと見た限り自分との身長差などは分からないが、体型は類似している。
 決めた。この男だ。コイツの服をいただく。

 蛭魔は足音を消して、彼に近づく。
 彼は家の雑音に意識を取られて蛭魔に気づかない。
 そして、蛭魔は背後から男に声をかけた。

「そこの糞眼鏡(ファッキンメガネ)、銃を置いてこっちに来な」

599 :悪魔の復活:2007/05/21(月) 01:39:10 ID:2mN3QeO+
【F-1 平瀬村民家側 午前5時ごろ】
【男子30番 蛭魔妖一@アイシールド21】
状態:瀬那の死を若干、引き摺っている。
装備:44マグナム(残段1)@こち亀
道具:支給品一式/弾丸5発、瀬那の支給品一式、不明支給品一つ(本人は確認済み)
思考:1.少し立ち直ったが、まだ複雑な思考は出来ない。
    2.目の前の男から服をいただく。それ以外は考えきれていない。


【男子22番 手塚国光@テニスの王子様】
状態:健康
装備:コルトアナコンダ(弾数6/予備弾24)@CITY HUNTER
道具:支給品一式
思考:1.越前、菊丸、竜崎を捜し出し脱出する
    2.1の目的達成のためには殺人も厭わない
    3.後ろから聞こえてくる声に対処する。


【F-1 平瀬村民家 午前5時ごろ】
【男子24番   塔矢アキラ@ヒカルの碁】
状態:健康、激しい怒り
装備:日本刀
道具:支給品一式、支給アイテム(未確認)
思考:1.素人の平塚に囲碁を教える。


【男子29番   平塚平@ルーキーズ】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式
思考:1.いや、もう囲碁はいい。

600 : ◆AAxoi1ysvg :2007/05/21(月) 01:41:36 ID:2mN3QeO+
投下終了です。



>◆7NffU3G94s氏
ろくでなしブルースを書けるという時点で尊敬。
色々とありそうですが、SS投下を待っています。
がんばってください。長作乙でした。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 02:00:41 ID:wYixnsse
塔矢の使い方がうめ〜w
完全にスルーされてるのにワロタ

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 11:47:42 ID:+5ZAhbyD
スルーされているが、管理人の問題はどうなるんだろう。
新規SSがいくつか投下されているが、現在地マップは更新なし。
809が更新できないと言ってるんだから、誰かがやるしかないだろうが、
誰かできる奴いないのか? それとも、漫画ロワ形式にして誰でも編集できるようにするか?
これなら、809がファイルをアップできるようにするだけで問題解決するし……

っていうか、今気づいたが、現在地マップを誰でもアップロードできるようにすれば問題解決じゃん。
それで、終わりでいいかな?

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 12:06:11 ID:idnkjKjC
塔矢くんは天然だなw

手塚vs蛭魔 来たよ!

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 12:26:43 ID:fgknRCdy
塔谷のインパクトは凄いなww
だけど、ちと疑問に思ったんだが埋葬ってどうやったんだ?
長文の方にも修正希望で出てるけど、満足な道具もないのに土掘ったりとかって難しくないか?

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 12:56:04 ID:kI8hS50v
>>602
よろしく

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 15:17:33 ID:zMkFtfJ+
>>600
いよいよ塔矢はクレイジー化しそうだなw
手塚対ヒル魔は結構楽しみ
どっちも完全なのではないけど、初のマーダー対決になるんだな
>>602
809氏が近々更新するようなことを前に言ってた気もするが
つっても一月かもっと前だったと思ったけど

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 19:22:19 ID:9MXSY9yx
>>602
>>34で明確な意思表示があるから管理人の件は様子見ようぜ
もう一ヶ月以上音沙汰無しだが、それでも今までの功績がある人がやると言ってるんだから待って損は無い筈
焦らずマターリが基本だぜ、このロワはよ

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 20:07:16 ID:erDkpEeQ
蛭魔キターーー
頭が働かないってのが強調されてるけど、それでも元が元だからなぁ……
戦闘シーンに期待。

609 :809 ◆Ug/3J6XnyA :2007/05/21(月) 20:20:46 ID:erDkpEeQ
>>602,他の方々
スイマセン。すっかり忘れていました。


つい先ほど、漫画ロワの現在地マップを見てきたんですが、あれ凄いですよね……

何が凄いって、画像なのにみんなで出来ちゃうところに感動しました……いずれアレに変えたいところなんですが
やり方は分かっても、漫画ロワ管理人に確認を取らないと、不味い気がするので、あちらさんか交流所か何かで聞いてきます。


んで、それはそれとして、今の形式の現在地マップを、
今日中に変更しておきたいと思うのですが
SS自体は最新2作について修正が入りそうだということなので、この二つは除いて
他のSSだけで、変更しておきます。

つまり、『BLUE SKY COMPLEX』まで変更と言うことで。


ではでは。また今度

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 20:32:05 ID:MSgOCkKv
>>609
神乙!
けど忘れんなよw


ついでに聞くけど、伊織晴子御子柴SSはどうなったん?
通し?破棄?修正待ち?

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 21:31:21 ID:kI8hS50v
>>608
> それでも元が元だからなぁ……
そうそうw
漫画内なら悪魔扱いでも、他と比べりゃバカだからなw
というか、現実でも普通にバカだよなw

相手が超加速する前に超加速しろてwwww
そもそも超加速てwwww

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 21:40:51 ID:erDkpEeQ
現在地マップ変えた……
ついでに、漫画ロワにも聞いてこよう。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 21:45:26 ID:MSgOCkKv
>>612

しかしざっと見て間違い発見してしまった
冴羽と春香の位置が変わってない
SS破棄されたから前のに直しとかなきゃ

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 21:58:24 ID:vCwT4eKl
蛭魔は記憶力だけだからなぁ……
他の漫画の頭脳系と比べてたら、
独播のQB状態だよなぁ……orz

ところで、誰も触れてないけど
蛭魔は小早川なんて呼ぶっけ?
糞チビじゃない場合は、
セナだったような……俺の勘違いか?

>>612


615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 21:58:39 ID:erDkpEeQ
>>613
直したはず……

やっぱ、漫画ロワ形式にしたい……そんなけふこのごろ。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 22:03:45 ID:9TfB1ycD
>>615
>>612は断られちゃった??

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 23:37:05 ID:erDkpEeQ
>>616
OKな返事が来ました。今から作ろう。



しかし、塔矢、蛭魔、手塚の三人の行動目的って基本は同じなんですね……
三人とも、殺し合いのルールとは違う次元で物を考えていて、優先事項は自分が普段やってることって。
やっぱ、三人とも意志が強いと言うことか。


塔矢はなんか、違う気もするけど。

618 :809 ◆Ug/3J6XnyA :2007/05/22(火) 00:26:30 ID:fzcVxX/D
OK。
出来たぜ。

ttp://www25.atwiki.jp/jbr2ndwiki/pages/184.html

使用方法は漫画ロワと同じです。[ページ編集] → [HTML手書きエディタ]を選んで、キャラの位置を変更して下さい。

<!--セナ-->
<div style=
"LEFT: 250px; POSITION: absolute; TOP: 700px; border-style:none;">
<a title="セナ" href="/jbr2ndwiki/pages/"><img alt="セナ" src=
"/jbr2ndwiki/pub/img/sena_d.gif"></a></div>


TOPとLEFTの値を弄ると、キャラが移動します。
hrefなんか、弄ったりすると、セナをクリックしたときのリンク先が変わったりします。


それと、見れば分かると思いますが、殆ど作りかけです。
全キャラクター、位置あわせが出来てません。
誰かかわりにお願いします。    今日はもう疲れたので寝ます。


ではでは。


619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 01:14:55 ID:WEdTTzJP
                           ,,,,,,_
                     ,,,,,iiiilllllllllllllliii,,,,
          ,,,,,_   .,,,,,,,,,,iiiiiiillllllllllllllllllllllllllllllllllll丶
          ゙llllllllliiillllllllllllllllllllllll!!!!llllllllllllllllllllllll!!゙
           ゙!llllllllllllllllllll!!!゙゙゙° ,,illllllllllllllllllll!゙゜
              ゙!lllllll!!l゙゙’   .,,illlllllllllllllll!!゙゜
             ^     .,,illllllllllllllll!!゙゜
                  ,,illlllllllllllll!゙°
                 ,,illlllllllllll!l゙゜
                  ,,illllllllllll!l゙゜
                 ,,illllllllll!!゙゜.
                ,,illllllllll!゙゜            liiii,,
             ,,illllllll!゙゜                'llllllli,,
            ,,illllllll!゙                  lllllllllli,,
           ,illlllllll゙                  ,lllllllllllllii,
           llllllllllli,_             ,,,,illlllllllllllllllli,
           !llllllllllllllliiiiiiiiiiiii,,,,,,,,,,,,,,,iiiiiiiiiiiiiillllllllllllllllllllllllllllll
            ゙゙!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
              ゙゙゙゙!!!!!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!l゙゙゙゜
                    ̄”””””” ̄ ̄


620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 20:26:34 ID:vXrSehHm
なんだあれだな、皆乙!

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 21:25:11 ID:QapCzFdz
固定書き手は四人
まとめサイトは充実
住民の存在多数
新作も約月二のペースで投下
交流所での注目度は高い

なんだ、こう考えるとうちってまだまだ捨てたもんじゃないんだな

622 : ◆AAxoi1ysvg :2007/05/22(火) 21:57:10 ID:zozB0cfm
修正版の投下。
あと、御子柴・伊織・春子のSSは破棄にしてください。

623 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 21:58:24 ID:zozB0cfm
「さあ、油断せずに行こう」

 手塚国光はテニスラケットではなく、コルト・アナコンダを片手に呟いた。
 手塚の最終目的は、自分を含む青学テニス部員全員がこの島を生きて抜け出すことである。
 そのためになすべきことは以下に挙げる三つだ。一つ一つ確認しよう。

  1.危険人物の排除
  2.部員全員の安全確保
  3.殺し合いルールの破壊

 まず、『危険人物の排除』。
 これに関しては、既に力を手に入れたので特に問題はない。
 心配事と言えば、素人の腕で拳銃を操っても抵抗する相手には心許ない、という点だが、
そんな事は実際の場面に立ちあってから考えればよい。

 次の『部員全員の安全確保』。
 最も重要な問題と言えるが、今やれることは当人たちの捜索以外にない。
 詰まる所、手塚に出来ることは島中を歩き回るだけである。

 最後に『殺し合いルールの破壊』。
 これは知識のない自分がいくら考えた所で無駄だろう。
 このルールの根幹は首輪であり、首輪を外す手段を見つけない事にはいくら考えても無駄だ。

 以上をまとめると、手塚に出来ることは周囲の散策のみとなる。
 そんな彼が平瀬村に来たとき、一軒の家から少年の叫び声が聞こえてきた。



624 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 21:59:10 ID:zozB0cfm

「だから、こんな手は有り得ないんだ! 実際、ノビからノゾキのコンビネーション君は打つ手に困っただろう」
「いや……そんな事言われても、俺素人だし……」
「そんな事はもう分かってる。だから、僕が教えてるんだ。まじめに聞け」

 一体、何をやっているんだろう。
 殺し合いが行われている島で、二人の男たちが言い争っている。
 内容は決して命のやり取りに関するものではない。場違い、という言葉がピタリとはまる。

「全く、こんな腕でよくタイトルを取るなどと……」
「だからその事はもう謝ったじゃねーか」
「いやしかし、素人とは言え、中には進藤のような奴もいる。だから侮れない」
「お前、俺の話聞いてる?」
「今日は徹夜で特訓だな」
「聞いてねぇーー!!」

 二人の声は外に丸聞こえである。こいつらは『首輪外し』に使えない。素人の手塚にもハッキリと分かった。
彼らと一緒にいても、自分の目的は成すことができない。それどころか、彼らはある意味で危険人物と言える。
周囲を見ずに、大声を上げて自分たちの位置を知らせる。こんな事をしていたら、間違いなく危険人物を呼び寄せる。
二人仲良く(?)家の中で遊んでいるのだから、殺し合いには乗っていないだろう。
が、視点を変えれば下手な殺人鬼より一層危ない存在だ。
 目的のためには無視に限る。だから、手塚は彼らの声を聞かなかったことにして立ち去る。

 しかし──

「そこの糞眼鏡(ファッキンメガネ)、銃を置いてこっちに来な」

それを遮る背後からの声。家の中に意識が集中したために気づかなかったのだ。

625 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:00:14 ID:zozB0cfm

〜・〜・〜

「俺たちは敵を倒しに来たんじゃねぇ。殺しに来たんだ」

 この言葉は泥門デビルバッツが試合直前にかける気合の言葉だ。
 だが、その司令塔蛭魔妖一が殺したのは、皮肉にも敵ではなく味方のエース小早川瀬那。

「悪魔らしいっちゃ、らしいわな……」

 後輩の骸を人目につかない木陰に隠し、蛭魔妖一は道を歩いていく。
 特に目的はない。否、目的を考える思考力がない。
 自分が人の死ぐらいで落ち込んでいる。そんな馬鹿な……
と思ったりもするが、やはり人間の命は何よりも重たかったと言うことか。

「いや、違う。クリスマスボウルへの夢が終わったからだ」

 敢えて思考と逆の言葉を口にして見る。
 アメフトの試合に勝つため、蛭魔はいつも自分を偽り続けてきた。
演技を繰り返し、最強の策士を演出し続けてきた。
一人の後輩が死んだからと言って、その事に変化はない。
 しかし……

「でも、アイツは死ななきゃならねーガキじゃなかった……」

 僅かながら蛭魔という男に変化が起こっている。
 瀬那の死を悲しむという当たり前の行動を、この男が取り始めている。
それは、周囲に人がいないことも理由の一つだろう。周りに誰か居たら、彼は冷酷な司令塔を演じなければならない。
だから誰も居ない現状だと、本来の自分を取り戻せるのだ。

「瀬那……お前のために、俺は何をしたらいいんだ」

 糞チビではなく瀬那。
 死人に糞チビなどと言うのは、やはり躊躇われる。

「お前が、アメフトで遣り残した事って何だっけか……」


626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 22:01:15 ID:KvtGs9fr
 

627 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:01:58 ID:zozB0cfm

 蛭魔は記憶の糸を手繰り寄せる。小早川瀬那という少年が、アメフトに寄せた思いは何だったか。
パシリな小市民が光速の足一つで英雄になれたから、アメフトにのめり込んだのか。いや違う。
小早川瀬那という少年は、一人の超人に立ち向かうため、アメフトの世界に入り込んできたのだ。
 もちろん、最初にアメフトをやったのは自分の命令だったから。
 半ば強制的に試合に参加させたことは覚えている。しかし、人間の域を超えた男進清十郎と出会い、
瀬那は変わった。自主的にアメフトに取り組むようになった。

「アイツに勝ちてーんだよな」

 勝ちたいと思った男、瀬那は既に死んだ。
 しかし、瀬那の意思はまだ生き続けている。

「なら、俺が勝たせてやるよ」

 自然に口からこぼれた言葉が、蛭魔妖一の行動指針になった。
 それは殺し合いで勝ち残るでもなく、この島を脱出するでもない。単純に後輩の遺志を継ぐというもの。


628 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:03:06 ID:zozB0cfm
〜・〜・〜

 呟きながら歩いて、蛭魔妖一は平瀬村に着いた。
 他所事を考えながら歩いていたことに、少し不安を覚える。
 目的を持って村に来たのならいいが、実のところ単に歩いたら村についてしまっただけ。
こんな状況だと、殺人鬼のいい的だろう。それほどに、今の蛭魔は思考力が低下していた。

「っち、いつまでセンチになってやがる」

 既に弔いは済ませた。遺志を継ぐとも決めた。これ以上、引き摺っていて得るものがあるか。
 冷酷な気持ちの切り替えは得意分野だろう。

「落ち着け……落ち着いて、目的のために必要なことを考えろ」

 冷酷になるのは慣れているはずだ。目的のためなら、どんな手段も取れるはず。
 だから、考えろ。

 しかし、そんな蛭魔の心とは裏腹に、彼の頭脳は何の回答も返さないままだ。


「よし、この家なら碁盤があるだろうな」

 思考の麻痺に陥っている蛭魔に少年の声が聞こえてくる。

「逃げるなよ、今から打とう」

 少年は、蛭魔など目にも入らないと言ったふうに無視して民家の中へと入っていく。
 厳つい顔をした角刈りの男も、少年に続いていった。

「っち、なんだ今のは……」

 訳が分からない。碁盤? 打つ? 何のことだ。
 ただでさえ進まない思考が寸断されてしまったではないか。

 っち、と再び舌打ちしながら蛭魔はその場にしゃがみ込む。


629 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:03:49 ID:zozB0cfm

「落ち着け、落ち着くんだ……」

 何度も自分に言い聞かせる。少しずつ、気づいてきた。
 今の自分は瀬那の死で動揺している。普段の冷静な思考力や頭脳は存在していない。
 だからまず、座って落ち着け。
 自分のスタートラインはそこにある。

 そして蛭魔は考えるのをやめ、しばし気を落ち着かせることにした。



630 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:04:51 ID:zozB0cfm

 〜・〜・〜・〜・〜  数分後  〜・〜・〜・〜・〜

「なんだ、その指は! 石の持ち方も知らないのか!!」

 激昂した少年の声が聞こえてくる。
 深夜。人気のない過疎の村の中と言うのに、非常識なほど甲高い声。

「大体、初手天元とは何のつもりだ! 僕を馬鹿にしているのか!!」

 この声を聞いて、蛭魔は自嘲気味に笑う。
 ガラにもなくセンチな気分に浸っているときに、真夜中の雑音とは、よっぽど日頃の行いが悪いのか。
 確かに……そうかもな。と、一瞬納得してしまう。

「だがな、悪魔は神に祈らねぇ」

 けれど、日頃の行いが悪いと言って、どうなんだ。
 それで反省するのは、信心深い聖人たちであって、蛭魔ではない。
 悪魔、という言葉を口にして蛭魔は少しずつ『らしさ』を取り戻していく。

「本当に素人なのか?」

 雑音を聞きながら、クルクルと44マグナムを回す。
 そうだ、自分は気を落ち着かせるとき、いつもこの動作をしていた。

「素人の人間が、プロの高みを侮辱したと言うのか!!」

 雑音はより激しさを増していく。それに反して、蛭魔の心は少しずつ落ち着きを取り戻していく。

(素人の集団がプロを侮辱する? 上等だ)

 奇策を弄する醍醐味は、そこにこそある。



631 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:05:43 ID:zozB0cfm

「辛酸、苦痛、果ては絶望までその身に刻み、なおプロの高みに届かなかったものもいると言うのに……」

 聞こえてくる雑音に、蛭魔は自分の考えを照らし合わせていく。

「だから、どうした?」

 努力ました。苦痛を味わいました。
 そんなもの、結果が伴わなければ何の意味もない。
 努力自慢がアメフトの結果に影響するとでもいうつもりか。結果が、実力が全ての世界だ。

「君は、プロの全員を侮辱した!」

 負け犬の遠吠えにしか聞こえない、と蛭魔は思うと同時に、少しずつ自分の思考力が戻ってきていることを実感した。

「瀬那、お前の出来なかった事、俺がやってやる。打倒進、その夢を継いでやろうじゃねぇか」

 思考力は、まだ完全によみがえっていない。
 けれど、少しの切欠で僅かながら自分を取り戻せた。
 今はこれで十分だ。



632 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:06:33 ID:zozB0cfm
 蛭魔は手始めに、自分の様子を確認する。
 彼を知り己を知れば百戦して危うからずという、まずは、自分を知ることだ。
 服装、支給品、島での位置等々。知らなければならない事は山ほどある。

 支給品のひとつは44マグナム。それはもう確認した。
 他にはサバイバルのための地図、コンパスなど。他愛もない道具と、食料四日分。そして、瀬那の支給品。
 全ての道具を確認し終え、次にすべきことは服装の確認。
 殺し合いの舞台とはいえ、ここは人々が交わる交流の場。
 交流の形が、雑談やアメフト、殺し合いと姿を変えても、容姿が重要であることに違いはない。
 と、ここで蛭魔は初めて重要な問題に気づく。

「返り血が付いてやがる」

 この島は今、殺し合いの舞台になっている。
 返り血を浴びた服を着ていれば、どんな言い訳をしていても必ず疑われる。
 何をするにせよ、不利な服装であることは間違いない。
 瀬那の服を借りるか?
 馬鹿な。既に埋葬した体から服を剥いでも同じことだ。土と血に汚れた服が掘り起こされるだけで結果は改善しない。
それ以前に、仲間の服を着て生き延びようなどと考えるのはいくらなんでも悪魔過ぎる。
 さりとて。他の服を探してくるのも難しい。
 恐らくあの教師たちは、自分たち参加者が返り血を浴びた服を着る事態を想定しているはずだ。
 とすれば、この島に代わりの服は用意されていない。
 なぜならば、この服は殺し合いの火種に十分な効果を持っているからだ。

「厄介だな……」

 服を脱いだところで、疑いを完全に払拭することは出来ないだろう。とすれば、取れる手段はいくらもない。
 まずは、他の参加者から服を戴こう。蛭魔はそう考えた。
 そのための妙案は……


633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 22:06:33 ID:KvtGs9fr
 

634 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:07:28 ID:zozB0cfm

「君が素人なのは良く分かった。だが、今日は特別に僕が教えてやろう」

 近くの家から聞こえてくる雑音が蛭魔にヒントを与える。

「あるじゃねぇーか、すぐ近くによ」

 側から聞こえてくる雑音。
 これを利用しない手はない。
 大声で叫んでいる少年が部屋の中にいる。この奇怪な事実は、誰の耳にも止まるだろう。
恐らく、殆どの人間がこの側を通りかかったとき、意識を奪われるに違いない。
 それがチャンス。
 意識を奪われた人間から、衣服を奪い取る。
 スタートはそこからだ。


635 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:08:18 ID:zozB0cfm
 〜・〜・〜・〜・〜

 そして、一時間ほど経ち。
 一人の男が現れる。長身痩躯の肉体に、鋼のような筋肉を纏った眼鏡の男。
 ぱっと見た限り自分との身長差などは分からないが、体型は似ている。
 決めた。この男だ。コイツの服をいただく。

 蛭魔は足音を消して、彼に近づく。
 彼は家の雑音に意識を取られて蛭魔に気づかない。
 そして、蛭魔は背後から男に声をかけた。

「そこの糞眼鏡、銃を置いてこっちに来な」



636 :悪魔の復活:2007/05/22(火) 22:09:13 ID:zozB0cfm
【F-1 平瀬村民家側 午前5時ごろ】
【男子30番 蛭魔妖一@アイシールド21】
状態:瀬那の死を若干、引き摺っている。
装備:44マグナム(残段1)@こち亀
道具:支給品一式/弾丸5発、瀬那の支給品一式、不明支給品一つ(本人は確認済み)
思考:1.少し立ち直ったが、まだ複雑な思考は出来ない。
    2.目の前の男から服をいただく。それ以外は考えきれていない。
注意:この島に衣服がないと推測していますが、正しい保証はありません。
   島に主催者が服を置いている可能性はあります。


【男子22番 手塚国光@テニスの王子様】
状態:健康
装備:コルトアナコンダ(弾数6/予備弾24)@CITY HUNTER
道具:支給品一式
思考:1.越前、菊丸、竜崎を捜し出し脱出する
    2.1の目的達成のためには殺人も厭わない
    3.後ろから聞こえてくる声に対処する。


【F-1 平瀬村民家 午前5時ごろ】
【男子24番   塔矢アキラ@ヒカルの碁】
状態:健康、激しい怒り
装備:日本刀
道具:支給品一式、支給アイテム(未確認)
思考:1.素人の平塚に囲碁を教える。


【男子29番   平塚平@ルーキーズ】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式
思考:1.いや、もう囲碁はいい。

637 : ◆AAxoi1ysvg :2007/05/22(火) 22:09:53 ID:zozB0cfm
投下終わりです。
支援ありがとうございました。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 22:17:16 ID:KvtGs9fr
修正乙です

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 23:02:36 ID:WEdTTzJP
                           ,,,,,,_
                     ,,,,,iiiilllllllllllllliii,,,,
          ,,,,,_   .,,,,,,,,,,iiiiiiillllllllllllllllllllllllllllllllllll丶
          ゙llllllllliiillllllllllllllllllllllll!!!!llllllllllllllllllllllll!!゙
           ゙!llllllllllllllllllll!!!゙゙゙° ,,illllllllllllllllllll!゙゜
              ゙!lllllll!!l゙゙’   .,,illlllllllllllllll!!゙゜
             ^     .,,illllllllllllllll!!゙゜
                  ,,illlllllllllllll!゙°
                 ,,illlllllllllll!l゙゜
                  ,,illllllllllll!l゙゜
                 ,,illllllllll!!゙゜.
                ,,illllllllll!゙゜            liiii,,
             ,,illllllll!゙゜                'llllllli,,
            ,,illllllll!゙                  lllllllllli,,
           ,illlllllll゙                  ,lllllllllllllii,
           llllllllllli,_             ,,,,illlllllllllllllllli,
           !llllllllllllllliiiiiiiiiiiii,,,,,,,,,,,,,,,iiiiiiiiiiiiiillllllllllllllllllllllllllllll
            ゙゙!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
              ゙゙゙゙!!!!!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!l゙゙゙゜
                    ̄”””””” ̄ ̄

640 : ◆7NffU3G94s :2007/05/23(水) 10:58:03 ID:MeIJDXnD
どうもです。
新しくいただいた訂正の件でのお返事と、自分の中で沸いた疑問点について書かせてください。

・モスバーグはショットガン
ショットガンは\(^o^)/ポケットに入らない。
ポンプアクションについてのアクション含め訂正します、詰めが甘くすみませんでした。

・魚住の死体を埋めるというシーンについて
手を組ませて終わりのつもりだったのですが、埋めた方がいいのでしたら直します。
つかさの支給品が不明だったのでそれをスコップなどにすれば対応は出来ますけど・・・タイミング的な面も含めご都合主義っぽく見えてしまうのが難でしょうか。
それでもよろしければ追記します、ご意見いただければと思います。

・川島の口調について
>>579にて「○○じゃ」ってのは広島っつーか竹原語だから違うとの指摘を頂いたのですが、
コミックスで確認しましたら「誰に物頼んどんじゃボケェッ!!」「お前ら皆殺しじゃ!!」「信頼なんかクソなんじゃ」など語尾に「じゃ」をつけているシーンも見つけられました。
これは、怒った時だけ「じゃ」はつけるものってことなんでしょうか?
方言にうといもので申し訳ない。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 11:53:51 ID:y5nE6NF+
方言は難しいよな
大きく関西弁とくくっても細かく見ればそれこそ何十と分かれるわけで
それっぽく喋らせとけばあんま気にしなくていいと思うが

埋葬は無理にさせなくていいでしょ
どうしても外せないことなら描写しないと辻妻が合わないが、そうでないのなら放置しとけばそれで良い
限られた支給品を埋葬の為にスコップにするのはもったいないし

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 16:31:38 ID:zjN8/Lqt

        ζ
     / ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ⌒   ⌒\
   /    ・    ・ |
   |(6     つ    |
   |    三 | 三   |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |    \_|_/  | <  そこで方言コンバータの出番ですよ
    \    \__ノ  /  \__________
   / \ ___/\
  │ ∴∵━━○━∴│      ____
───────────── /∵∴∵∴\────
                   /∵∴/∴∵\\
    _。_    旦~       /∵∴< >∴∴.< >|
   c(_ア            |∵∵∵/ ●\∵|
                  |∵∵ /     | |
                  |∵∵ |      | |
                   \∵ |      |/
                    \|



ttp://www.netricoh.com/contents/variety/hougen/

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 16:50:33 ID:y5nE6NF+
AAは容量食うからやめとけ
今は投下スレと分けてないから、場合によっちゃSSが投下される時に次スレまで跨ぐことになる
無駄なことはするな

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 18:32:07 ID:zjN8/Lqt
        __ィィ{{トト、(((iiヽ
         {{(((レレ≧=ト、彡'ト、
           /ゞ((((ソ}}i))))小彡'jト、
        〃三{{≧トリノ'三三ミミ、三ハ
        {{(((ii{彡アj三三ミト、ミミトトハ
        {レソソi}彡ノ!三ミミト、ii川ミミミ{{i
       ,小辷彡ソ三三ミ、ji川川川ミ{{i
      /三{彡リi}三三iノ          ヽ
      {三 {彡'ノ}三三j           i
.      {三{{彡'{三三ノ           |
       アj}小彡トレ'   _      __j
       ∨{{八{{)))  ´   `ヽ  r ´  |
.         ∨{iハjiレ     (テフ‐、:.i  rテフkl
          ヾト、          .::  |   l
          ヾト、        .:.  〉.  ′
           }}ii        ー ´  .′  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           jij l      ‐-_-‐ /  <  容量が足りないなら、新スレを立てれば良いじゃない
         {彡}i  .             /     \____________________
        ,r==}/  \      /
       ///ji/        _`_ ィiハ
      {{Y// 、         八ii
     ノノ/   ヽ         /}}}}
  (((彡'トト、               |}}ハリ

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 19:50:59 ID:Csx8gbD3
だとしても無駄に使うことは無い罠
AA自重しろ

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 19:53:42 ID:bh3jPJhp
ジャガーの行動を見てたら、なぜか跡部様が救出しに島に来るシーンが浮かんだ。
「俺様のヘリに酔いな!」

647 :生存表一覧:2007/05/23(水) 19:55:19 ID:Csx8gbD3
2/3【アイシールド21】●小早川瀬那 /◎蛭魔妖一 /◎滝鈴音
3/4【I''s (アイズ)】○瀬戸一貴 /○葦月伊織 /○磯崎泉 /●寺谷靖雅
3/4【いちご100%】○真中淳平 /○西野つかさ /●外村美鈴 /○南戸唯
3/3【こちら葛飾区亀有公園前派出所】○両津勘吉 /○本田速人 /○ボルボ西郷
4/4【CITY HUNTER】○冴羽リョウ /○槇村香 /○伊集院隼人 /○野上冴子
7/7【SLAM DUNK】○桜木花道 /○流川楓 /○三井寿 /○宮城リョータ /○赤木晴子 /○田岡茂一 /◎魚住純
3/3【DEATH NOTE】○夜神月 /○L /○魅上照
4/4【テニスの王子様】○越前リョーマ /○竜崎桜乃 /○手塚国光 /○菊丸英二
2/3【ヒカルの碁】●進藤ヒカル /○塔矢アキラ /○藤崎あかり
4/4【ピューと吹く!ジャガー】○ジャガージュン市 /○酒留清彦 /○浜渡浩満 /○白川高菜
5/5【BOY】○日々野晴矢 /○一条誠 /○伊部麗子 /○神崎狂 /○山ノ上春香
3/4【Mr.FULLSWING】○猿野天国 /○虎鉄大河 /●清熊もみじ /○御柳芭唐
4/5【ルーキーズ】●安仁屋恵壹 /○御子柴徹 /○新庄慶 /○平塚平 /○八木塔子
5/6【ろくでなしBLUES】○前田太尊 /○七瀬千秋 /○中田小平次 /○中島淳一 /●大場浩人 /○川島清志郎
52/59 (○生存/●死亡)
死亡7

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 20:21:15 ID:bh3jPJhp
ところで、話は全く変わるんだが
主催がどうして、こんなゲームを開催したのかっていう理由を考えてる奴いる?
ろくブルは知らんから、一人の人間は分からんとして、他の二人安西と川藤がこんなゲームを開催する理由が
どうしても思い浮かばんのだが、誰かいい案あるかな?

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 20:23:04 ID:Csx8gbD3
逆に聞いてしまうけど、それ決めなきゃ駄目なとこ?

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 20:38:51 ID:bh3jPJhp
できれば。

主催に合理的な理由がないと、主催側の描写を入れることが難しくなる。
キャラが壊れたまま描写したくはないし、かといって対主催展開に持っていくことを考えると、
主催者側の描写は欠かせない。

今、川藤がどうして自分の主義に反する行動を取ったのか説明するSSを考えているのだが、
理由が全く浮かばない。ヒントでもあれば、それを元にSSを書くんだけど、取っ掛かりすら掴めない状態。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 20:47:28 ID:Csx8gbD3
ううむ、そういうことか・・・
しかし主催者側のことは有耶無耶にしようって最初に決めたんだよなあ
どうやったって3人ともロワなんて開くわけ無いんだからどうしても矛盾が出て来るんだし
矛盾が出るなら触れないようにしようって結論になってるんがが

652 :乙、だがちょい修正:2007/05/23(水) 20:58:49 ID:bh3jPJhp
2/3【アイシールド21】●小早川瀬那 /○蛭魔妖一 /○滝鈴音
3/4【I''s (アイズ)】○瀬戸一貴 /○葦月伊織 /○磯崎泉 /●寺谷靖雅
3/4【いちご100%】○真中淳平 /○西野つかさ /●外村美鈴 /○南戸唯
3/3【こちら葛飾区亀有公園前派出所】○両津勘吉 /○本田速人 /○ボルボ西郷
4/4【CITY HUNTER】○冴羽リョウ /○槇村香 /○伊集院隼人 /○野上冴子
6/7【SLAM DUNK】○桜木花道 /○流川楓 /○三井寿 /○宮城リョータ /○赤木晴子 /○田岡茂一 /●魚住純
3/3【DEATH NOTE】○夜神月 /○L /○魅上照
4/4【テニスの王子様】○越前リョーマ /○竜崎桜乃 /○手塚国光 /○菊丸英二
2/3【ヒカルの碁】●進藤ヒカル /○塔矢アキラ /○藤崎あかり
4/4【ピューと吹く!ジャガー】○ジャガージュン市 /○酒留清彦 /○浜渡浩満 /○白川高菜
5/5【BOY】○日々野晴矢 /○一条誠 /○伊部麗子 /○神崎狂 /○山ノ上春香
3/4【Mr.FULLSWING】○猿野天国 /○虎鉄大河 /●清熊もみじ /○御柳芭唐
4/5【ルーキーズ】●安仁屋恵壹 /○御子柴徹 /○新庄慶 /○平塚平 /○八木塔子
5/6【ろくでなしBLUES】○前田太尊 /○七瀬千秋 /○中田小平次 /○中島淳一 /●大場浩人 /○川島清志郎
52/59 (○生存/●死亡)
死亡7


653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:00:16 ID:y5nE6NF+
>>650
書き手さんか
誰?もしかして新規さんとかかい?

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:01:15 ID:bh3jPJhp
>>651
なんか、そういうの多いよな……でも、それがこのロワの一番悪い所だと思うんだが。
デスノ問題は7N兄貴が片付けてくれたし、そっちも何とかできないかって思う。

なんか、書く範囲を狭められてるような気がして自由にかけない気がするんだよね。




とてつもない思いつきだけど、なんかの薬物使って人格崩壊してた見たいなのは駄目なのかな……
いや、駄目だな……

655 :おっとスマネ、だがちょい修正:2007/05/23(水) 21:02:48 ID:Csx8gbD3
2/3【アイシールド21】●小早川瀬那 /○蛭魔妖一 /○滝鈴音
3/4【I''s (アイズ)】○瀬戸一貴 /○葦月伊織 /○磯崎泉 /●寺谷靖雅
3/4【いちご100%】○真中淳平 /○西野つかさ /●外村美鈴 /○南戸唯
3/3【こちら葛飾区亀有公園前派出所】○両津勘吉 /○本田速人 /○ボルボ西郷
4/4【CITY HUNTER】○冴羽リョウ /○槇村香 /○伊集院隼人 /○野上冴子
6/7【SLAM DUNK】○桜木花道 /○流川楓 /○三井寿 /○宮城リョータ /○赤木晴子 /○田岡茂一 /●魚住純
3/3【DEATH NOTE】○夜神月 /○L /○魅上照
4/4【テニスの王子様】○越前リョーマ /○竜崎桜乃 /○手塚国光 /○菊丸英二
2/3【ヒカルの碁】●進藤ヒカル /○塔矢アキラ /○藤崎あかり
4/4【ピューと吹く!ジャガー】○ジャガージュン市 /○酒留清彦 /○浜渡浩満 /○白川高菜
5/5【BOY】○日々野晴矢 /○一条誠 /○伊部麗子 /○神崎狂 /○山ノ上春香
3/4【Mr.FULLSWING】○猿野天国 /○虎鉄大河 /●清熊もみじ /○御柳芭唐
4/5【ルーキーズ】●安仁屋恵壹 /○御子柴徹 /○新庄慶 /○平塚平 /○八木塔子
5/6【ろくでなしBLUES】○前田太尊 /○七瀬千秋 /○中田小平次 /○中島淳一 /●大場浩人 /○川島清志郎
51/59 (○生存/●死亡)
死亡8

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:04:50 ID:Csx8gbD3
>>654
そうかもしれん
もし上手い解決法があれば好きなようにやってもいいと思うけど

まあその解決法があったら最初から有耶無耶にしようって話にはならなかったんだけどさ・・・

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:07:56 ID:y5nE6NF+
更なる黒幕を出すしか解決策はないかと

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:08:08 ID:zjN8/Lqt
>>654
是非とも「つよしスペシャル」を使いたいということか……

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:08:47 ID:bh3jPJhp
>>653
スマンが、一度こういうしゃべりをした後には聞かないで欲しい……
書き手口調で丁寧な喋りをしていた後なら、聞かれても答えたんだけど、悪いね。


>>656
なんかヒントになることでも無いかねぇ……

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:10:08 ID:bh3jPJhp
更なる黒幕を出すとしたら、相応しいのはCHからユニオン・テオーペとかそこら辺か……

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:11:36 ID:Csx8gbD3
>>659
>>657の黒幕案を採って、洗脳されたか主義を変えたかにする

それくらいしか思いつかん

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:12:23 ID:zjN8/Lqt
デスノの死神:暇つぶし
ジャガーさん:先生達が顔をバリっと剥がすとジャガーその他

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:17:06 ID:bh3jPJhp
あぁ、そう言えばデスノって死の前の20日間は自由に操れるんだっけか……

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:20:20 ID:zjN8/Lqt
縛りが色々あるから、微妙っぽいけどな

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:21:20 ID:bh3jPJhp
だが、まぁともかく
>>640 乙だ。


とりあえず、個人的意見として。
死体埋める云々は、別に描写無しでも構わないと思う。埋めようが埋めまいが、どっちでもいい。
どうしても気になるなら状態欄にでも「次の書き手さんに任せます」って書いておけ。


方言に関しては、ろくブル知らんのでなんとも言えん。
ただ、一匹狼の部分が要修正って言われてなかったっけ? いや、これも同じ理由でよく知らんのだけど。


666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:23:19 ID:y5nE6NF+
問題点として、せっかくこれまで一般人のスタンスを崩さないで来たのに、死神を主催の中心に置くことで一般人というコンセプトを根底から覆されるってのがある

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 21:34:28 ID:bh3jPJhp
>>664
参加者がデスノ持ってると縛りが必要だけど、主催者が持ってる分には縛りいらんだろ。

>>666
まぁ、そうなんだが……

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 22:12:22 ID:zjN8/Lqt
>>667
違う違う、デスノートもルールで縛りがあるから
「自由に操れる」といっても微妙っぽいってこと

669 : ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/24(木) 02:25:00 ID:3N2VfGIw
手塚、蛭魔、平塚、塔矢を予約します。

後、一条・菊丸・唯SSの時間については特に意図はなかったので、都合のいいように変えて頂いて構いません。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 08:28:03 ID:/m27gYYx
予約来たよ。
頑張ってね

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 10:54:36 ID:YLJ3Zjfn
テニヌの人久しぶりだな
楽しみにしてるよ

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 19:14:15 ID:BNchB1en
>>669
非常に期待してるんだが、でもそれって即リレーってことなんじゃ?
せめて間に2,3作挟んでからでも遅くないと思うけど

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 19:19:07 ID:8ChEF6N5
ネタが思いついたうちに繋げられた方が、勢いも出るだろうしいいんじゃない?
スローペースな状態だし、そんなとこつっこまなくとも・・・と思うが。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 19:25:01 ID:BNchB1en
ん〜まあそれもそうか

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 20:03:20 ID:eer/fxxv
>>669
乙。期待してるよ。焦らず頑張ってくれや

>>672
2,3作挟めってのは、このロワにとって2,3ヶ月挟めって事と同義だぞ。




でも最近気づいたんだが、ここが過疎ロワだったのは昔の話だな。
固定書き手が5人もいて、レベルも高い。おまけに、勢い値は板内でトップ5に入るほど。
これほどの隆盛を誇るロワは他にあるまい。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 20:15:18 ID:BNchB1en
それは言い過ぎだろw
過疎板で勢い値がトップ5でも隆盛と呼ぶにはおこがましい

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 20:26:20 ID:hIza+X4n
盾「2,3作挟めってのは、このロワにとって2,3ヶ月挟めって事と同義だぞ。 」




でも最近気づいたんだが、ここが過疎ロワだったのは昔の話だな。
固定書き手が5人もいて、レベルも高い。おまけに、勢い値は板内でトップ5に入るほど。
これほどの隆盛を誇るロワは他にあるまい。
                             矛

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 13:58:19 ID:Wgq1N3hI
>>677

「 うちゅうの ほうそくが みだれる!! 」

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 20:01:30 ID:8EK71+vp
今書き手紹介見てきたら、トリップ変えて6作も投下してた……
意外に結構頑張ってたんだな俺……没入れれば9作か。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 20:02:03 ID:5ecBUfrM
どなたでしょ?

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 20:20:18 ID:DwrZoace
.          r'ニ;v'ニ;、
            _,!_(9i (9i:、
        /  `ヽ,. ┘ヽ
.        i ′′       }
          l、      、   ,!
         ヽ.____,ノ` ,∠!
             `ーァ ヘ>
               i′  ヾZ___/`i
               |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
              l、 |  |,.、ヾ二_)|
             l ヽ.ヽ、`,!   _,ノ
             `ーヘ,.二i、  〈




         l⌒Y ⌒ \
         |( ─)( ●)ヽ
         /:⌒`´⌒::::::: \  でっていう
        |-)___,(-、  |
        | l  ー     l |
         \         /
                ァ ヘ>
               i′  ヾZ___/`i
               |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
              l、 |  |,.、ヾ二_)|
             l ヽ.ヽ、`,!   _,ノ
             `ーヘ,.二i、  〈

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 20:26:18 ID:5ecBUfrM
>>681みたいなのはスルーしてこう

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 20:53:29 ID:DwrZoace
.          r'ニ;v'ニ;、
            _,!_(9i (9i:、
        /  `ヽ,. ┘ヽ
.        i ′′       }
          l、      、   ,!
         ヽ.____,ノ` ,∠!
             `ーァ ヘ>
               i′  ヾZ___/`i
               |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
              l、 |  |,.、ヾ二_)|
             l ヽ.ヽ、`,!   _,ノ
             `ーヘ,.二i、  〈




         l⌒Y ⌒ \
         |( ─)( ●)ヽ
         /:⌒`´⌒::::::: \  でっていう
        |-)___,(-、  |
        | l  ー     l |
         \         /
                ァ ヘ>
               i′  ヾZ___/`i
               |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
              l、 |  |,.、ヾ二_)|
             l ヽ.ヽ、`,!   _,ノ
             `ーヘ,.二i、  〈

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 21:30:03 ID:DwrZoace
.          r'ニ;v'ニ;、
            _,!_(9i (9i:、
        /  `ヽ,. ┘ヽ
.        i ′′       }
          l、      、   ,!
         ヽ.____,ノ` ,∠!
             `ーァ ヘ>
               i′  ヾZ___/`i
               |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
              l、 |  |,.、ヾ二_)|
             l ヽ.ヽ、`,!   _,ノ
             `ーヘ,.二i、  〈




         l⌒Y ⌒ \
         |( ─)( ●)ヽ
         /:⌒`´⌒::::::: \  でっていう
        |-)___,(-、  |
        | l  ー     l |
         \         /
                ァ ヘ>
               i′  ヾZ___/`i
               |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
              l、 |  |,.、ヾ二_)|
             l ヽ.ヽ、`,!   _,ノ
             `ーヘ,.二i、  〈

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 22:20:18 ID:Gn3OPNP5
しかし動かされないキャラはとことん動かされないな
やっぱリレーしやすいしにくいってのがあるのかね?
なるべくならまんべんなく使っていって欲しいけど
冴羽とか神崎とかの活躍をもっと見たいと願う俺無責任な奴

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 22:21:37 ID:8tdhPScO
自分で書くという手段がある。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 22:38:48 ID:lokSePMO
>>685
動かされないキャラって例えば?

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 23:42:16 ID:5bRMCrjb
ボルボや真中周辺とか。
殺し合いに乗ってない、けど対主催という訳でもないキャラが集まっちゃってると安易に合流させてもつまらないしどう料理すればいいか悩むな

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 00:08:01 ID:ppYSgMvU
名古屋市の無職の男 高校に忍び込み、女子更衣室で数人分の下着を盗む
24日午前1時10分ごろ、名古屋市内の高校に男が侵入、パトロール中の警察官に、建造物侵入の疑いで逮捕された。
逮捕されたのは、名古屋市の無職 竹石圭佑(20)容疑者。
発見当時、竹石容疑者は女子更衣室で盗んだとみられる下着数人分を所持していて、
調べに対し、窃盗目的で侵入したことをほのめかしているという。
警察は、窃盗容疑でも調べを進め、余罪についても追求している。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 00:30:37 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 02:41:38 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 02:46:14 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 02:52:30 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 02:55:00 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 02:56:11 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:02:53 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:05:06 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:09:21 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:11:13 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:12:52 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:16:08 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:18:14 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:21:36 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:24:15 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 03:25:45 ID:gmx4RMcU
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫


冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫
冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫冨樫

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 08:04:30 ID:HWKc1s07
>>687
一回登場っきりのキャラとか
冴羽、冴子、流川、日々野、神崎、新庄なんかは主役級もいるんだからもっと活躍しても良さそうなんだが
アイズ勢やろくブル勢はモブみたいなもんだが、これももっと出てきて引っ掻き回してくれと思う

けど贅沢言っちゃいかんな
活気付いてくると人間欲が出てしまうものだが

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 08:43:20 ID:Vu/h+yP9
冴羽はここのロワじゃ活かすの難しいんだろうな
でも1stで呆気なく瞬殺されたから出したようなもんだし、もっと出てきてくれって感じだな
誰か書けないのかねえ?
Sz神なら書けるんだろうけど忙しいらしいからなあ
ここらでCHやろくブル書ける新規の人が流入してきてくれたら最高なんだけどな
そう都合よくは行かないかw

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 10:45:54 ID:2ecmp0Ua
お前ら高望みしすぎ
数ヶ月前と比べて断然環境が良くなったからって調子に乗っちゃ駄目だ
質素に謙虚に慎ましくやろうぜ

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 11:02:49 ID:CsU8PeUl
>>706
日比野、神崎あたりは驚き役がいてこそ魅力が引き立つキャラだから意外と動かしづらいんだよな
CH勢はやっぱりどれだけ制限するかで迷って手を出しづらい感じ
残りは組んだ相手が書きづらいってとこか?

まぁ、謙虚に慎ましく待ってればそのうち神々現れるさ

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 21:49:40 ID:CM0TqFZE
6月中には一作投下したいと思っていますが、それはそれで置いといて
今投下待ちの二人(一人は修正)がどうなるか、様子を見てから新作作る予定。

それから、誰か恋愛ネタを書いてくれる人は居ませんか?
一般人の心理戦って言ったら男女の絡みは必要不可欠だと思うので……

あと、催促するようで申し訳ないのですが
>>640
投下は何時頃になりそうでしょうか?

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:01:06 ID:j+FRLL/4
恋愛ネタは不可欠じゃないと思うがねえ
むしろそれをやったら荒れる元を作ることにだってなりかねないけど
どういう必要性があるのか、ちょっと聞かせてもらいたい
新作は楽しみに待ってます

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:24:11 ID:2ecmp0Ua
仮にやるとして、フラグ立ちそうなのって誰だ?
今んとこいなくねえ?

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:34:14 ID:j+FRLL/4
男女ペアで言えば
高菜とハマー、リョウと春香、冴子と一貴、ピヨ彦と鈴音、海坊主と桜乃、流川と泉、新庄と塔子だな

やべえ、誰か海坊主と桜乃の恋愛フラグ建ててくれw

714 : ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/26(土) 23:34:52 ID:cET5Zcxk
投下します。

715 :悪魔vs眼鏡 ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/26(土) 23:35:46 ID:cET5Zcxk
「そこの糞眼鏡(ファッキンメガネ)、銃を置いてこっちに来な」

突如背後から突きつけられた声。
ピクリ、と眉をあげ思わず呼吸を止めた手塚は、とっさに振り返ろうとした。だが。
「動くんじゃねぇ」
首筋に硬い何かをつっかけられ、その行動を阻まれてしまう。
こっちに来いと言った筈なのに次には「動くな」と言うのはどういうことだろうか。
いや、それよりもいつのまにこんなに近づかれたのだろう。
油断をしていたつもりはない。
いや、家屋の中から今も流れ続けている声に気をとられ集中力を欠いたのは確かだ。
それはつまり油断に他ならないのではないか。
どんな形であれ今が試合中である以上、一分一秒、一瞬が命とりになると言うのにこんなことでは全国をこの手にすることなどできはしない。
いささか明後日な方向へ思考を流す手塚に対し、声をかけた男――――――蛭魔は重ねて命令を下す。
「二度は言わねぇ。銃を置きな」
男の声には震えも怯えもない。
ただ感情を押さえつけているかのように低く威圧的なだけだ。
……この男の目的は何なのだろう。
この殺し合いにのったということなのだろうか。
となると……自分はもしかして、殺されかけているのだろうか。
「…………」
とりあえず今は男の言うとおりに銃を置くしかないだろう。
そう判断し、手塚は上体を屈め地面にコルト・アナコンダを横たえた。
すぐさま男の足が背後から、その銃器を蹴り飛ばす。
手塚はその行方をひっそりと視認し、男の次の行動に身構える。
「服を脱げ」
「…………」
男の次なる命令は、まったくの予想外のものであった。
服。脱ぐ。つまりは……裸になれということなのだろうか。
確かにこの場で衣服を奪われた場合、著しく今後の行動を制限されるであろう。
男の目的はそれなのだろうか。
…………いや。それはおかしい。
自分の行動を制限したところでこの男に何のメリットがあるというか。
もしこの男が殺し合いにのっているのなら、この場この状況で自分をさっさと殺してしまうほうが合理的だ。
それともこの男は殺し合いには乗ってなどいなくて、ただ銃を手にしていた自分を警戒してこのような行動を起こしているのだろうか。
……いや。もしそうならば自分の衣服を要求する意味はない。
状況が状況だ。
この男が殺し合いに乗っていると仮定して考えたほうがいいだろう。
ならば何故、衣服を欲する。
……ダメだ。いくら考えようとも答えは出てこない。
「二度は言わねぇっつってんだろ。さっさとしやがれ」
苛立ちを滲ませた声で男がせかす。
つきつけられている金属物が、更にグッと押し付けられる。
「殺さないのか?」
「うるせぇ」
自分の質問に対する男の答えは、肯定でも否定でもない。
…………もしや。
この男は自分を殺したくとも殺せない、殺す手段を持っていないのではないだろうか。
つまりは……この首に突き当てられている物は殺傷能力のない何かなのではないか。
眉間に皺を寄せた手塚は、ゆっくりと青学レギュラージャージのジッパーを下ろしていく。
酷暑の中でもあまり脱ぐことのない長袖を腕から抜く。
そして。
「こっちに寄越しな」
男の声にしっかりとうなずいた手塚は右手に巻きつけるようにジャージを持ち――――――――――――、そのまま、その手を背後にあった家屋の窓ガラスに叩き付けた。


716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:36:46 ID:j+FRLL/4
4円

717 :悪魔vs眼鏡 ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/26(土) 23:37:01 ID:cET5Zcxk






「なっ……!」
「げぇ?!なんだよこりゃあ?!」
派手な音を立てガラスが飛び散るのに一瞬遅れ、あちこちから声があがる。
蛭魔が引き金を引くのより数秒早く、糞眼鏡が自分の右手首を掴む。
もう片方の腕をも掴まれそうになったのを払いのけ、蛭魔は眼鏡の男と真正面から向かい合う形になった。
自分の右手が持つものを見、糞眼鏡が眉を寄せる。
(チッ……)
苦笑いをしながら蛭魔は心の中で舌打ちをする。
(頭が働かねぇなんて自分を甘やかしてっからこういうことになるんだ)
人の心理の裏を読む奇襲を得意とする自分が、圧倒的有利な状況において奇襲を受けるなどあってはならないことだ。
油断をしたつもりはなかったが……策の練りこみが全く足りなかった。
いや、策なんてもんを持っていなかったのだ。自分ともあろう者が…………!!
試しに右手首を動かそうとしてみるが、糞眼鏡の握力はかなり強い。
鍛え上げられた肉体といいこの握力といい、何かしらのスポーツをやっているとみて間違いないだろう。
歳の頃は……読みづらい。20代にも見えるしもっと上のようにも思える。
いや、糞ジジイの例もある。意外と同じ歳くらいかもしれない。
「殺し合いに乗っているのか」
真っ直ぐに俺を睨む糞眼鏡の声は落ち着いている。
どうやら根性も座っているらしい。
まったくやっかい極まりない。
そしてそれよりもやっかいなのは。
「何やってんだてめぇら!!」
家屋から飛び出してきた男への対処だ。
「何こんな所で男同士で手ぇ握り合ってんだ!!」
男の方からは銃は見えないらしい。
つーか、この男は馬鹿だ。この状況でどうやったらそんな風に見えんだ。
「銃を離せ」
男を無視した糞眼鏡が手に力をこめる。
(絶対絶命ってか)
状況は自分にとってかなり不利だ。
(らしくねぇ!!)
しっかりしろ、と心中で自分の背中に蹴りをいれる。
ふと、なぜかひどく懐かしいフィールドが――――――泥門デビルバッツのメンバーの揃うフィールドが脳裏によみがえり、蛭魔は無意識に口角を上げた。
諦めるつもりなんてねぇよ。
可能性が0.1%でも残ってるんなら、最後の最後まであがくだけだ。
それが――――――それが泥門デビルバッツだ!
(どうする?!どう切り抜ける?)
銃を持つ手は封じられている。
よく知らない人物2人相手に、丸腰で戦うなんて馬鹿な話だ。
ならば口先で丸め込むか。
この返り血のついた服を着たままで?それこそ馬鹿のすることだ。
ならどうするか。
少しずつ動き始めた頭に、無意識に頬が緩む。
比例して眼鏡の男の眉間が険しくなる。
(キックは専門外だが……)
そう。今の泥門デビルバッツには長く不在だった専門家が戻ってきているのだ。
ただぶっ飛ばずだけの自分のキックは今や試合には必要なくっている。
だが、今は。
眼鏡がまた何かを喋ろうと口を開く。
もう一人の男が何かくだらない事を話しながら近づいてくる。
(やるなら……今だ!!)

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:38:06 ID:CM0TqFZE


719 :悪魔vs眼鏡 ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/26(土) 23:38:32 ID:cET5Zcxk
左足に体重を乗せ、右足を渾身の力で振り上げる。
その足が捉えた先には――――――眼鏡の男の股間。
「…………っっ!!」
男なら誰もが一度は経験し、二度と経験したくないその痛みはどうやら十分に糞眼鏡にも効いたようだ。
声もなく崩れ落ちた糞眼鏡の手を振り切り、蛭魔はその場に背を向けて走り出す。
「お、おい?!一体なんなんだよ?!」
もう一人の男が何やら喚き続けているが知ったことじゃねぇ。
結局服を変えることはできなかった。
その上、おそらくあの眼鏡と男に、自分は危険人物だと認識させてしまっている。
状況は悪い。だが。
(逆転するのは……こっからだ!!)
打倒進。
セナの果たせなかった夢を果たすための勝負は始まったばかりだ。
とっさにつかんできた糞眼鏡の荷物と自分の荷物を背負い直し、蛭魔は走り続ける。
その胸に、確かな決意を刻みながら。





「お、おい……」
遠のきかけた意識が、誰かの声で戻り始める。
「だ、大丈夫か?」
先ほどの場面を見ていたせいなのか、家屋から出てきた人物はなぜか自分の股間を押さえながら俺に近づいた。
申し訳ないが、今はまだ声を出せそうにない。
わずかに首を縦に振り答えた手塚に、もう一人の人物の声が聞こえてくる。
「さっさと戻れ!再開するぞ!!」
「……はっ?はあああ?!てめぇ、何言ってんだよ!第一ガラスが降ってきたせいでもうめちゃくちゃになったじゃねぇか」
「君が大げさに驚いて碁盤をひっくり返してしまったからな。だが心配ない、石はもう元通りだ。僕にとってこの一時間の道筋を再現することなんてたやすんだ」
「意味わかんねぇよ!!」
状況のつかめない二人の会話へ意味を求めることを止めた手塚は、視線を銃があるだろう方向へ向ける。
自分の状況に対する認識が甘かった。
理由はあれど殺し合いに乗っている人物がいることを真剣に考え、もっと慎重に行動すべきだったのだ。
今回は偶然助かったからいいようなものの、もし殺されてしまっていたら全国制覇への夢も何もかもが終わってしまうというのに。
殺し合いに乗っている人間がいる。
そしてその人間が凶器を持っている。
そういった人間がいつ、仲間たちに出会うかわからないのだ。
いつ、彼らが殺されるかわからないのだ。
そんなことは許さない。誰一人欠けさせない。
そのためには……自分がやるしかない。
必ず、必ず全員で帰ってみせる。
そして全国大会で頂点に立つのだ。
決意を新たにし、手塚は左手を握り締める。
ただ――――――非常に残念なことに、逸る心に体はついてきそうにない。
もうしばらくは、動けそうにもなかった。



720 :悪魔vs眼鏡 ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/26(土) 23:39:39 ID:cET5Zcxk
【F-1 平瀬村民家側 午前5時ごろ】
【男子30番 蛭魔妖一@アイシールド21】
状態:瀬那の死を若干、引き摺っている。
装備:44マグナム(残段1)@こち亀
道具:支給品一式/弾丸5発、瀬那の支給品一式、不明支給品一つ(本人は確認済み)、手塚の支給品一式
思考:1.セナの遺志を継ぐ
   2.1のためにするべきことを考える
注意:この島に衣服がないと推測していますが、正しい保証はありません。
   島に主催者が服を置いている可能性はあります。


【男子22番 手塚国光@テニスの王子様】
状態:健康、右手に無数の切り傷、しばらく身動きが取れない
装備:なし
道具:なし
思考:1.越前、菊丸、竜崎を捜し出し脱出する
   2.自分と仲間にとって危険な人物は殺すしかない
  


【F-1 平瀬村民家 午前5時ごろ】
【男子24番   塔矢アキラ@ヒカルの碁】
状態:健康、激しい怒り
装備:日本刀
道具:支給品一式、支給アイテム(未確認)
思考:1.再開するぞ!


【男子29番   平塚平@ルーキーズ】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式
思考:1.いや、もう囲碁はいい
   2.眼鏡の男(手塚)に同情


【備考】
1.コルト・アナコンダ(弾数6/予備弾24)@CITY HUNTERは民家の近くの茂みに転がっています。
2.蛭魔の行く先については次の方にまかせます。






721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:40:13 ID:j+FRLL/4
紫煙

722 :悪魔vs眼鏡 ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/26(土) 23:40:50 ID:cET5Zcxk
投下終了です。
短いものに支援ありがとうございました。

後、恋愛ネタって、このロワで出会った別作品のキャラ同士のですか?

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:47:19 ID:CM0TqFZE
GJ
蛭魔が荷物マニアになってるwwww



そして、塔矢……アンタ囲碁のことしか考えてないのかw

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:47:20 ID:j+FRLL/4
>>722
乙乙乙
手塚がキンタマ抑えて悶えてる姿って想像出来ないなw
にしても塔矢空気嫁よw

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:48:12 ID:CM0TqFZE
恋愛ネタに関しては、キャラの行動を動機付けするのに色々役立つかなぁと……
いや、作品については、どんな作品間で恋愛してもいいと思いますが

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:48:28 ID:2ecmp0Ua
ちょ塔矢www
囲碁自重しろよwww

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:49:58 ID:Zn2IS0hp
手塚気の毒w
トウヤ(無理と思うが)空気読めww

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 00:28:01 ID:rt2IS1Sy
駄目だwwwww
もう塔矢優勝でも構わん気がしてきたwww

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 00:37:41 ID:NOroCzkv
最後まで囲碁してて生き残りました、ってかーw

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 00:40:47 ID:JXn5IF8a
塔矢だけ別の次元で生きてるよな
しかしヒカルが死んだってのを次の放送で聞けばどうなるかな















塔矢「進藤……キミが辿り着けなかった神の一手は、ボクが極める!」

とかなりそうな予感……

731 : ◆SzP3LHozsw :2007/05/27(日) 11:46:13 ID:SxAlmk1E
せっかく皆が頑張ってくれて勢いついてきたのに、自分だけ何もしないってのは心苦しいな。
というわけで、一条・菊丸・唯、御子柴を予約です。
投下は明日か明後日ごろになるかと思います。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 13:39:14 ID:fl2/uVBH
マジで復活か?
良い流れになってきたろ

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 14:35:55 ID:rt2IS1Sy
確かに、復活の兆しがあるっぽい。
不安要素があるとしたら、書いてくれている人が4人だけで
新人が来ないっていう点か。


それにAAは漫画ロワでも書いてるっぽいし……
文体はともかく、区切りぐらい変えてくれよって思った。

734 : ◆7NffU3G94s :2007/05/27(日) 14:48:27 ID:r6cXrQey
朝起きたら手塚が大変なことになってて吹いたwww

修正の方ですが無事完了しましたので、今夜にでも避難板に上げさせていただきたいと思います。
また落とす時に書き込ませてください。

あとコテのことですが、俺も掛け持ち中の所と同じものを使っていたので気分害された方がいらっしゃったら申し訳ない。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 14:53:41 ID:rt2IS1Sy
>>734
おっつー

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 15:38:53 ID:7ra5Abb5
>>733
後半は、傲慢というか普通にウザイなw何様?

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 16:14:00 ID:KNEHLvUp
>>731
氏が復活すればここの復活は確定だ
がんばってください

>>734
乙です
修正前のもすごいおもしろくて実はもう3度も読み返してるw
修正版待ってます

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 19:12:05 ID:z+iEwoli
>>731
貴方が神か……

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 19:50:54 ID:z+iEwoli
>>734
アンタにはマジで期待している。面白かったぜ……

後は新人が入れば、完璧に復活だな。
というか、元以上の隆盛を誇れるロワになるわけか。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 20:02:09 ID:PhmUwD2H
いい機会だから普段読み手をしてる人が書き手デビューしてみるとかはどうだろう?

741 :809 ◆Ug/3J6XnyA :2007/05/27(日) 20:10:26 ID:z+iEwoli
残念ながら、新人デビューは(↑)上記の理由で出来そうもない……
あぁ、機会があったらまた書きたいなぁ……

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 21:26:20 ID:YG4eLnBD
新人が入って気安くするにはどうしたら良いと思う?

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 21:32:13 ID:YG4eLnBD
自己レスだけど、今みたいな雰囲気を保つってのは第一だと思うんだ
だから雑談でも何でも気軽に書き込める空気作りは大切かと

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 21:57:35 ID:z+iEwoli
それ、大事だよね……

745 : ◆7NffU3G94s :2007/05/27(日) 23:07:35 ID:Y6YxK50w
修正版の方今から投下します、よろしければ避難版の方を見ていただければと思います。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 01:45:45 ID:41jRU9gc
修正乙です。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 01:55:42 ID:Muf3FR9K
  ★☆★☆★ 卑劣な大阪ペッパーランチ事件 ★☆★☆★
 〜2007年5月8日ステーキ店「ペッパーランチ」大阪心斎橋店で発生〜

 生肉を扱う飲食店店内で、営業時間中(深夜)に店長と従業員が共謀し
単身の女性客を狙って、あらかじめ準備しておいた睡眠薬とスタンガンを使い
脅迫・強盗・強姦・拉致・監禁したという卑劣極まりない事件がありました。

 さらにこの犯人達は、ガレージに被害者を監禁し続け、いずれ開放する気も無く
まるで「そのまま口封じに殺す」ことを意図するような供述をし、他に2人の共犯者が
いるにも関わらず、警察は指名手配すらせず各メディアはほとんど報道しないという
異常事態が続いています。

●睡眠薬・スタンガン・ガレージ等を準備していた点から、計画性があり
●犯人及び被害女性の供述と、現場に残された「保険証や通帳、カード類」
 から分かる通り多数の余罪があり、現場周辺では他にも行方不明事件が…
●組織的な犯行が明白であるにも関わらず、写真も名前も公開されることなく
 逃亡したままの2人の共犯者と、報道規制まで可能な巨大背後組織の影
●これだけの事件を起こしながら平常営業を続けるペッパーランチという企業体質

 本来ならNHK等でも大々的に取り上げて、注意喚起をするべきであるのに
小出しの続報しか出てこない現状…を打破したい…と願うネットの有志が集まり
この事件を風化させないよう情報収集と注意喚起をしています。

>もしこの事件がきっかけで、背後に潜む大規模な組織の壊滅が出来れば
  これまで以上の治安が望めると思いませんか?
>数多くの行方不明者がこの事件に関係していたとするのならば、全員が
  開放されて、親元に戻れるようになったらいいと思いませんか?
>正しく捜査され、隠さず報道される日まで、この事件の事実を広めていくことに
  とても大きな意味があるのです。

    ★☆★☆★この事件を知らない友達に広めてください!★☆★☆★

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 04:21:12 ID:cgNg2jXh
>>743-744
高望みしたり、他スレでのことに口出しする奴がいなけりゃ大丈夫だろ

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 15:04:32 ID:ehIrrLRO
>>745
修正乙です。
特に問題はなかったと思います。
あれだけの人数をきちんと動かせるってのはすごい

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 20:52:55 ID:pcdvPB+7
>>745
問題ナッシング
乙でした

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 22:31:32 ID:41jRU9gc
>>745
乙。


やっぱ、ジャガーを違和感なく書けるってすげーな……って思った。
面白すぎだぜ、ジャガーさんよぉ

752 :一行感想:2007/05/29(火) 04:07:18 ID:Lz2S4Llq
000:オープニング
安西koeeeeeeeeeee!!!!!赤木の頭部をボールに見立てているのが話に恐怖を加えていていい。

001:桜木花道の決意
赤木の死に涙を流す桜木が印象的だった。後、シンプルな志向が桜木らしい。

002:臆病な傭兵
ちょ、ボルボw勝手に他人の荷物漁るなよwそういやこんなキャラだったっけ。コルトパイソンの行方が気になる。

003:宇宙最強のスラッガー
スミからスミまで漏れなく縦笛だった。のくだりで吹いたw今後明美の登場はあるのか。

004:ツッコミ役はつらいよ
ピヨ彦早速ピンチ?!以外に冷静なピヨ彦に笑った。あれか、逆境に陥るとかえって冷静になっちゃうってやつか?

005:イヤだよキモイ!お前(以下略
ハマーうざいw殴られてハァハァってww高菜がんばれ、っていうか逃げてーーー!!

006:旅と少女とピヨ彦
最後の一文に吹いた。ピヨ彦と鈴音って意外といいコンビかも。

007:リング
最後の「バスケが、したいです」にちょっと泣きそうになった。色々な意味で三井がこのロワの主役に見える。がんばれ。

008:Yesterday Once More
晴子の喪失感がすごく伝わってくる。なんとか立ち直って欲しいが……厳しいか?

009:止まれない理由
生徒達を守らなくては、と思う田岡かっけえ!警察に連絡とか思いつくあたりさすが大人。安西先生との会話もかっこよかった。

010:報酬は白衣の天使の微笑み
セクハラなんてもんじゃねぇぞリョウwやっぱりリョウの隣に美女が来るとしっくりくるな。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 08:27:32 ID:ICNp4iY6


754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 08:55:29 ID:6/Vrfjir
全感想来たよ、乙

それとわかってると思うが、今日は現人神の降臨する日だぜ。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 10:08:55 ID:Il47qPSK
どういう作品くるかwktkが止まらないぜ!
全感想も、>>752さんの次にでもやりたいもんだ。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 10:53:38 ID:fWUup3sr
ハードル上げると本人出てきづらくなるぞ

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 12:48:46 ID:Il47qPSK
すまん(´・ω・`)

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 12:59:25 ID:VV3lfg9o
>>752
乙です。

>>755
別に同時にやっても良いんじゃないか?
勢いもつくだろうしさ。

759 :一行感想:2007/05/29(火) 14:17:25 ID:Lz2S4Llq
011:フライデー中島の憂鬱
中島がヘルビジョンを飲んでマ神みたいになったところを想像してしまったw今後は狂気に走るかそれとも男になるか。

012:護るべき者のために
I'sうろ覚えのせいか一貴と真中が被る。きれいなお姉さんに弱いとことが特に。落ち着いている冴子がかっこいい。

013:爪を隠して
ステルスキタ――――――!月がでるとそれだけで色々期待してしまう。本田情けないw

014:降板するピッチャー
安仁屋あああああ!!最期の最期はやっぱり川藤を信じた安仁屋が泣ける。イブは奉仕マーダー役がはまりすぎ。一条が知ったらどうするか見物だ。

015:ボス猿、始動
魚住かっこいいけど……見た目怖いってwあの容姿に血だらけプラス鉈だろ?でも魚住の男らしさはやっぱかっこいい。でも怖い。

016:孤高の傭兵
同じ傭兵あがりでもボルボとはえらい違い。状況に腹を立てるあたりが海坊主らしいと思った。

017:アンニュイな男
ジャガーwwwそしてよりによってジャガーにデスノートw躊躇いなくハマーの名を書くジャガーがらしすぎるw

018:砕けた夢、崩れ行く職務
セナ……。誤解の上に残った2人に強い後悔を残す、ロワらしい死に様だった。蛭魔と両さんの今後が気になる。

019:正義は常に正しい
照koeeeeeeeeeeeeeee!!!小畑絵で斧を振り回す照が浮かんだ。月もそうだけど、Lと出会った時どうするのか気になる。

020:司令塔
リョータに探知機ってのは似合うと思う。無事に湘北メンバーと合流できるのか。

760 :一行感想:2007/05/29(火) 15:12:51 ID:Lz2S4Llq
他人のふりして自分の書いたものに感想つけることができなかった……。
後書きくさいのは見逃してください。見て見ぬふりをお願いします。うざかったらごめんなさい。







021:最初の禁止エリア(?)
物語の核になりそうな話。安西達の所在がわかって希望が見えてきた2人は仲間を集めて脱出することができるのか?

022:大陸伝来のアイテム
ちょ、塔矢w平塚の話信じすぎwそして囲碁のことになると飛ばしすぎだろw空気読めないコンビは今後どうなるのか?

023:傭兵と少女
リョウに美女ときたら海坊主には幼女だろ、と思って桜乃を組ませた。それだけ。上手く足手まといになってくれることを祈る。

024:彷徨い人
太尊はやっぱり千秋優先か。そして魚住はやっぱ見た目怖いw太尊と千秋の距離は結構あるが2人は再会できるのか?

025:青の決意
手塚は全国制覇に命を賭けるような気がする。テニヌプレイヤーだし。

026:始動
たったあれだけの状況からこんな情報を手に入れるLがすごい。常識的に考えたら脱出派の要になりそうだが果たして……?

027:闇に抱かれて…
神崎はやっぱり打倒日々野しか興味がないのか。襲われたらやり返すだろうけど……今後どう動くか気になるところ。

028:smooth or rough?
武器を使わずに人を殺す方法を考えてたらこんな話になった。ヒカルの死が今後の展開に生きてくることを祈る。

029:キャプテン
一度間違えそうになって立ち直るところが御子柴らしい。最後の「専守防衛」はグッときた。御子柴がんばれ。

030:届いた銃声
銃声から人の心理の動きを推察するLがとことん冷静。ロワを止めるために今後Lがどう動くのか気になる。

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 15:13:27 ID:fWUup3sr
ヤヴァイ…本格的に活気取り戻しそうじゃん
こりゃ俺の御百度参りの成果が現れたか

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 16:18:25 ID:VV3lfg9o
いや、俺の実践したジョンダ流開運法

763 :俺達にできること ◆SzP3LHozsw :2007/05/29(火) 18:31:26 ID:c6kz0lR6
「ねーねー、これつけてると、夜なのに昼間みたいに見えるんだよ。凄くない?」
「いいな、それ。次俺に貸してくれよん」
「駄目。これは唯に支給されたんだよ。貸してあげないんだから」

俺の横で中坊が2人――じゃなかった、中坊の小僧と1コ上の女が、歓声を上げてはしゃいでいる。
名前はたしか菊丸英二と南戸唯。
2人が取り合ってるのは、唯に支給された『D-321-G Goggle』って名前のナイトビジョン。
これは一見すると双眼鏡のような形をしているもので、そいつをヘッドギアで頭に固定して使う。
結構な優れものらしく、簡単に言えばどんなに暗いところでも明るく鮮明に見せてくれるという、今みたいなときには大変便利な機械だ。
ま、偉そうに講釈してるが、全部説明書に書いてあったんだが。
しかしこれのお蔭で唯にはこの暗い森がよく見えるようで、唯が先頭を歩いている限り足元の危険はほとんどなかった。
俺達は石ころ1つにすらけっ躓かないで済んでいる。
なんで俺がこいつらと一緒に居るかっていうと、それはまあ成り行きみたいなもんだった。
たまたま偶然出会い、危険もなさそうなので、散々山の中で話し合った結果、こうしてなんとなく一緒に行動してるってわけだ。
正直、ただでさえ大変なときだってのに、これじゃ面倒を2つ抱えてるのとそう変わらず、俺はいささか困り果てていた。
なにしろ1人はとても年上には見えないほどに幼い外見をしていて、喋り方すら子供っぽい。
もう1人は見た目こそ普通だが、やっぱりこっちも独特の雰囲気を醸し出している。
2人とも悪い奴ではないかったが、さすがにガキのお守りは俺の手に余った。

「ちょっとくらい貸してくれたっていいじゃんか、ケチ」
「ケチでいーですよーだ!」

こんな調子だ。
まったくこいつらときたら緊張感ってもんないんだろうか。俺は些か疑問を持つ。
俺達はとんでもないことに巻き込まれてると思ってたんだが、こいつらを見てるとまるで夢でも見ていたような気にさえなった。
もちろん夢なんかじゃないからこそこいつらと一緒に居るのだが。
俺は変に気を張り詰めてる俺の方がどうかしてるのかと考えながら、前を行く2人を諭す。

「おいお前ら、ちっとは静かにしてろ。デカイ声ではしゃいでんじゃねーよ。いちゃつきたいんなら、よそ行ってやれ」
「別にいちゃついてなんかないもん! ……てゆーかもしかして、妬いてるんじゃないの?」

俺はよく日々野の馬鹿からムッツリスケベなんて不名誉なあだ名で呼ばれるが、唯に言われてそのことを思い出した。
もしかして本当に他人にはそんな風に見えているんだろうか? 少し心配になる。

「アホか。言ったろ、俺にロリコンの趣味はねーよ」
「だから唯は子供じゃないって言ってるでしょ!」

唯が頬を膨らませて怒る。
なんだかこっちまで調子を狂わされちまいそうだった。
これから日々野や春香先生やイブを捜さなきゃなんねーってのに、これじゃ先が思いやられるってもんだ。
いっそのことこいつら捨てて行こうかとも思った。それなら身軽になって探索ももっと楽になるはずだろう。

「なあ悪いけどよ――」
「言っとくけど、唯達を置いていくなんて駄目だからね。唯の裸見たんだから、そのぶんちゃんと返してもらいますよ」

俺がなにを言わんとしてたのか、どうやら唯はお見通しのようだった。
全部を言い切る前にすっかり釘をさされてしまった。
そりゃそうかもしれない。俺の態度にはあからさまに迷惑だという雰囲気が出てたことだろう。
唯がそれを嗅ぎつけたとて、不思議はなかった。
しかし――。

764 :俺達にできること ◆SzP3LHozsw :2007/05/29(火) 18:33:04 ID:c6kz0lR6

「裸見たって言ったって、あれは不可抗力だろ。別に見たくてみたんじゃねえ」
「嘘ばっかり。本当は嬉しかったくせに」
「あのなあ……。大体、下着だってつけてたじゃねーか。
 それに、自分で忘れろと言っておきながら自分で蒸し返してりゃ世話ねーぜ」
「いいの! とにかく、唯のセクシーショットのぶんだけは働いてもらうんだからね」

自分で勝手に脱いでおいて見たぶん働けとは、なかなかどうして恐れ入っちまう。
今日び、こんな強引なことを平然と言ってぬけるのは、世の中広しと言えどたぶん日々野と唯くらいのものだろう。
何処ぞのボッタクリバーや詐欺師だって、もっとマシな理屈を言うはずだ。
唯は良く言えば天真爛漫な性格なんだろうが、日々野という我侭者を近くで見てきた俺にとっては頭痛の種となりそうだった。
俺は歩きながらやれやれと深い溜息を吐く。
どうやら俺はどこに行っても世話役をやらされるらしい。
まあ頼られること自体は素直に嬉しいが、どうもいいように使われそうな感じがするのは気のせいだろうか。
すっかりナイトビジョンのことを諦めた菊丸に、俺は唯に聞こえないようにして囁いた。
今は年下のこの男が頼みと言えなくもない。

「おい菊丸――」
「うんにゃ?」
「女子供をほっぽらかして行くわけにもいかねえしな。いいよ、とりあえずしばらくの間はついて行ってやる。
 でも子守はゴメンだぜ。お前もちゃんとフォローしてくれよな」
「おう、任しとき♪」

……本当に任せてもいいのかよ。
俺は不安に駆られながらも2人を急きたて、右も左もわからない山の中を歩き続けた。



    * * *

765 :俺達にできること ◆SzP3LHozsw :2007/05/29(火) 18:33:58 ID:c6kz0lR6




――キャプテンとして何をするのが正しいのか。

俺はさっきからそればっかり考えてる。
先生が俺にさせたいこと。それは一体何なんだろうか……。
俺にできることなんて極限られたものだから、先生だって無茶は言わないと思う。
だから単純に、皆を守れってことなのかとも考えてみた。
命の尊さ、仲間の大切さ、キャプテンという責任の重さを教えようとしてるのかと、そう考えたんだ。
たぶん、それは間違ってないと思う。先生には少なからずそんな意図があったことだろう。
だって先生はこれまでにも俺たちにたくさんのことを教えてくれたんだ。今度もきっとそうに違いないじゃんか。
……でも、果たしてそれだけのためにここまでするだろうか、という疑問も湧いてくる。
いくらなんでも『殺し合い』は大袈裟だ。
仲間の大切さやキャプテンとしての責任の重さは、今更こんなことされなくったって充分承知してる。
ONE FOR ALL ALL FOR ONE
一人はみんなのために、みんなは一人のために。これが俺たちニコガクじゃん。
それは先生だってわかってるはずだ。
だとすると、これが先生の真意にはならないってことなのかな?
もっと他に重要な意味があるってことなのかな?
……駄目だ、全然わかんないよ先生。先生は俺にどうしろって言うんだよ!?





あれ? でもちょっと待てよ……。
もしかして、先生は勝負ってのがどんなだかを教えてくれようとしてるんじゃないか?
俺たちにはまだまだ真剣さが足りない。だから命を賭けて闘うってことの意味を考えろって言ってるんだとしたら――。
…………………………………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………そっか、そうだよ。
甲子園に行くんなら、勝負の厳しさを身を持って感じて来いって、先生はそう言ってるんだよ。
ってことは、キャプテンとしての俺に先生がさせたいのは、勝負強さをつけさせたいってことなんだ。
甲子園の大舞台に行っても失敗しないような、そんな経験をさせてくれようとしてるんだ。
あ、そっか。
だから先生は俺にこんな銃を持たせたんだ。
「これを使って生き抜くんだ。何があっても死ぬんじゃないぞ、御子柴」って、そう言いたいんだ。
そうだよね? そうなんだろ、先生?
……わかった、俺、やるよ。
スゲー怖いけど、今まで先生が言ったことに嘘はなかったもん。
きっとこうするのが俺のためなんだよね? チームのためなんだよね?
わかった、いいよ、先生のこと信じるよ。先生がやれって言うんだったら、俺、頑張ってみる。
へへへ、任せといてよ。俺だってさ、やるときはやるんだぜ。
絶対先生の期待に答えて見せるから。先生をガッカリさせたりしないから。
俺が必ず勝ち抜いて、それで先生を甲子園連れてってやるからさ。
ちゃんと見ててくれよな、先生。
俺、キャプテンらしく頑張るよ。



    * * *

766 :俺達にできること ◆SzP3LHozsw :2007/05/29(火) 18:34:54 ID:c6kz0lR6




わあわあきゃあきゃあうるさい中に、俺は確かな物音を聞いた。
それは枝葉を踏みしめる乾いた高い音で、現に俺たちの足の裏からも聞こえてくる音だったが、
もっと別の場所――そう、山の上の方から聞こえてきたような気がした。

「シッ! 静かにしろ!」

前を行く二人の肩に手を乗せ、その動きを封じながら、俺は一挙に緊張を高める。
暗い森中に五感の触手を一面に張り巡らせるようにして、二人を背中の後ろに隠した。
隠したまま360度ぐるりと回り、異常がないかを確認する。
さすがの唯や菊丸が何も喋らなかったのは、こいつらもこの闇の中に何者かが潜んでるのを察知したからなのだろう。
ここには俺たち以外の誰かが確実に居た。

「……誰だ」

俺は闇に眼を凝らして低く言う。もう、葉擦れの音以外は何も聞こえてこない。
唯の耳元で、ナイトビジョンに何か映らないかを訊いた。

「ううん、木ばっかりで……」
「そのまま捜し続けろ」

姿は見えなかったが、それは着実に近づいてくるような、そんな違和感があった。
唯は身を硬くしながら必死にナイトビジョンを装着した頭を振っている。
蛇神のバットをきつく握って、今度は菊丸を振り返った。

「大丈夫か」
「お、おう……」
「油断するなよ、俺たちは狙われてる」

自分でそう言って、背筋が寒くなった。
ここで狙われるとは、単に襲われるって意味じゃない。命を狙われるということと同義だった。
戯道高や鬼門高のクソヤロー共に狙われるってのとは、全く次元の違う話だ。
俺も日々野や岡本とつるむようになって、何度か命の危険を感じたことはある。
ミリオンとやり合ったときなんかは、本物のチャカは出されるわ熊に追いかけられるわで流石に死んだと思った。
けど、菊丸や唯にそんな経験はないだろう。
となると、やはりここは俺がなんとかしなければいけないってわけだ。
……チキショウ、あんま嬉しくないぜ。

767 :俺達にできること ◆SzP3LHozsw :2007/05/29(火) 18:35:44 ID:c6kz0lR6


「一条君!」

そのとき、唯が叫んだ。

「あそこに誰か居る!」

俺も菊丸も、唯が指差す方角を気配で感じ取り、そっちに顔を向ける。
囲むように林立する杉の群れの中に、いつの間にやら小さな影が忽然と現れていたのを俺は確かに見た。



【E-06/神塚山麓付近/1日目・午前4時ごろ】

【男子03番 一条誠@BOY】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式、蛇神のバット@Mr.FULLSWING
思考:1.場合によっては突然現れた影と闘う
   2.日々野、イブ、春香を捜す(春香優先)
   3.神崎を見つけたら止める
   4.主催者達に一泡吹かせて脱出する
   5.菊丸、唯と行動を共にする

【男子10番 菊丸英二@テニスの王子様】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式、ランダムアイテムは不明(本人未確認)
思考:1.手塚、越前、竜崎を捜す
   2.脱出して帰る

【女子13番 南戸唯@いちご100%】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式、ランダムアイテムは不明(本人未確認)
思考:1.現状回避


【E-06/神塚山麓付近/1日目・午前4時ごろ】

【男子36番 御子柴徹@ルーキーズ】
状態:健康
装備:9mm拳銃(10/10発)
道具:支給品一式
   (予備弾の支給: 無し)
思考:1.勝負の厳しさを知る(ゲームに乗る)
   2.生き残って川藤を甲子園に連れて行く

768 : ◆SzP3LHozsw :2007/05/29(火) 18:40:32 ID:c6kz0lR6
投下終了です。
短いもので恐縮です。

>>754-755
期待に添えられればいいんだけれど。
>>一行感想氏
ありがとうございます。
前に書いたものに対してこう感想をいただけるのって嬉しいですね。
自分も機会があればやってみたいと思います。

769 : ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/29(火) 18:48:35 ID:Lz2S4Llq
L、中島を予約します。


>俺達にできること
乙です!
御子柴、ゲームに乗るか!乗るのか!ものすごく意外でした。
唯のちゃっかりさと一条の微妙な面倒見のよさが出てて面白かったです。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 20:21:06 ID:fWUup3sr
こう来たか
予想外の展開でびっくりした
御子柴は川藤を兄屋や新庄とは違う信じ方をしてしまうとは
一條や唯や菊丸もいい味出してるな

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 20:32:07 ID:HvR3hKXX
ナイトスコープとは……意外な支給品を出してきたな。
でも、すぐに役に立たなくなりそうwww

こいつら三人が、この支給品を今晩(ロワ内)で役立てられる可能性はあるのだろうか?

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 21:32:53 ID:fWUup3sr
使い道は今晩だけとは限らないだろ
次の晩とか暗い室内でも使えないか?

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 22:26:16 ID:XMAhISc1
>>768

おもしろかったんだが、唯の状態表のアイテムがおかしい
そこだけ修正願います



某所のアンケート見たんだがおもしろいな
1人除いて書き手はなんとなく特定したw
意外と平均年齢高め?

774 :755:2007/05/30(水) 00:15:01 ID:qbK1CJNc
御子柴の変化が凄い分かりやすくて面白かったです、唯もこんな状況で唯らしさ全開で良かったですよ!

775 :マーダー区分:2007/05/30(水) 09:48:48 ID:6ufqJIQn
狂信者型…自分の信じる対象の為に闘うタイプ
魅上照、御子柴徹

発狂型…何らかの理由により自我が崩壊し、善悪の見境がつかなくなったタイプ
藤崎あかり

ステルス型…積極的に動かず、裏で画策する策士タイプ
夜神月

自己目的完遂型…独自の目的を遂行するのに殺人も厭とわないタイプ
越前リョーマ、神崎狂、(手塚国光)、蛭魔妖一

積極的殺人型…完全にゲームに乗ったタイプ
伊部麗子、川島清志郎


暇だったんでやってみた
マーダーの数が10/51って少なくはないと思うがどうなんだろ?
快楽殺人型なんてのも欲しいとこだ

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 12:48:39 ID:xdM9X9ip
wikiって人知れず、ひっそりと更新されてるのな

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 13:07:30 ID:6ufqJIQn
人知れずひっそりって・・・
更新する方は面倒だってのに・・・

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 13:13:29 ID:e+AH8D2g
悪意あってのことじゃないんだろうから棘のある返し方しない方がいいのでは。
また管理が大変なのも分かるが「面倒」というあからさまな言葉を使うのもいただけない。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 13:21:35 ID:6ufqJIQn
ごめん

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 13:46:59 ID:xdM9X9ip
>>777
おぉ、スマン。
お詫びにwiki更新を手伝っておいた。

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 13:48:58 ID:YFgVacOU
そもそも『人知れずひっそり』って悪い言葉?

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 13:54:11 ID:e+AH8D2g
同じく行ってきた。
が、現在位置の地図をいじれるページが見つからなかった…

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 13:57:54 ID:xdM9X9ip
>>782
今日は仕事休んでるから、さっさと地図更新できるんだぜ……


ということで、地図更新します。
みんなが更新できる漫画ロワ形式にしてたんですけど、すぐにやめてしまいました。
理由は、自分が更新すると5分ぐらいで、地図の編集そのものが終了してしまうのに(upに結構時間かかる)
漫画ロワ形式だと、全員で編集できる代わりに、編集そのものの時間が結構かかってしまうからです。


というわけで、さっさと更新しておきます。

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 14:05:47 ID:e+AH8D2g
そうだったんだ、了解です。

785 : ◆SzP3LHozsw :2007/05/30(水) 18:40:08 ID:as73KrFx
>>773
失礼しました。
>>767を以下の通りに修正します。


【E-06/神塚山麓付近/1日目・午前4時ごろ】

【男子03番 一条誠@BOY】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式、蛇神のバット@Mr.FULLSWING
思考:1.場合によっては突然現れた影と闘う
   2.日々野、イブ、春香を捜す(春香優先)
   3.神崎を見つけたら止める
   4.主催者達に一泡吹かせて脱出する
   5.菊丸、唯と行動を共にする

【男子10番 菊丸英二@テニスの王子様】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式、ランダムアイテムは不明(本人未確認)
思考:1.手塚、越前、竜崎を捜す
   2.脱出して帰る

【女子13番 南戸唯@いちご100%】
状態:健康
装備:NightOptics D-321-G Goggle
道具:支給品一式
思考:1.現状回避


【E-06/神塚山麓付近/1日目・午前4時ごろ】

【男子36番 御子柴徹@ルーキーズ】
状態:健康
装備:9mm拳銃(10/10発)
道具:支給品一式
   (予備弾の支給: 無し)
思考:1.勝負の厳しさを知る(ゲームに乗る)
   2.生き残って川藤を甲子園に連れて行く

786 : ◆SzP3LHozsw :2007/05/30(水) 18:43:43 ID:as73KrFx
それからナイトビジョンだけでもマニアックなのに、
中でも更にマニアックな品種を支給させたんで、超簡単な説明も書いておきます。


NightOptics D-321-G Goggle
ヘッドギアで固定するゴーグルタイプのナイトビジョン。
現在開発されているナイトビジョンの中でも最新の第三世代である。
焦点距離は25cm〜無限大、視認距離は275mにまで及ぶ。
見た目は大きく重さを感じさせるが、実際には567gしかなくとても軽い。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 19:37:28 ID:GPftBSDR
>>785
修正乙です

ナイトビジョンて初めて知った
使い道結構難しそうだけど上手く使えれば役にたちそう

788 :名探偵はため息をつく ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/30(水) 21:04:45 ID:6T60nVCc
人気のないことを確認し診療所に入り込んだLは、ぐるりと室内を見渡してひっそりと眉をしかめた。
開けっ放しの引き出に薬品棚の扉。そして不自然に散らされた埃。
すでに、誰かに物色された後がある。
「…………」
再度室内を見渡すがやはり人のいる気配はない。
ここにいた人物はもうこの場にいないと考えるのが妥当だろう。
そう判断し、Lは端から診療所内を調べ始める。
そして数10分後。
診療台に腰掛けるLの手元には。
はさみ。ボールペン。包帯。聴診器。注射器。水銀体温計。
それから目薬や軟膏といった薬や、いくつかの薬品が発見された。
それらを目の前にしてLは考える。
これらを持っていかなかったということは、ここにいた人物は医療の知識のない人間ということだ。
乱雑に痕跡を残していっているあたり、このような状況に慣れた人物ではないということもうかがえる。
もっとも、自分だってこのような状況は初体験なのだが。
「……さて……どうしますか」
できるかぎり手に入れられるものは手に入れた。
ここに長居する必要はない。だが……。
「そこに隠れいている人。そろそろ出てきたらどうですか?」
薄くなった月明かりが差し込む窓に向かって声をかけてみる。
自分がここに入ってから10分程後にやって来た人物は、窓の外から一歩も動かないままだ。
窓に影がしっかり映っているにもかかわらず自分は隠れているつもりらしい。
初めは自分を狙撃しようとしているのかと思ったが銃口がこちらを向く気配はなく、それどころか彼の人物が動く気配すらない。
その人物が襲ってきたら、様子を見て戦うかもしくは開けておいた窓から逃走しようと考えていたのだが、状況は変わらないまま目的は果たしてしまった。
「できれば話を聞きたいのですが……」
できる限り情報は集めておきたい。
ここまで自分を襲ってこないとなると、おそらく殺し合いには乗っていない人物なのだろうが……。
Lの再度の呼びかけにも返事はない。
恐怖から人前には現れたくないのだろうか。
それならそれで仕方ない。
捕まえて力づくで情報を聞き出すのは自分の主義に反する。
「残念ですが、時間が惜しい。私はもう行きます」
「ま……待って……」
「…………」
窓越しに聞こえた声の方へ視線を向けたLは、思わず息を止めその目を見開いてしまった。。
なにがあったのかはわからないが、頭からズブ濡れになり、中途半端に長い黒髪をべったりと顔に張り付かせている男が窓にへばりついていたのだ。
しかも鼻水をたらしながら号泣している。
先日観た日本の恐怖映画がふと思い出されて、Lの背筋に軽い悪寒が走った。
名探偵でなかったら「幽霊怖い」と言って逃げ出してもいい場面だろう。
「一人にしないでくれぇぇぇぇぇ……」
えぐ、えぐ、としゃくりあげながら男は窓を濡らしていく。
「やっかいなことになった……」
ひっそりと呟いて、Lは仕方なしに彼に手招きをして見せた。
窓から離れた男が転がるようにドアから室内に入り込んでくる。
「こ、殺さないで……」
そう言いながら自分に縋りついてくる矛盾にすら気が回らないらしい。
自分が殺し合いに乗った人間だったなら彼はどうするつもりなのか。
掴まれた手を鬱陶しそうに振り払いながら、Lは男を観察し……すぐに止めた。
推理するまでもない。彼がただの気の弱いオタク少年であるのは明らかだ。
大方、人に会えたことに安心して緊張の糸を切らせてしまったのだろう。
それにしてもこの、人の気力を奪うような泣き顔はどうにかならないのだろうか。汚すぎる。
「落ち着いてください。私のほかに誰か人に会いましたか?」
「死にたくないよぉぉぉぉぉ」
「……質問に答えてください」
「うわあああああん!僕のカメラがないいいいいいい」
切れそうになる心を落ち着かせるために、Lはバッグから角砂糖を取り出し口に放り込む。
一瞬、彼を殴り倒して気絶させ放り出していこうかとも考えたが今は話を聞きたい。
グッと我慢し、Lは淡々と少年に話しかけた。

789 :名探偵はため息をつく ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/30(水) 21:05:36 ID:6T60nVCc
「あなたのお名前は?」
「なっ……えぐっ……なな中島……」
「では七中島君。君はここに来る前に誰かに会いましたか?」
「中島、です……えぐっ……」
少しずつ落ち着きを取り戻し始める中島に、簡単ないくつかの質問をする。
彼が目覚めたのは浜辺。
波打ち際で転んでしまったために濡れてしまったらしい。
じっとしているのが怖くてあてもなく歩き始め、この村に辿りついたそうだ。
その間、誰一人として見かけていないというのが彼の話であった。
自分の話を交えつつ、Lは更に彼から彼の知り合いについての情報を聞き出す。
男子7番・大場浩人。男子26番・中田小平次。男子33番・前田太尊。女子8番・七瀬千秋。
七瀬千秋という少女以外は、中島曰くとんでもない不良だそうだ。
あの体育館でも思ったことだが……この犯罪には学生が多く巻き込まれている。
恐らく、未発達の精神に発達した腕力を持つ彼らがこの企画に適していると判断してのことだろう。
では何故、探偵として名の知られている自分やこの中島のようなひ弱な人間まで選出されたのか。
そこまで考え、Lはもう一度中島を見つめる。
無駄に長い髪。細い体。お世辞にも整っているとは言えない顔。
そして知能のほうも見た目どおりにあまり役には立ちそうにない。
一体彼の様な人間まで巻き込むとはどういう意図なのだろう。
見せしめ……殺され役?
今はまだ、どれだけ考えようとも答えはでない。
Lはひとつため息をつき、戸惑った顔をする中島に更に質問を続けていく。
彼の出身。この犯罪についての心当たり。
そして、話が支給品の事に及んだときに初めて中島という少年が激しい動揺を見せた。
散々迷った末に、しぶしぶといった感じで小袋に入った錠剤をLに差し出す。
「ヘルビジョン……地獄を見せる薬、と言ったところですか……。初めて聞く名ですが悪趣味な……」
独特の手つきで説明書を摘み上げたLは表情の読めない瞳でその文を一瞥する。
「飲みたいですか?」
Lの問いに中島はブンブンと勢いよく首を振る。
どうやら飲みたくないのは本心のようだ。
とすると、これを出し渋ったのは自分をまだ完全には信用していないということか。
まぁ、それはお互い様なのでいいとして問題はこの麻薬をどう処分するかだ。
「これは危険ですね……どこかに埋めるか海に流すか……燃やすにしても有毒ガスが発生したらやっかいですし……困りましたね」
「やっぱ……処分するんですか……?」
「飲みたいですか?ご希望であれば麻薬の後遺症について納得いくまで説明しますが」
中島の問いを切って捨てる。
このような状況下で、何かに縋りたい気持ちはわからないでもないがこれは危険すぎる。
余計な希望は持たせないに限る。
Lの言葉に、中島は再度激しく首を横に振って見せた。
「なのであれば私が預かりますが……構いませんか?」
「の、飲むんですか?」
「まさか」
でも、あの、と意味のない言葉を繰り返した後に、ようやく中島は頷いてLにヘルビジョンを託すことに合意した。
ほ、と息をついたところを見ると、やはり自分でもこの薬を所持しているのが恐ろしかったのであろう。
さて、聞き出せるだけの情報は得た。
自分としてはもうこの少年に用はないのだが、放り出していくわけには……。
「やっぱりいきませんよね……」
「な、なにが?」
おどおどとこちらを見る中島を一瞥し、Lは小さくため息をついた。
正直に言うと、彼を連れて行きたくない。
足手まといなのは明らかであるし、できるだけひっそりと移動して情報を集めたいからだ。
しかしここで彼を置いていくのは……。




790 :名探偵はため息をつく ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/30(水) 21:06:34 ID:6T60nVCc
「ひとまず着替えませんか?あっちに白衣の替えがありました。そのままだと風邪ひきますよ」
「は、はい!」
チラチラとLを見ながら中島は奥の部屋に入っていく。
置いていかれないか不安なのだろう。
彼を安全な場所に隠して……と言ってもこの島で安全な場所なんてあるのか。
しかし彼を連れて行くのは、自分にとっても命取りになりかねない。
もう、殺し合いは始まってしまっているかもしれない。
そうならば時間が過ぎるのに比例して人が死んでいくのだ。グズグズしている暇はない。
やがて裸に白衣を纏った中島が姿を現した。
その手には彼が着ていた制服が丸められている。
「あ、あの、これからどうするんですか?」
「考え中です。ひとまず、君をどこかに置いていきたいです」
「お、置いてく?!僕を一人で?!」
「邪魔ですから」
「そんなぁぁぁぁぁ……」
中島の涙声を無視し、Lは目まぐるしく思考する。
診療所に置いていくのは得策ではないだろう。
ここを目指す人間は自分以外にもいるはずで――――――事実、自分より前に入り込んだ人物がいる――――――、それが殺し合いに乗っていない
人物とは限らない。
潜伏するのなら、こちらからは周囲を観察できるが外からはわかりづらい場所が最適だ。
そのような場所、この島内にあるだろうか。
「……仕方ありません。私はこれから灯台に行こうと思っています。そこまでは同行しましょう」
「そこまではって……その先は?」
「さあ」
「ひ、ひどい!」
中島の悲鳴を完全に無視し、Lは自分の荷物を肩に掛ける。
この島のおおよその位置は特定した。
それを考えると、この島の付近には船が通る可能性は低くない。
もっともそれも、この犯罪に海上自衛隊などの政府関連の組織が加わっていない場合の話なのだが。
もし最悪の場合でも、灯台には自分が導き出したこの島の位置を確定してくれる物があるかもしれない。
それだけでも少し前進できる。
もちろん、灯台という目立つ建物の特性上、すでに誰かが潜伏している可能性は高い。
だが少しの危険も冒さずにこの犯罪を止める術を、自分はまだ手にしていない。
中島を見やり、Lは大きくため息をつく。

「私は無力です。目前の人一人守ることも出来ない」

Lの呟きに、中島は無言で呆けた様な顔を向ける。
そして無意識に自分の荷物を抱きしめる。
その中には……正確には彼の着ていた制服のポケットには、Lに渡さなかった5粒の麻薬が入っている。
荷物を背負い立ち上がったLは、ため息と共に再び呟く。

「それでも、私はあきらめません。――――――正義は必ず勝ちますから」




791 :名探偵はため息をつく ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/30(水) 21:07:32 ID:6T60nVCc
【I-07 沖木島診療所/一日目・午前5時00分ごろ】
【男子06番 L@DEATH NOTE】
状態:健康
装備:なし
道具:支給品一式(ランダムアイテムは不明・本人確認済み)コンパス、懐中電灯、角砂糖(数十個)、診療所で手に入れた物(はさみ、
ボールペン、包帯、聴診器、注射器、水銀体温計、目薬、軟膏、いくつかの薬品)、ヘルビジョン5粒
思考: 1.灯台に向かい、そこで何かの情報を得る   
    2.中島をどこかに置いていきたい
    3.犯罪を止める
    4.生還する


【男子25番 中島淳一@ろくでなしBLUES】
[状態]:精神的に不安定、裸白衣
[装備]:なし
[道具]:支給品一式(濡れた制服、下着も入っている)・ヘルビジョン(5粒)@BOY(制服のポケットの中)
[思考]:1.死にたくない
    2.Lについて行く
    3.太尊や千秋を探す

【備考】
Lが、中島がヘルビジョンを隠し持っていることに気がついているかいないかは、次の方にまかせます。



792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 21:07:34 ID:L/gOWW4L
4円

793 :名探偵はため息をつく ◆z.M0DbQt/Q :2007/05/30(水) 21:10:39 ID:6T60nVCc
投下終了です。
ところどころ改行失敗してて申し訳ないです。

wiki更新してくれた方、>>785氏、乙です。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 21:21:56 ID:JmxPyCyt
乙です
Lの思考は相変わらず筋が通ってるな
中島が足を引っぱるんだろうな当然…

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 22:23:32 ID:48JQBxt2
うわあ……中島きっついなーっていうか、中島濃いな。
イライラを通り越し和んだ。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 01:09:41 ID:0qDGgh9b
ああーーー、今になって気づいたが、Lと月は結構近くにいるんだな。
夜明けまで、月は動くつもりないらしいし、このままごっちんこって可能性もありえるっぽい。


ってか、診療所に先に入ってたのって誰?

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 01:17:10 ID:0qDGgh9b
あ、ごめん。自己解決した

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 16:45:41 ID:GiMC1JrE
Lと月の腹のさぐり合いは見てみたいな。
難しそうだけど。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 17:52:18 ID:8TJkzDgM
流れを殺さないためにも古今東西【今後見たい組み合わせ】

ジャガーとLかな、俺は
Lにジャガーを冷静に分析してもらいてえ

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 18:11:55 ID:gR98O9cb
桜木と日々野とか。
多分会話が成り立たなそうで見てみたい……ってそれじゃあ駄目か。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 21:00:04 ID:bUjZAd8B
塔谷とジャガー。収集つかねぇwwww

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 21:11:55 ID:45Cn50kh
普通にイブと一条を見たいな
お互いどんな反応するのかwktk
リョウを挟んで香と春香の対面とかも見たい

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 21:45:18 ID:b9PtNmRy
ベタベタな展開だが、鈴音が死んで死後の世界で……
ってな組み合わせを見てみたいな。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 01:56:25 ID:ZoQG4lgN
r:://ハトぃ:ヾ:..:.寸ト、  
|::!|:〔:トN、{ヾ:!:}Y !「::}  死後の世界なんてありませんよ…
|::トN{伎ァN攴ァ川.!:ノ、
`ゝトト、 、,`  'ル/マ< ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから
‐^l::::|ヽ`三'´イ彳广ー

805 :一行感想:2007/06/01(金) 02:43:26 ID:3RWiw4H5
031:菩薩の前で
流川の思考1がwwwボケの流川に対してツッコミ役の泉は今後どう動くか。特に流川は湘北メンバー探しに行く気があるのか?

032:がんばれ高菜
まさにタイトル通りwつーかハマーのうざさは異常www高菜はハマーから逃げ切れるのか?

033:決別、そして目覚め
川島はゲームに乗るのか……。太尊と出会ったときにどうするのか気になる。

034:綺麗なお姉さんは好きですか?
一条はやっぱりツッコミだよな。今後のかっこいい活躍に期待。タイトルは某CMからだけど意味はない。

035:後悔先に立たず
もみじ……。目撃した殺人ってのはセナのことか?ここでもセナの死が他人に影響を与えたのか……。

036:ONE FOR ALL ALL FOR ONE
不器用ながらも仲間思いの新庄がかっこいい。安仁屋の死を知ったときにこの2人はどうなるのか……。タイトルが泣ける。

037:いま、会いにゆきます
桜木の妄想に笑ったwこんな状況でのんきだなwただ勘で突っ走っていくところが桜木らしい。

038:少女と少年と
こんな時に口説くなよ虎鉄w待っているだけじゃなくて自分から動こうとする西野がらしい。香はこの2人を守れるのか?

039:海のひかり、月のあかり
普通の女の子が気を狂わせていく過程が書きたかった。色々がんばれ、あかり。タイトルは某少女漫画から。

040:ブタ忍者
ブタ忍者って呼ばれてときめくハマーに笑った。おまえはどこまでうざいんだw高菜の苦労はいつまで続くのか。がんばれ高菜。


806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 09:46:46 ID:pjRlqIlY
乙乙。
こうやって感想見るのも楽しいな。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 10:56:07 ID:rKowSztb
新しい発見があったりするしな
前に読んだのをまた読みたくなるから不思議だ

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 18:36:24 ID:+yPTWqYz
おいおいどうした、流れが止まってるぜ?
今は機に乗って無理にでも盛り上げる時期だろ
どんどんレスつけようぜ!

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:06:31 ID:1SPuZUKA
>>808
何か話題ヨロ

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:27:58 ID:pJo121pQ
一行リレーキャラ紹介しねぇ?

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:30:11 ID:pJo121pQ
>>810
自演で賛同しておくぜ、楽しそうだなそれ

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:30:27 ID:+yPTWqYz
ちょっと意味解らん
kwsk

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:32:29 ID:pJo121pQ
ID:pJo121pQに代わって、この俺 ID:pJo121pQが自己リレーで説明してやる。
今からやるから見てな


814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:33:59 ID:pJo121pQ
本田速人 交通機動隊所属。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:35:17 ID:pJo121pQ
20代後半の男性であり、バイクに乗ると性格が豹変する。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:35:27 ID:rKowSztb
……え、ネタのつもりなわけ?

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:36:05 ID:pJo121pQ
>>814-815
見たいな感じで、一行ずつキャラの紹介文を続けていって
一つのキャラ紹介を書き上げようというリレー作品。


>>812
OK?

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:38:34 ID:+yPTWqYz
おk
じゃあID:pJo121pQのキャラ紹介からやるか

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:39:31 ID:pJo121pQ
>>818
OK。

なら、俺からスタートするぜ。



JCBR 2ndの書き手(?)、または読み手

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:42:03 ID:rKowSztb
つか、ぶっちゃけ微妙だよ?

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:42:28 ID:pJo121pQ
っち……
俺もそう思ってたよ、最初から……

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 21:45:20 ID:rKowSztb
意気込みは買うからその勢いで全感想とかやってくれ

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 22:03:15 ID:pJo121pQ
会合 × ボス郎 × DEATH NOTE 〜そして対主催へ
 何かを期待させる男太尊、三井登場。
 対主催チームに交わって、彼らが何をなすのかが見どころか。
 魚住の死に様も、かっこよかった。



悪魔vs眼鏡
 本格的な対決は先送りされたものの、十分に種はまかれた。
 手塚にもはや躊躇いはない。あと、塔矢にもある意味躊躇いはない。



悪魔の復活
 目的のために、一つ一つのことをじっくりと考える手塚。
 対照的に、考えがまとまらず混乱し続ける蛭魔。
 だが、部屋から救いの声が響き……

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 22:10:21 ID:rKowSztb
キタコレ

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 00:13:58 ID:iHyx2KRi
>>821
ラノベ?っぽいなw

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 09:43:01 ID:e0zEMCLm
前も言われてたけど、なんとなく恋愛ものっぽいのが読みたくなってきた
フラグ建ちそうなのって誰かいる?

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 11:02:30 ID:sMaoO4q9
>>826
今んとこいない。だが、アンケによるとうちには恋愛物を得意とする書き手がいるらしい。
期待して待ってたら、多分書いてくれる。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 11:14:12 ID:tQDZTVWU
同作品同士なら(例えば一条とイブとか太尊と千秋とか)なら書けるけど別作品だとフラグたちそうなのがあんまりいない……

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 11:15:43 ID:GrpcuDvM
書き手の人に要望と言うかお願いがあるんだけど、なるべくなら登場回数の少ないキャラから動かしてくれないか?
登場から40話以上出てないのが数名いるんだが
動かしやすい動かしにくいってのはあるんだろうけど、まだ1時頃までしか動いてないのがいるのにどんどん先に行ってるのがいるってのはバランスが悪い
先延ばしになればなるほど動かせなくなるし展開も限定されてくるから、リョウや冴子や神崎や流川を最優先してよ
お願いします

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 11:30:50 ID:AMrf3Xxf
先に進んでるのとはもう絡ませられないからな
放送に行くのにもそのへんの奴を動かさないと不味いし
黙っててもそろそろ動かしてくれる時期じゃね?
どうしても動かないなら辻妻合わせだけして放送行ってもいいけどさ
原作バトロワだって全員事細かに出て来たわけじゃないからな

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 11:33:38 ID:GrpcuDvM
最悪誰も書かなかったらそれでもいいけど、せっかくだからきちんと読みたいなって気持ちがある
それに辻褄合わせするのって矛盾が出そうで大変そう

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 11:36:54 ID:sMaoO4q9
1時組って、まだそんなにいるんだ。
こいつらを5時とかに登場させるんだったら、結構ワープしても全く問題なさそうだね

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 11:37:11 ID:AMrf3Xxf
まあなんだ















気になるなら自分で書けよ

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 11:48:54 ID:sMaoO4q9
>>833
そっくりそのままお返しする

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 12:38:23 ID:AMrf3Xxf
>>834
は?なんでお前が出てくるんだよw
流れから言ってどう考えても833は>>831へのレスだろ
レスアンついてなくてもそれくらい察してくれよ

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 15:35:40 ID:sNEXgZcI
動かすのは登場回数の少ないのからが推奨で、どうしても動かしたいなら自分で書く

これが結論でいいじゃん
殺伐とするのはよそうぜ

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 15:39:57 ID:tQDZTVWU
神崎動かすためのネタってあるかな?

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 15:44:04 ID:tQDZTVWU
神崎動かすためのネタってあるかな?

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 16:04:49 ID:tQDZTVWU
二重すまん
殺伐としてもいいことないからな
みんなマターリ逝こう


840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 16:14:59 ID:AMrf3Xxf
ネタは思い付かないが、場所柄から見て冴子一貴と対面させても無理無い距離だよな
一辺に二組片付けられるから、そこらからネタを練るのが早いかもしれん

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 18:20:44 ID:tQDZTVWU
冴子一貴組か……
神崎と出会って呼び止める→神崎無視→冴子一貴引き止める→神崎切れる
とかしか思い浮かばない……orz

リョウ春香組だと何かネタある?

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 20:06:21 ID:sNEXgZcI
>>841
別にさ、起承転結全てを一人で書ききる必要ないんだぜ?
起承まで書いておけば、別の書き手がバトンを受け取って転結まで書いてくれるかもしれないでしょ
それにここで出たネタ使っても興醒めなんだぜ

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 22:39:20 ID:uNDFtQ/m
書きたいネタならあるんだけど、そういうのに限ってコミックスが手元になく現状では全く手が出せないんだよなー・・・

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 22:42:12 ID:hTai/8dQ
聞きたいこととかあればここで確認とってみたら?
参考にはなるんじゃないかな

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 22:43:13 ID:Smr0eR5d
>>843
そういう時のドリンクつき有料マンガ図書館……否、マンガ喫茶。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 23:05:17 ID:uNDFtQ/m
>>844
細かい所でキャラらしさとか、出せるか自信がないというか。
ブクオフ行く暇ないんだよなー・・・そういう意味では、本当プロット使ってもらいたいくらい。

>>845
通う暇ナサス

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 23:07:36 ID:ylUwNqq2
>>846
プロットがあれば、書いてもいいと思う人は多いはずだぜ。俺含む

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 23:14:43 ID:uNDFtQ/m
あ、マジで?
千秋、魅上、リョウ、春香なんだけどいけそうかな?

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 23:24:01 ID:ylUwNqq2
>>848
まぁ、それなりにアレンジは入るだろうけどね。
俺は逆にプロットが浮かばないから書いてない。
いや一つ、リョーマ、海坊主etcを使ったプロットが出来そうなんだが……

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 23:28:24 ID:LjD0sHaZ
したらばにプロットスレを作ってはどうか

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 23:39:04 ID:ylUwNqq2
>>848
プロットかいてくれたら、ちょっとアレンジはすると思うけど
SS書くよ。いやマジで……それぐらいネタがない。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 23:47:05 ID:uNDFtQ/m
今夜中にまとめられるようにするよ、アレンジは全然してもらってくれて構わない。
やきもきしてたんでこれは嬉しい。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 01:35:45 ID:wC0l0vRH
スレ作りました、それに合わせて二個投下させてもらいました。
使ってもらえたら嬉しいけど、勿論使わなくっても全然いいです。
アレンジもどうぞご自由に。どうせ俺は手出しできないから。

・・・っていうか、普通に悔しくなってきた。
くそ、絶対暇見て資料集めたら書き手復帰してやる。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 11:19:06 ID:NJKPtp0c
>>853
見てきたがおもしろかったよ
自分は別のとこ書いてるから形にはできないかもしれないけど、あれ見て書きたいって人はいると思う
リアル優先だけど早く書き手に復帰してくれるのを待ってるよ

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 11:48:59 ID:ju4dEkzQ
時間さえ作れれば是非とも文章化してみたい。
が、その時間が作れないからなあ……。
誰も手をつけなかったらコツコツ書いてみようかなと思います。

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 14:37:17 ID:2WmAuZvO
アンケ見て分かったけど、うちの書き手って少年漫画のロワにしては平均年齢高めの社会人ばっかだからな
時間の融通が利く学生がじゃないから仕事に追われちまうんだろうな
リアルを大事にしながら頑張って貰うしかないか

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 15:57:09 ID:KyD7KTwA
「つかさと」
「唯の」
「「わくわく2nd放送局〜」」

つかさ「改めましてこんにちは。司会を勤めさせてもらう女子9番、西野つかさです」
唯  「同じく13番の唯だよっ!」
つかさ「さて、この度私達がこうして出向いたのは他でもありません。
    2ndをより一層盛り上げるために何ができるかを実践したまでです」
唯  「こらそこ! なら本編手をつけろって言っちゃダメなんだからねっ! その通りなんだからっ」
つかさ「あはは……でも、スムーズまではいかないかもしれないけど、確実に前進はできてるからね。
    そこまで悲観的になることもないし、このペースで毎週1話でも投下されてれば大丈夫なんじゃないかな」
唯  「あっまーい! 甘いよ、つかささん」
つかさ「え? そ、そうかな」
唯  「だってだって、まだ一回しか出てない人もいっぱいいるもん。
    放送待ちのつかささんはいいけど、唯だって大変なことになりそうなんだから!」
つかさ「そうだね。私は川籐君って人をよく知らないから上手く言えないけど、何ていうかな……あの、間違った方向に人を信じてしまうっていうのは怖いかな」
唯  「待ち受けるのは決断をくだした一人の男、下男二人はちゃんと一輪の花を守り通せるのか?!
    ま、別に守ってもらわなくても、唯ならどんな難しいことでもチョチョイってこなしちゃうけどね♪」
つかさ「油断禁物だよ、もう何が起きてもおかしくない状況に放りこめられちゃったんだから」
唯  「平気だもーん」
つかさ「……ふう。さて、じゃあ先週のピックアップいってみましょうか」

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 15:58:02 ID:KyD7KTwA
『あ、はい! その、ピックアップ担当の小早川瀬那です。
 よろしくお願いします……う、うーん、こういうの苦手なんだけどな……』
『先週のピックアップですが、このコーナーでは先週あった主なことをおさらいしてみようかなってことになってます』
『先週、5/27(日)の最初の書き込みはコレでした』

728 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/05/27(日) 00:28:01 ID:rt2IS1Sy
駄目だwwwww
もう塔矢優勝でも構わん気がしてきたwww

『◆z.M0DbQt/Q さんによる全男性人が股間を抑えた名作、「悪魔vs眼鏡 」への感想ですね』
『うわ、蛭魔さんってば相変わらずえげつないんだから……と、ところであのおかっぱの子、凄いんだけど何者?!』
『その他の出来事一覧は以下になります』

・Sz神、久々の予約→投下。「俺達にできること」の一条の世話焼きっぷりに惚れる。
・◆7NffU3G94sさんによる「会合(以下略」修正版投下。乙です。
・◆z.M0DbQt/Qさんによる「名探偵はため息をつく」予約→投下。こんなに萌えない裸白衣は初めてです。
・全感想氏登場。みんな後に続け!!
・謝罪レスの早さは異常、みんな素直だ。
・一行リレー=黒れ(ry 負けちゃダメです><
・恋愛物は是か非か。ハマーと高菜で一発いかがでしょう。
・ネタの出し合いで書き手をサポート☆ チームワークで放送を狙え!
・ちなみに、スレ復活は御百度参りかジョンダ流開運法の成果らしいですが真実は定かではありません。

・今週行われた古今東西:【今後見たい組み合わせ】
 ジャガー&L、花道&晴矢、塔谷&ジャガー、イブ&一条、鈴音&瀬那

『……え? あ、さりげなく僕古今東西出てるんだ……へへっ、序盤で脱落しちゃったからもう名前なんて上がらないと思った』
『で、でも、その、これ再現されちゃうと鈴音も死んじゃうってことだよね?! そ、それは困るよ〜……』
『あ、もう行ないかな? えっと、以上先週のピックアップ、小早川瀬那でした! ふぅ、緊張した……』

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 15:58:54 ID:KyD7KTwA
唯  「はーい、カメラさん戻ってきました〜」
つかさ「先週は上手い具合に作品が投下されて、活気もあって楽しい一週間だったね」
唯  「つかささん、今週分の予約は?」
つかさ「……」
唯  「唯、どうなるの? 誰も唯の続き書いてくれないの?!」
つかさ「こら、せかしちゃ駄目だぞ。そういうのは気長に待たなくちゃ」
唯  「うう〜。ごめんなさい……」
つかさ「さて、先週に比べたらスローペースになっちゃうかもしれないけど、今週も気張って行こうね」
唯  「神崎って人はどう動くかな? 一貴冴子さんペアとも晴子さん伊織さんペアとも近いよね」
つかさ「月さんとLさんは本当にごっちんこしちゃうかな? 間にいる魅上さんも加わっちゃったらカオスだね」
唯  「どうなるかは分からない」
つかさ「それは投下されてからのお楽しみ」

「「それでは、新しい一週間を存分に楽しみましょう!!」」

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 16:14:21 ID:akkKcqtM
乙wwwww
いいな、こういうの
またやってくれるのをwktkして待ってるぜ!

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 16:31:09 ID:NJKPtp0c
GJ!
うっかり唯に萌えたw
また是非頼む

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 20:23:24 ID:PRApyWhr
ちょい質問
支給品で「これだけは絶対出してくれ」「これは必要だろ」ってのはある?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 20:39:56 ID:NJKPtp0c
今のところI's、いちごルーキーズからは何もでてないので、そのあたりからも欲しい気はする

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 21:48:55 ID:ecE1mGRR
ってか、絶対出て欲しい支給品自体結構少ない。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 22:11:40 ID:AADvEbTq
現実世界から何か無いかねえ

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 22:49:51 ID:2WmAuZvO
>>857ー859
GJ!
定期的にやってくれると助かる
>>862
首輪解除に役立ちそうなのは出しておいた方がいいんじゃない?
具体的にどんなのかは分からないけど

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 23:07:25 ID:ecE1mGRR
首輪解除は避けたいなぁ……
解除したら、どうしても対主催にもって行きたがる人が出てくるだろうし、
そうなってくると、主催連中の性格に説明がつかない。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 23:08:32 ID:NJKPtp0c
首輪解除っていうと工具とかかな?
そういえばアイシルからもアイテムでてないな

個人的にいちごパンツを出して欲しいが支給されたキャラが一気にネタキャラになるのが悩みどころだな

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 23:18:38 ID:1K2iqZBE
女の子の着替えにどうよ
お年頃の女子なら二日同じパンツはくの気持ち悪いって

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 08:13:38 ID:pI8BAssu
>>867
だからと言って、この序盤から優勝ENDしか残されてないってのははっきり言って萎える
可能性の一つとして首輪解除もあったっていいと思うけどな
どうやったって対主催戦が始まるのはまだまだ先のことなんだから、それまでに主催者側の説明が出来るようになるかも知れないし

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 10:34:21 ID:1iq6tBq1
思いついたもの書いてみる。

I"S・・・泉のリボンや指輪、伊織の載ってるグラビア、いつきの作った造型物
いつきの作った女体スーツでごっつい男もたちまち巨乳。

いちご・・・真中のビデオカメラ、つかさのバイト服(メイド風)
さつきのブラジャーでもれなく女性陣は強烈ダメージ

ネタにしかなんないな……

872 : ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/04(月) 11:14:02 ID:SRt7TQE4
御子柴、一条、菊丸、唯を予約します

本当はあまり動いてないキャラを動かした方がいいんでしょうが、ネタを思いついたほうから書かせてもらいました
なんかごめんなさい

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 13:53:11 ID:9tY8jobL
 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉―_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ 
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、                  問題ない
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))                        さっさとやれ
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、                      
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽ ヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /    ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_   ヽ  |ヽ

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 15:03:28 ID:sNgwu3rj
予約期限って、人増えたから元に戻りました?
一週間くらいでもいいなら、また予約したかったんですけど…

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 15:15:18 ID:pI8BAssu
>>872
神乙
あんたスゲエよ
>>874
いや、そんな話は出てないから今まで通りでいいかと
自分のペースで結構ですよ

876 : ◆7NffU3G94s :2007/06/04(月) 19:00:13 ID:sNgwu3rj
ありがとうございます、じゃあ流川楓と磯崎泉で予約させてください。
期間は一週間ほどいただければと思います。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 19:50:31 ID:T9JV43Zd
 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉―_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ 
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、                  問題ない
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))                        ゆるりとやれ
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、                      
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽ ヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /    ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_   ヽ  |ヽ

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 21:11:53 ID:0UeXgHjN
>>874>>876
がんばれ、超がんばれ

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 23:48:02 ID:h1AbBS7e
主催に関しての設定をちょっと考えてみました、一案として見てもらいたく思い書かせてもらいます。
長くなってしまいすみません、ただ別にこれを使ってくれ!って押し付けたいわけではなく、こういうのもどうですかって感じで見て貰いたいだけなんで…

まず、元のバトロワなんですが、あれは原作と漫画版は大東亜共和国という架空の国、映画版は現在の日本の体制の延長線上とのことでした。

『原作版』
極東の全体主義国家「大東亜共和国」では、西暦1947年より、全国の中学3年生のクラスから無差別に抽出した50クラスに対して、「戦闘実験第六十八番プログラム」と呼ばれる恐るべき殺人ゲームを行っていた。
これは国防のための戦闘シュミレーションを指す。

『映画版』
新世紀の始め、一つの国が壊れた。自信をなくした大人たちは子供を恐れ、ある法案を可決する
新世紀教育改革法・通称【BR法】、これは大人の自信を取り戻すため、ただそれだけのために可決された。
これにより、全国の中学3年生4万3000クラスの中から無作為に選ばれた1クラスを最後の1人になるまで殺し合わせる残酷なサバイバルゲームが実施されることになる。



これをパロディできないかと考えまして、映画版を参考にモジってみました。
以下がそれです。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 23:49:24 ID:h1AbBS7e
新世紀の始め、日本の若者は非常にゆとり乙であった。
たるんだ子供たちに大人は呆れ、ある法案を可決する。
新世紀教育改革法・通称【BR法】、これは子供の自信を取り戻すため、また子供自信等を成長させるために可決された。
第一回を行うことになった際、この法の知名度上げるためにも参加させるメンバーはある程度の知名度を持つ者が選ばれることになった。
世間的にもこれから注目を浴びることになる可能性を持つものや、その地域に対して非常に影響力を持っている若者が言わば「踏み台」にされたのである。

ある者はスポーツが秀でていた。
ある者は頭脳が秀でていた。
ある者は力が秀でていた。
ある者は感性が秀でていた。

しかし本当に子供達だけで事は上手く進むのか、全員が全員まとまらずただ殺し合うだけでは意味がない。
そこで投入されたのが、この時代でも数少ない「完成された大人達」だった。



以下は、ここで生まれそうになる矛盾点に説明をつける場合、こういうのはどうかという案です

・このゲームとは、一体なんなのか
子供を精神的に成長させるためのもの。
極限状況の中でどう変わっていくか、それを見るためのものである。
誰かを殺す覚悟をつけるもよし、協力して大きな敵(主催の三人)を倒すもよし。
ただ、錯乱して場をかき乱すような存在ばかりになってしまったら意味がない。
敢えて正義感の強そうな大人を絡ませることで、ある程度のモラルを維持させようとしている。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 23:50:32 ID:h1AbBS7e
・誰かを「優勝」させる意味があるのか
この場合のBR法の場合、あくまで目指すのは子供達の成長であり「優勝」を目的にする訳ではない。
ただ、少なくとも「優勝」した人物にはそれなりのレベルも見込まれるのでそれはそれで良い人材が育ちました、よかったねってことで。

・なら、主催三人は一体なんなのか
主催三人も実は生贄。
信じていた人に裏切られ、それをバネに成長する子供という演出のために仕組まれただけ。
なので、安西等を囲っている銃持ちの兵士なんからは安西等を監視する側の人間という意味も持つことになる。

・アイシールドの場合、瀬那と蛭魔は分かるとして鈴音を出す意味が分からない。
例えば優秀な人材枠が「瀬那」「蛭魔」だった場合、「鈴音」は彼等の成長を促進させる生贄扱いになる。
親しい知人が死ぬことで精神的成長を促進させるということを目的として、「鈴音」というヒロイン(?)が投入される。
逆もしかり、見込みが全然なかった人物が想像以上に良い成長を遂げた場合は、それもよかったねってことで。

ただこうすると、いちごの場合で矛盾が思いつく。
いちごで理由付ける場合、真中等が作った映画が好評だったとかいうのが自然にはなると思う。
その映画のヒロインは西野だし、美鈴は製作に関わっていた。
が、シナリオ書いた東城が選ばれないっていうのは無理があるかもしれないということ。




また、そもそも優秀な人材育てたいのに、殺し合わせたら勿体無いではないかって言われたらもう上手く答えられないです。
そこまでの人だったんですよ、とか。そういうのしか思いつかないです・・・
大人が優勝したら意味ないじゃんとか、そういうのも答えられないです。
もう大人が有利になりそうになったら、主催側から大人キャラに対し制限つけてくるという謎のフラグくらいしか思いつきません・・・

以上、こんな感じなんですがいかがでしょうか

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 00:01:04 ID:/n6dduyE



主催側のSSが思いつきそうなので、近いうちに予約するかもしれません。
第一放送前ですが、お許しください。

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 01:15:26 ID:QXnHOORr
乙です。便乗して監視の兵士の設定を少し考えてみました。
監視の兵士たちは何らかの事情でスカウトされてなった。
武装は自動小銃程度。
この設定では駄目でしょうか?

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 01:27:48 ID:qWbAE4AG
>スカウトされてなかった。

スカウトってどういうこと?

885 :そんな能力がある人以外は:2007/06/05(火) 03:18:48 ID:+AnuTRwR
>>881
>そもそも優秀な人材育てたいのに、殺し合わせたら勿体無いではないか
黒幕は頭がおかしい人たちなので、そこまで考えてませんでした(めちゃイケ版説明お姉さん風

>>883
国家単位でやってるのだから、普通に自衛隊(の特殊部隊?)なり軍隊なりで良いんじゃないかな。

どういう考えで、『スカウト』や『武装は自動小銃程度』となったのかまで言ってくれると嬉しいんだぜ!
というか、言ってくれないと意味不明なんだぜ!

思考によって導かれた結論だけではなく、その仮定も晒さないと誰も納得させられないんだぜ!

886 :883:2007/06/05(火) 08:39:57 ID:QXnHOORr
>>884、885
“スカウトされて”の部分は借金で首が回らない人とか学級崩壊させられて若者を恨んでいる元教師と言った人たちがスカウトされてなったという意味です。
武装が自動小銃程度なのはこれまでの監視側が威嚇した描写からの推測して設定しました。
説明不足ですみません。


887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 12:00:30 ID:ultHDSh/
ああ、黒幕もゆとりだった、でいいのかww

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 12:03:16 ID:eaiFybHp
戦中派最後の抵抗とか

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 12:21:35 ID:n2nw/MVY
>>879-881


殺し合わせる理由は、精神的な成長とかそんなんで良いんじゃない
そこまで設定できてれば、ちょっと微妙でも勢いでなんとかなる気がする

何らかの才能×殺し合いをしても壊れない精神力=才気煥発の極み

>>883>>886
それってオリキャラになるような……
オリキャラってほどの描写はしないとしても、それならそれで必要無いような……
武装の方も、明確に制限する必要は無いと思う……

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 12:23:30 ID:n2nw/MVY
>>887
ゆとりというか、狂ってる感じじゃね?

>>888
国じゃなくて、一部の狂った奴がやってるってこと?

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 12:29:17 ID:eaiFybHp
もう少し若い世代は左寄りが多いと思うから

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 14:49:17 ID:pe6uSmOm
ごめん、話を豚切るがスレ容量ってどこの板も同じ?
予約も2つ入ってるしそろそろ次スレの心配をした方がいい気がする

次スレもサブカルでいいのか?

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 15:57:55 ID:pjw1TGj6
>>882
新作は大歓迎だけど、主催者の核心に触れる部分を書くなら場合によってはNGや修正になることを念頭に入れておいてくれ
まだ歴とした設定が決まってないから、後々取り返しのつかなくなる話とかを書かれてしまうと困ることもあるので
>>892
もう騒がれなくなったからサブカルに残っても問題無さそうな感じはする
他にここと同じような条件の板があれば話は別だが

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 18:31:09 ID:fZHfDhVg
OP投下された時に同じ事言ってたらなぁ……


あと、ここにはもう残れんだろ

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 18:31:46 ID:mIGuUQYp
あと100KB以上あるから1000までは持ちそう
その後はどっか移るか?
もう平気なら動きたくないけど

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 18:32:31 ID:mIGuUQYp
>>894
>OP投下された時に同じ事言ってたらなぁ……

どのことだ?

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 19:19:44 ID:qWbAE4AG
>>893
の事だと思う。

898 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:38:55 ID:QY7bVRfk
音がした。声だ。何か喋ってる。
気のせいかとも思ったけど、段々はっきりと聞こえてくる。――――――近づいているんだ。
立ち上がった御子柴は、じっと自分の手を見つめた。
その手に握られているのはこの試合において自分に与えられた“力”。
そう、“力”はあるんだ。
後は俺の“心”だけ。
勝負に負けない、自分に負けない心を持っていられるか。
今俺はそれを試されている。
(先生……)
全てを変えてくれた、恩師の力強い笑顔を思い出す。
それだけで手の震えが止まって、緊張感が心地いい強さに緩まっていく。
場面は一回の表、ニコガクの攻撃。
1番の関川はその俊足を生かして2塁を踏んだ。
2番・セカンド、御子柴徹。
俺も、俺も、塁に出たい。
赤星に繋いで安仁屋に繋いで新庄に繋いで――――――ホームベースを踏みたい。
そうして、ベンチから飛び出した先生と笑顔を交わすんだ。
バットの替わりに銃を握り、俺は架空のバッターボックスに向かう。
『様子見なんてダセーまねすんじゃねーぞ!!』
『ぜってー塁に出ろ!!俺まで回せよ!!』
ベンチから飛び出すみんなの声が、俺に勇気を与えてくれる。
木の葉が揺れる。声が近い。影が見える。

来た。

「あそこに誰かいる!」

女の子の声だ。
そういえば塔子ちゃんはどうしてるかな。
ちょっと気が強いけれど、彼女はニコガク野球部にとってなくてはならない有能なマネージャーだ。
無事だといいな。

「……俺たちはやる気はねぇ。あんたもそうなら出てきてくれ」

男の声。
やる気がないってどういうことだ?
やる気ないなら――――――野球するなよ。
先生が来る前のどうしようもない日々を過ごしていた頃の気持ちが甦る。
野球がしたくて、でも全てを諦めていたあの頃の真っ暗な気持ちを塗り替えるために、俺は今、野球をしている。
真剣なんだよ、俺は。
俺たち、真剣に野球をしてるんだよ。
なのに「やる気はない」なんて……、なら、俺の前に立たないでくれよ。
姿の見えない声だけの男に対してちょっと――――――――――――腹が立つ。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


899 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:40:07 ID:QY7bVRfk
1秒ごとに自分の神経が張り詰めていくのがわかる。
肌で感じてんだ。……生命の危険ってやつを。
小さな影は動かない。
この静けさの中、唯の声が聞こえなかったはずはないんだが反応はない。
2人を背中にかばいながら、一条はできるだけ落ち着かせた声でその影に話しかける。

「……俺たちはやる気はねぇ。あんたもそうなら出てきてくれ」

「…………」
吐き出す息さえ響いて聞こえちまうような静寂が続く。
グシャ、と唐突に草を踏み潰す音がした。
ビクリと体を震わせた唯が俺の背中のシャツをきつく掴む。
菊丸も身じろきをしたようだったが、さすがに俺にしがみついてくる様な真似はしなかった。
グシャ、と音が規則的なリズムを刻む。
頭上を覆う葉の隙間から差し込む月明かりが、そのヤローの輪郭を浮き出させる。
思ったよりも小柄なヤツだ。
だが体つきはしっかりしている。男だ。
どことなく岡本に似ている。
クソ真面目な顔をしたそいつは、無言のまま俺たち1人1人の顔を見つめていく。
視線が、俺で止まった。
いや、俺の持つバッドに、だ。
そこからゆっくりと視線を上げたそいつは、燃えるような目で俺を睨みつけている。
しばしの間睨み合う。
覚悟を決めた目だと、なんの根拠もねぇのにそう思った。
キ、と唇を結び俺を凝視するヤツの手に、何か光るものがある。

「よろしくお願いします!!」

突然男が叫んだ。
よろしく?何だ一体、何のことだ?!
いや、それよりも――――――――――――!!

「――――――走れ!!」

そう叫ぶのと同時に、俺は唯の腕を掴み駆け出していた。
転びかける唯を半ば抱えるようにして山道を走る。
ドン、と低い音が鳴り、すぐ側の木の根が弾け飛ぶ。
(撃ちやがった!!)
マジかよ、と一人ごち、なるべく標的になりにくいようにとジグザグに木の間を抜ける。
「……うそ」
呆然と呟く唯の言葉に答えている余裕はない。
草を踏む音が迫る。追ってきている。
(菊丸はどうした……?!)
もう一人の同行者の姿がない。
どこに行った?はぐれた?……殺られた?!
嫌な予想が脳裏を占める。
2度目のドン、という音が頭上で響いた。
弾丸に煽られたらしい木の葉が不規則に舞い落ちてくる。
「唯!菊丸探せ!!」
ナイトビジョンを装着したままの唯を大声で急かす。
「う、うん。でも……!」
唯が木の根につまづく。
こいつに逃げながら誰かを探すなんてマネできっこねーだろ、と自分を叱り付け、俺は唯の頭からナイトビジョンを引き抜いた。
「ちょっと一条くん!」
唯の抗議を無視し後ろを向く。
人がこっちに向かっている。
菊丸か?いや違う。ヤツの方だ!
ヤツが銃口をこちらに向けたのがはっきりと見える。
ヤベェと思った瞬間に、左腕に鋭い熱が走った。
唯の手が離れる。

900 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:41:23 ID:QY7bVRfk

「きゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」

森を切り裂くような唯の悲鳴が響く。
少し遅れて、鉄の匂いが鼻腔に届く。
いや、鉄じゃねぇ。
血だ。何度も嗅いだことのある――――――血の、匂いだ。
「一条くん!!」
こっちに駆け寄ってこようとした唯が銃声と共に崩れ落ちる。
斜面をずり落ちていく唯を、男が追う。
「――――――――――――唯!!」
腹から叫んだ俺の声は、何かが倒れる音を掻き消していた。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い
あまりの痛みに声が出せない。
木の幹にぶつかった背中も痛いけど、何よりも足が痛くて堪らない。
右足の膝から下が濡れている感じがする。
唯、撃たれたんだって気がつくまでに少し時間がかかった。
「唯!」
一条くんの声がする。
でも痛くて痛くて、声を出しただけでも痛みが増しそうでただうずくまることしかできなくて。
本当は怖かった。目が覚めてからずっと。
笑っていつもの唯をやっていないとどうしていいかわからないくらい怖かった。
それでも一条くんも菊丸くんもいいヤツなんだって思ったから、大丈夫って自分に言い聞かせてた。
2人がいいヤツだっていうのは勘だけどさ。
唯の勘は当たるんだよ?
だから一緒にいたいと思ったんだ。
1人は怖い。でもこの2人と一緒ならちょっとはマシかな、って。
唯が1番に会いたい人はじゅんぺーだ。
でも、じゅんぺーはきっと唯のことも探してくれるけど……西野さんに1番に会いたいんだろうな。
2番目でもいい。ううん、最後でもいいよ。
でも絶対にじゅんぺーが唯を迎えに来て。
かくれんぼをした時は、いっつもどこに隠れてもじゅんペーが唯を見つけてくれたよね。
だから信じてる。じゅんペーは唯を絶対に見つけてくれるって信じてる。
だってじゅんぺーはいつだって唯のヒーローだもん。
早く来てよ、じゅんぺー。
早く唯を見つけてよ。
でないと唯――――――――――――――――――、死んじゃうよ…………!!
ふ、と視界が暗くなった気がした。
顔を上げると、知らない男の子が唯を見下ろしている。
「逃げろ!!」
一条くんが叫ぶ。
唯に言ってるんだ、ってちょっと間をおいて気がついた。
でもごめん。唯、動けないよ。
痛くて痛くて――――――後、たぶん怖くって……体が動かない。
死にたくない、とか逃げなきゃ、とか……そんなことももう考えられない。
ただ、じゅんぺーの名前を心の中で何度も何度も呼び続けるだけ。

「うるァ――――――――――――!!」

一条くんが叫び声をあげながら、唯とその人の間に入り込む。
その瞬間に銃声がして、一条くんが崩れ落ちた。

「一条くん!!」

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 20:42:09 ID:eaiFybHp


902 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:42:44 ID:QY7bVRfk

やっと出せた声は、涙交じりで。
「やめろ――――――!!」
一条くんの叫び声に、その人はピクリと手を止める。
その人がもう一度手を動かして唯に銃口を向けた時、何かが風を切る音を聞いたような気がした。
それを最後に――――――――――――唯の視界は真っ暗になった。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


一条くんが「走れ」って叫んだとき、頭の中が真っ白になった。
反射的に足が動いてていつのまにか走ってて。
気がついたときには俺は1人だったんだ。
木の根っこにつまづいて、絶妙のバランスで転倒をまぬがれた時にそう気がついた。
でも、音がする。
誰かが走ってる。草を踏み潰して葉を揺らして土を巻き上げながら走ってる。
「……どこ?!」
慌てて周囲を見回しても、いくつかの動き回る影と舞い落ちる木の葉が見えるだけ。
いくら俺の動体視力がいいからって、こう暗くっちゃ何もわからないよ。
(どうしようどうしようどうしよう?!)
混乱する頭でもう一回周囲を見ても何もわからない。
(そうだ!)
まだ見てなかった俺の支給品。
唯ちゃんのと同じようなものが合ったら見つけられるかもしれない。
リュックの中身を放りながら手探りで硬いものを引き出す。
「なにこれ……」
何か……映画とかテレビとかで見たことある。
ボウガン、ってやつだよね、これ。
俺が記憶を引っ張り出している間にも、爆発するような音――――――たぶん、銃声ってヤツ――――――は続いている。

「きゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」

唯ちゃんの声?どこから?あっち?
馬鹿みたいにその場をグルグルと回ると、斜面の上のほうに人影が見えた。
誰だろう。一条くん?唯ちゃん?それとも。
どうしようどうしたの何があったの?!
草を掻き分ける。木の幹を避けて斜面を転がるように登る。
数メートル先。木の下に誰かいる。
一人は――――――倒れてる。
「――――――――――――唯!!」
一条くんの悲鳴が響く。
倒れてるのは唯ちゃん?
やられた?あの人に…………殺された?!
まさかまさかまさかって頭を振る。
「……ぃ……た……」
微かに唯ちゃんの声がした。
よ、よかった。死んでない、生きてるんだ!
「逃げろ!!」
一条くんが叫ぶ。
え、と思って目を凝らすと、誰かが唯ちゃんに近づこうとしてる。
さっきの人だ。唯ちゃんを――――――殺そうとしてる?!
(だ、ダメだよそんなの!助けなきゃ!!)
ダメだよ殺すなんてそんなのダメだよ!!
は、っと思いついて手の中のボウガンを見つめる。
(で、でも……これ、当たったら痛い、よね……?)
明らかに鋭くて痛そうな矢が、俺の手を震えさせる。
使い方はなんとなくわかるけど……でも……!

「うるァ――――――――――――!!」

903 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:44:50 ID:QY7bVRfk

唯ちゃんを庇うように飛び出した一条くんが、大きな音と共に崩れ落ちた。

「一条くん!!」

迷ってる場合じゃない。やらなきゃ。やらなきゃ。やらなきゃ。でないと――――――――――――みんな殺される!!
「やめろ――――――!!」
一条くんの絶叫が俺の腕を動かした。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


ナイトビジョン越しに唯の足から血が出ているのが見えた。
怪我してやがんか。だから逃げられないのか。
男が唯に近づく。
俺から唯とヤツをはさんで数メートル先の斜面の下にいるのは、菊丸か?
暗い上に離れているここからでもわかるくらい、何かに怯えている。
無理もねぇ。
俺だって――――――ちょっとビビッてるしな。
だが、それでも俺の体は本能に従って動く。
俺の目の前で誰も――――――死なせやしねぇ!!

「うるァ――――――――――――!!」

無我夢中で叫びながら俺は唯の前に飛び出した。
痛みと血とか、そんなモンはどうでもよかった。
ここで動かなかったら、こんな傷よりもっと酷ぇ傷を心に負っちまうって理屈抜きにわかってんだ。
一瞬視線が合ったクロヤローが驚いた表情をしたのがわかって、俺は無意識に口角を上げていた。
次の瞬間、轟音とほぼ同時に俺の膝が意志に反して崩れ落ちる。
「一条くん!!」
さっきまで馬鹿みたいにはしゃいでた唯の涙声が痛々しくて、心の中が軋んだ気がした。
撃たれた足を引きずりながら腕の力だけで無理やり体を引き起こす。
男が唯に銃口を向けるのが見え、動かせる右腕で男の足を力いっぱい引く。
「やめろ――――――!!」

鈍い音がしたのはその時だった。

引きずり倒した男を右腕と左足の力で押さえつける。
膝を腹に沈め、呼吸の自由を奪う。
マウントポジションを取ろうと右手で首を押さえると、思ったよりも強い力で跳ね除けられた。
間髪いれず男の顔を殴りつける。
片腕と片足が動かないせいでいまいち上手く力が入らないが、それは確実に効いてるようだった。
「……か……はぁっ……」
突然、後頭部に衝撃が走り、目の前がチラつく。
「テメェ……!」
俺がさっき放り投げたバットで殴られたらしい。
カチャリという金属音で銃の存在を思い出す。
そういや唯は、唯はどうした?!
「……唯!唯!」
何度呼んでも反応はない。
まさか、ってイヤな考えが浮かんじまって俺は這いずりながら必死に後ろに首を回した。


「……んだ、これ……」



904 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:45:48 ID:QY7bVRfk
ナイトビジョンを通して見えたものは、完全に予想外の状況だった。
唯の右目から何か長いものが生えている。
口から血を流した唯は、左目を見開いたまま身動き一つしない。
その様子は、生者のそれではなく。
「あ……」
俺が力を抜いた隙をついて男が俺を跳ね除ける。
だけど完全に俺の頭ん中は目前の光景で一杯だった。
「あ……う……あ……」
無意識にこぼれた声が、言葉になることなくただの雑音となって流れていく。

「あ……あ……うあ……ああああああああああああああああああああああ――――――――――――――――――――――――!!」

叫んでるのは俺なのか他の誰かなのか。
それすらも――――――何もかもが、わからなかった。
そして俺の頭に何か硬いものが振り下ろされ――――――俺の意識が飛んでいった。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


風が雲を攫う。
だいぶ薄くなった月明かりが葉の隙間からスポットライトみたいに差し込んでくる。
ちらりと視界に入ったお月様がテニスボールみたいだって、なんとなくそう思った。
こんな状況でも、まだテニスがしたいって思う俺って本当にテニス馬鹿。
でも馬鹿でも何でもいいや。
テニスが出来れば――――――できれば大石やタカさんや不二や乾や……手塚と、みんなと一緒にやれれば、俺、幸せだし。
薄い光が地面を照らす。
それでわかった。
木の下に3人の人間がいて……みんな倒れている。
目を凝らすと、ぐったりとした唯ちゃんの顔に何か刺さってるのがわかった。
「あ……れ……?」
それは矢、だった。
さっきまで俺の手元にあって……俺がコレで放った金属の細い棒。
違う人に向けたはずなのにどうして唯ちゃんに刺さってるんだろう?
なんでなんでなんでなんで――――――――――――。
一条くんが誰かと組み合っている。
組み敷かれた人が何か棒を持って一条くんの頭を殴るのがスローモーションみたいにはっきりと見えた。
でも俺は唯ちゃんから目を逸らすことが出来なくて。
「おれ……?おれが……?」
まさか、って思っても否定したくても……唯ちゃんは動かない。
助けたかっただけなのに。
ただ、死にたくなかった……死なせたくなかっただけなのに。
どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして――――――――――――――――――。

「あ……あ……うあ……ああああああああああああああああああああああ――――――――――――――――――――――――!!」

咆哮が響く。
それは俺の声なのか一条くんの声なのか。
額に冷たい感触を感じてもそれはわからなくて。
顔から矢を生やす唯ちゃんの姿しか俺には見えなくて。
そして。

俺は、何もわからなくなった。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


905 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:46:54 ID:QY7bVRfk


息が苦しい。
何がなんだかわからないっていうのが正直なところだった。
俺は確かにあのバッドをもったヤツに向けて銃を撃った。
そいつが倒れたから俺は倒れた女の子を撃とうとして。
でも目をいっぱいに見開いて俺を見つめるその子を撃つには俺の手は震えすぎていたんだ。
(何があっても成し遂げるって決めたんだろう!)
女の子だろうと何だろうと、これは勝負なんだから。
そう自分を叱咤して引き金を引いたら、なぜか撃ったはずの男が目の前で崩れ落ちて。
ああ、彼女を庇ったんだ、って思ったら俺の手はまた震え始めてしまった。
それでもがんばってがんばって銃口を向けたんだ。
そうしたら――――――急にすごい力で地面に引き倒された。
膝で腹を蹴られて息が詰まる。
それでもこの“力”だけは手放すわけにはいかないから、俺は必死に抵抗した。
これでもそこそこ殴られ慣れてるんだ。
口の中に感じた血の味も、こういう風に味わうのは初めてじゃない。
俺たちは馬鹿で……馬鹿だったから、言葉だけじゃわかりあえなかったから。
先生の顔が浮かぶ。
安仁屋や新庄や……、みんなの顔が浮かぶ。
俺が、がんばらなきゃ。
俺は……ニコガク野球部のキャプテンなんだから……!!
必死で体を捻って手を伸ばして、……何か棒に触れたから、それを思いっきりそいつの頭に叩き付けた。
ちょっと前の俺だったら、考えられないよ。こんな風に相手を殴るなんて。
俺――――――俺、少しは強くなれたのかな、先生。
何度も棒で殴るけど、怪我をしているはずなのにそいつはすごい力で俺を押さえつけようとしてくる。
だけど突然そいつの力が緩まって……その隙にそいつの下から這い出した俺は、すぐ目前にすごく奇妙なものがあることに気がついた。
人が、目から棒を生やしている。
それがあの女の子だって気がついたのは、少し経ってからだった。
初めて見た人の死に顔が、何かを超えた恐怖で俺を染めていて……その恐怖を振り払うために俺は棒を男に何度も振り下ろした。
男が動かなくなったのを見て、震える足を励ましながら俺は走り出す。
でもその足はすぐに止めることになった。
行く先に人が立っていたからだ。
さっき、あの男と女の子と一緒にいたヤツだってすぐにわかった。
瞬きもせずに呆然と立っているそいつの手には、どこかで見たことがある武器がある。
「おれ……?おれが……?」
そいつの呟きに、我に返る。
脳裏から離れない光景。女の子の目に刺さった棒。見開いた光のない一つだけの瞳。初めて見た人の死に顔。
そして、こいつが手にしている武器。

「あ……あ……うあ……ああああああああああああああああああああああ――――――――――――――――――――――――!!」

叫び声が響き渡る。
「仲間を……殺したのかよ……」
俺の言葉にソイツは何も答えない。
「仲間を裏切るなんて最低だ!」
野球は1人じゃ出来ないんだ。
9人いないと出来ないんだよ。
だから――――――ONE FOR ALL、 ALL FOR ONE……一人はみんなの為に、みんなは一人の為に戦うんだ。
それがチームってヤツなんだよ。
なのに、なのにコイツ…………!!
ソイツの額に銃口を当てて引き金を引くのに、さっきのような躊躇いは何一つ感じなかった。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

906 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:47:41 ID:QY7bVRfk


ドン、という音で急激に意識が戻る。
顔を上げると、コマ送りのように菊丸が倒れていくのが見えた。
「……っ!菊丸っ!!」
男が、走っていく。
「待……ちやが……れ……!!」
男を追おうとして、バランスを崩して木にもたれかかる。
男の後姿はまだナイトビジョンを通して確認できるのに、体がいうことをきかない。
「菊丸!菊丸!!」
感覚のない右足を引きずりながら菊丸の元へと向かう。
その間に男の姿は完全に見えなくなった。
倒れている菊丸の側に屈み、力いっぱい揺さぶる。
額に穴を開けた菊丸は、そのでかい目を見開いたまま瞬き一つしない。
心臓に耳を当ててみても何の音も感じられない。
左腕を抑えながら唯のところまで戻り、同じように胸に耳を当てる。
それでも俺の耳に聞こえてくるのは葉擦れの音だけで。

「……ク……ショウ……」

拳が木の幹を叩く。
出会ってたった数時間。
ガキのお守りは鬱陶しくてごめんだと思っていた。
それでもこの2人を結構気に入っていた自分に今更気がつく。
俺は――――――。
力を失った膝が地面につく。
形容しようのないほど色んな気持ちが入り乱れ、俺はただ拳を叩きつけることしかできない。
「チクショウ……」
右の拳が土を叩く。
皮膚が破れて血が滲み出しても、俺はそれに気がつくこともなく何度も何度も同じ行為を繰り返す。
「チクショウ……」
力を失った体が地面に転がる。
仰向けになった俺の視界に、葉の隙間から明るくなり始めた空が広がった。
守ってやれなかった。
女とガキを見殺しにした。
俺は俺は俺は――――――――――――!!
この気持ちをどうすればいい?
この怒りを、悔しさを、悲しみをどうすればいい?!
唯と菊丸を殺したあの男を殺すか?
それともこんな舞台に俺たちを放り込んだあのジジイ共を殺すか?
それとも、2人を守りきれなった俺自身に始末をつけるのか?
どれもこれも……じぶんがどうしたいのかすらわからねぇ……。
俺は……俺は、無力だ……!!
「チクショウ……!」
寝転がったまま拳が再度地面を叩く。
このままで終わっていいのかよ。いいはずがねぇだろ。
ギリ……と音がするほど唇を噛み締め、ボロボロになった自分の拳を空に突き出す。
こんな腐ったゲームが許せねぇ。
許さねぇ。許せるわけがねぇ。
アイツも、あのジジイ共も。
そしてこの腐った殺し合いに乗るやつらも、全員。
何よりも――――――俺が、俺を許せねぇ。
絶対に止めてやる。
俺の命に代えてでも絶対にこんなくだらねぇ殺し合いを止めてやる!!

「チクショォォォォォォォォォォ――――――――――――――――――――――――――――――――――――!!」

怒りに狂った頭でそれだけを思いながら、俺はただ自分の無力さに叫ぶことしか出来ずに。
俺の叫びを吸い込んだ空からは、もう月はいなくなっていた。

907 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:48:30 ID:QY7bVRfk

【E-06/神塚山麓付近/1日目・午前5時ごろ】

【男子03番 一条誠@BOY】
状態:左腕上腕部、右足大腿部に銃創、こめかみから出血
装備:NightOptics D-321-G Goggle
道具:支給品一式、蛇神のバット@Mr.FULLSWING
思考:1.自分、襲ってきた男(御子柴)、主催者達、殺し合いに乗っている全員に強い怒り
   2.殺し合いを止める
   3.日々野、イブ、春香を捜す(春香優先)
   4.神崎を見つけたら止める



【F-06/神塚山麓付近/1日目・午前5時ごろ】

【男子36番 御子柴徹@ルーキーズ】
状態:疲労度中、顔に打撲
装備:9mm拳銃(4/10発)
道具:支給品一式、菊丸の支給品一式、ボウガン(残矢9本)
   (予備弾、矢の支給: 無し)
思考:1.勝負の厳しさを知る(ゲームに乗る)
   2.生き残って川藤を甲子園に連れて行く
   3.女の子(唯)の死に顔が脳裏から離れない


【備考】
1.E-06に銃声が6回と男の叫び声が響きました。
2.唯の支給品一式は、唯の遺体の側に転がっています。


【女子13番 南戸唯@いちご100%  死亡確認】
【男子10番 菊丸英二@テニスの王子様  死亡確認】

【残り49人】



908 :空に叫ぶ ◆z.M0DbQt/Q :2007/06/05(火) 20:50:21 ID:QY7bVRfk
投下終了です。
板移転の際は誘導だけは必ずお願いします。

後、自己リレーは避けた方がいいですよね?

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 21:12:23 ID:eaiFybHp
乙です
ちょっと視点ごとの状況が
わかりにくいところもありますが
混乱した現場の様子が出てます

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 21:28:56 ID:pjw1TGj6
前回と今回で御子柴がいいキャラに育ったな〜
塔矢とは違った勘違いっぷりが御子柴らしいっちゃらしいのか
カオスしてて緊迫感出てて楽しめた
GJ!

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 15:52:26 ID:Llvms9+f
いつの間にやら新作来てるじゃん!
しかも死人出てるし!
御子柴ヤバいな、あれはキてるよ
おしむらくは菊丸が死んだことか
ハマーと分身対決を夢見てたんだけどなw
唯は死ぬ間際で真中を信じきってたのが切なかった

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 19:13:19 ID:k/FYOuho
ついに50人切ったな
ここまで来るのに一年がかりかw

913 :一行感想:2007/06/07(木) 02:13:41 ID:b0SLt9eQ
041:ハガキは盗んだ
ジャガーがどこまでいってもジャガーなことに感動wタイトルも素晴らしいwジャガーに振りまわれる魚住を応援したくなった。

042:覗き小平次
殺人を目撃してしまった小平次の今後はどうなる?疑心暗鬼からゲームに乗るかそれとも……。

043:序曲
月の策士っぷりがよく出ていると思う。会話をしながら別のことを考えてるところが月っぽい。本田は月にかかれば本当にころっと騙されるだろうな。

044:Moonlight Crisis
風景の描写が綺麗で印象的だったが拡声器……wボルボは真中に銃のことを打ち明けるのか騙し通すのか。それにしても真中気絶しすぎw

045:罪と罰
ヒロトと寺谷の疑心暗鬼がすばらしかった。こういう心理を丁寧に書けるのは凄い。今までの中で1番好きな話だ。そして魅上が相変わらず怖い……。

047:銀色の刃
晴子と伊織の心情が切ない。泥だらけになりながら必死に一貴を探す伊織が健気だ。晴子はこれからどうなるんだろうな。

048:天測終了
天測計算をするLがすごい賢くかけてて凄い。「正義は必ずry」の台詞が効果的でよかった。

049:怖くなんてない
思いつめていくあかりが痛々しい。でもサラマンダーになりつつあるな……。晴矢をツッコミ役なしに晴矢らしく書けるのはすごいと思った。

050:結成!?対主催チーム
虎鉄の手の早さはどうにかならないのかw今後、この学校フラグが脱出フラグになるのか。ロワ自体の核になりそう。

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 12:40:35 ID:WWMW2AWY
SSといい、全感想といい、wikiといい、今日は現人神が多く現れる日だ。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 14:15:02 ID:K+sJjk/6
wikiすげぇ!!マジ乙。
ところで、wikiのキャラクター紹介の所にロワ内での経緯や呼称などを追記するのってあり?
あったら便利かな、と思ったんだが。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 14:30:26 ID:rj0/W8Iu
wikiマジで乙です
ただ「俺達にできること」がまだ編集されないのはなぜ?

>>915
あるとかなりありがたいです

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 15:17:02 ID:K+sJjk/6
おk、暇見て追記する。
あと、何故って思ったら自分でページ作ればいいと思うんだぜ。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 15:50:51 ID:tMc73j1u
書き手紹介ページ作りたいな
人物や作風についてをキャラクター紹介と同じように
けどこのスレか前スレで言われてたと思ったけど、誉めすぎちゃいけないんだっけ?
それだと淡白になりそうだからやらない方がいいのかな?

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 17:50:38 ID:rj0/W8Iu
>>917
ごめん
家帰ったら編集挑戦してみるよ

>>918
おもしろそうだからやってみたいけど加減が難しいな
試しにここでSz神に対する印象とSz神のSSに対する印象を募集してみる?


920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 17:58:54 ID:6CVRwagC
追従にならないように、かと言って辛口にならず、それでいて一目で人物が知れる紹介文か
難しいが、あったら書き手のモチベーションは確実に上がるよな
やってみる価値は十二分にあるはずだ
じゃあ神からやってみよう

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 21:48:38 ID:48dJZZPN
今日の神っぷりは一体なんだったんだ?

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 19:52:19 ID:59UVzrgS
流れ止まっちゃってるよ

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 21:49:31 ID:1SBksq4x
wiki更新や全感想があったと思ったら今日は1レスしか付いてない
なんなんだよw

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 21:56:00 ID:cYYXgnQC
Sz神に対する印象。

・ SSの投下量が多い。
・ 最近忙しそう。
・ 実は女の子っぽい。

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 22:01:24 ID:1SBksq4x
>・ 実は女の子っぽい。
kwsk

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 22:03:54 ID:cYYXgnQC
いや、あくまで俺の願望だよ

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 23:03:35 ID:5dYaD+YG
女神のいるロワはここですか?

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 23:56:25 ID:EY9SyrjH
>>924-926
書き手ロワでは海坊主の外見だけどなw

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 00:22:39 ID:Z8uCRqu3
まとめると

SSの投下量が多い、・最近忙しそうな、女の子っぽい海坊主か

どんな印象だよwwwwwwwwwwwww

930 :生存表:2007/06/09(土) 10:16:03 ID:lpgEQsrX
2/3【アイシールド21】●小早川瀬那 /○蛭魔妖一 /○滝鈴音
3/4【I''s (アイズ)】○瀬戸一貴 /○葦月伊織 /○磯崎泉 /●寺谷靖雅
2/4【いちご100%】○真中淳平 /○西野つかさ /●外村美鈴 /●南戸唯
3/3【こちら葛飾区亀有公園前派出所】○両津勘吉 /○本田速人 /○ボルボ西郷
4/4【CITY HUNTER】○冴羽リョウ /○槇村香 /○伊集院隼人 /○野上冴子
6/7【SLAM DUNK】○桜木花道 /○流川楓 /○三井寿 /○宮城リョータ /○赤木晴子 /○田岡茂一 /●魚住純
3/3【DEATH NOTE】○夜神月 /○L /○魅上照
3/4【テニスの王子様】○越前リョーマ /○竜崎桜乃 /○手塚国光 /●菊丸英二
2/3【ヒカルの碁】●進藤ヒカル /○塔矢アキラ /○藤崎あかり
4/4【ピューと吹く!ジャガー】○ジャガージュン市 /○酒留清彦 /○浜渡浩満 /○白川高菜
5/5【BOY】○日々野晴矢 /○一条誠 /○伊部麗子 /○神崎狂 /○山ノ上春香
3/4【Mr.FULLSWING】○猿野天国 /○虎鉄大河 /●清熊もみじ /○御柳芭唐
4/5【ルーキーズ】●安仁屋恵壹 /○御子柴徹 /○新庄慶 /○平塚平 /○八木塔子
5/6【ろくでなしBLUES】○前田太尊 /○七瀬千秋 /○中田小平次 /○中島淳一 /●大場浩人 /○川島清志郎
49/59 (○生存/●死亡)
死亡10

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 10:17:34 ID:lpgEQsrX
第一放送までにあと5人は減らしたい
なるべく全作品満遍なく死者出てた方がいい

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 11:14:34 ID:Ce+DDwp0
>>930
乙です


Sz神に対する印象
・このスレの現人神
・キャラをらしく書くのが上手い。だから心理描写や思考に説得力がある
・わりとどの作品も満遍なく書ける(その中でもスラムダンク好き?)
・今後バトルに期待してるが「罪と罰」みたいなのも待ってる

最後のは印象じゃないな……

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 12:14:44 ID:yV4zTRaY
今だから言うが、『俺達にできること』の一条の喋り方(台詞じゃなくて、一人称の部分)
には結構違和感があった。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 12:45:17 ID:bNOacxb0
何故今になって言うんだよ

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 13:13:50 ID:oVTEjG19
神の作品に修正要求は出したくねぇって思ったから。
神ってのは冗談としても、ほとんど一人で回しているような状態だったのに、周りからイチャモン付けられたら、
気分害すると思って……

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 13:29:53 ID:hGTE1g+g
適切な指摘だったら、逆に書き手側は嬉しいもんじゃない?

このキャラはこんな行動しないもん!的な指摘は困るけど、
喋り方に違和感みたいなのなら対応しやすいし。

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 13:46:17 ID:oVTEjG19
うーん……

一条は、あまり小難しい言い回しをしないと思う。
>>763だけでも
>歓声を上げてはしゃいでいる。
>明るく鮮明に見せてくれるという
>大変便利な機械だ。
>俺はいささか困り果てていた。
etc

と、若干気になる言葉が連続して出ている。一つ一つは気にならないが、
連続してやられると、どうもね。

これで、4行目の
俺の横で中坊が2人……
が、『俺』になってさえいなければ、違和感もなかったんだろうけど……

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 14:16:29 ID:oVTEjG19
まぁ、違和感つっても、この程度のものだったから、ってのも指摘しなかった理由なんだけどな

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 15:17:41 ID:bNOacxb0
どれにしろ今になって言うなよ
言わないなら最後まで言わない、言うなら投下後すぐかリレーされる前にする
これくらいのマナーは持とうぜ
でなきゃ毒吐きスレでも立ててそっちで言ってくれ
意味の無い愚痴で空気変えられるのはまじで困る

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 15:31:51 ID:v978ZHyM
>>926
そういうの気持ちが悪いからチラシの裏で頼む

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 17:17:25 ID:Dwvw2wrw
話題変えようか
もう次スレのことを考える時期になった
で何処に行こうか?

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 18:36:35 ID:Ce+DDwp0
サブカルはもう流石に厳しい気がする……
クラウンくらいしか思い付かない

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 19:30:06 ID:ogAtfdSr
文字規制は今よか厳しくなるが、ジョジョロワが移ったイベント企画に行くのもいい
交流所でも前に推奨されてたしさ

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 20:01:39 ID:D0kz7xND
交流所のあるクラウンはちょっと移りたくないな。
イベント企画でいいんじゃない。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 23:45:15 ID:9CXHN3NP
立てるのは950?970?

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 03:45:57 ID:urii6dDm
 【審議中】
       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 04:05:34 ID:czOGc9H6
イベント企画に一票
今度こそ安住したいな……

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 09:48:19 ID:GUbrrECc
いつもに比べたら随分早く埋まったなあ
イベント企画は32行だから今の勢いのまま行けばもっと早く埋まりそう

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 12:07:14 ID:uwBJiPbu
イベント企画ってかなり規制厳しかったような
何度も連投するようなリレー小説やるには不向きかもよ?
ジョジョロワ見ても代理投下なんてよくあるみたいだし

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 12:45:51 ID:TvztJ3GT
かと言って他に行けそうな板はないしな……
イベント企画でいいんじゃないかな

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 14:57:31 ID:fAG6nl+Q
建てちゃっていい?

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 15:46:47 ID:TvztJ3GT
次の投下待ってからでもいいんじゃない?
今週は放送局こないのかな……
楽しみにしてたのに(・ω・)

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 15:47:55 ID:ACMZ/JwR
(・3・)

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 15:52:15 ID:fAG6nl+Q
投下の際に引越しとかでまごつかない方が良くない?
もし埋まってしまってもすぐに移行出来るようにしたいんだが

955 : ◆AAxoi1ysvg :2007/06/10(日) 19:46:19 ID:bwtwQOut
越前、海坊図、桜乃、中田予約
プロットお借ります。少々、アレンジするのでその点もご了承下さい。
来週までには投下

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 20:07:33 ID:fAG6nl+Q
立てました
ここが埋まってから移住してください

JUMP CHARACTER BATTLE ROYALE 2nd -Part.5-
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/event/1181473569/

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 21:00:11 ID:TvztJ3GT
>>955
楽しみにしてます

>>956
乙です

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 23:42:18 ID:PQVQHaYh
「つかさと」
「唯の」
「「わくわく2nd放送局〜」」

つかさ「こんにちは、一週間ぶりだね。司会は前回と同じく女子9番、西野つかさでお送りします」
唯  「やっほう、13番の唯だよ! 一週間唯に会えなくて寂しかった?」
つかさ「温かいお言葉に支えられまして、この放送も二回目を行う運びになりました」
唯  「本当にありがとね!」
つかさ「でも、前回の分にて大変見苦しい誤植を発見してしまいました、お詫びの言葉申し上げます。
    川籐さんじゃなくって御子柴君だったね……」
唯  「本当にごめんなさい!!」
つかさ「さてさて。予約が入っていなかったもので危惧もあった一週間だったけど」
唯  「みんなやるじゃん! 唯は絶対何かやってくれるって信じてたよっ」
つかさ「憧れの第一回放送まで、着実に進んでる証拠だね」
唯  「でも無理するのだけは絶対ダメなんだからね、唯との約束だよ!」
つかさ「ああ、でも……これで、いちご勢は残り二人なんだね」
唯  「ダメじゃん! 下男唯守れてないじゃん!!」
菊丸 「ごめんにゃー」
つかさ「胸が痛いね……あそこで菊丸君が暗視スコープを持っていれば、って考えちゃうよ」
唯  「残り一人となった下男は惨劇を胸にどう成長するか?! 唯の喪失がじゅんぺーに何を残すか見物だね!」
つかさ「そうだね、ではキリの良い所で先週のピックアップを見てみましょう」

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 23:43:12 ID:PQVQHaYh
『なんじゃらほいほい! ピックアップ担当の男子10番、菊丸英二だよ〜』
『先週、6/3(日)の最初の書き込みはコレらしいよ?』

853 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/03(日) 01:35:45 ID:wC0l0vRH
スレ作りました、それに合わせて二個投下させてもらいました。
使ってもらえたら嬉しいけど、勿論使わなくっても全然いいです。
アレンジもどうぞご自由に。どうせ俺は手出しできないから。

・・・っていうか、普通に悔しくなってきた。
くそ、絶対暇見て資料集めたら書き手復帰してやる。

『流されかたとも思われたプロットスレだけど、無事予約も入ったようで安心安心!』
『その他の出来事一覧は以下だよーん』

・結構空いている支給品の枠、何が出てくるかワクワクしちゃうっ
・主催側についての案が出ました。これをベースにするのかね?
・全感想氏頑張ってます、ゴールまであと一息
・Wiki編集氏も頑張ってます、俺も時間見つけて手伝うよ!!
・皆神愛しすぎ! でも妄想もほどほどにね☆
・つっこみは早め早めの方向でお願いしますm(_ _)m

今週投下された新作:1本・・・◆z.M0DbQt/Q氏:空に叫ぶ

『……こんな形で退場しちゃった俺が言うのも何なんだけど』
『何だろ。二人には、もっと違う形で会いたかったな』
『絶対さ、楽しい時間過ごせたと思う! 俺がテニスやってる所も見せたかったな〜、二人ともびっくりして腰抜かしちゃうよ?』
『にゃはは、俺ってばこう見えてもすっごい頼りになるんだからね! ……試合、見て欲しかったなぁ』
『やり直し……効くわけないもんね……何言ってんだろ、俺……』
『ぐずっ……今週の、ぴっくあっぷ……きくまる、でした……』

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 23:44:05 ID:PQVQHaYh
つかさ「カメラさん、戻ってきました」
唯  「……やるせない事なんて、これからもどんどん出てくるよ」
つかさ「そうだね」
唯  「唯達が巻き込まれたの、殺し合いなんだもんね」
つかさ「……」
唯  「唯は何が残せたか分かんない。何も残されなかったかもしんない。
    でもさ、唯があいつ等と少しの間でも一緒にいれたってこと、絶対意味が無い訳ないんだから!」
つかさ「……そうだね。いきなり二人もの仲間に先立たれちゃって一条君も大変だろうけど、頑張って欲しいな」
唯  「板も新しいところに移ったし、今週は心機一転ノリノリで行こうねっ」
つかさ「今週は二本の予約が入ってるよ、どんな話が来るのかな?」
唯  「それは投下されてからのお楽しみっ」

「「それでは、新しい一週間を存分に楽しみましょう!!」」

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 00:47:56 ID:pd7hWZdc
放送局北!!!
こうやって一週間振り返るのおもしろいな
今週も唯だったらどういうコメントになるんだろうと思ってたんだけど、ちょっと切ない感じだった
また待ってるよ

予約2件入ってるし放送も近いし、なんだかんだ言って安泰だ

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 14:47:25 ID:7lePmOrc
放送が近いって言っても
リョウ&春香、ピヨ彦&鈴音
の二組だけは最低限動いてくれないと無理だぞ

まあ逆を言えばこの二組が動けば放送に行ってもおかしくないって事だが

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 18:19:56 ID:V/dtpJva
あと冴子&一貴、神崎も

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 20:09:56 ID:wr4fyfpE
個人的には晴矢も動いて欲しいところ。
必要ないっちゃ無いけど、主人公だし、一話しか出てないし、欲を言えばって感じかな。

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 20:19:32 ID:9P2cCIZp
暇さえあればリョウ&春香はプロットスレのプロット借りて動かせるんだけど……。
どうにもSS書いてる余裕がない。
携帯に少しずつ書き溜めてるものも纏められないでいるし。
嗚呼、勤務時間は今のままでいいから1日60時間ぐらい欲しいぜ。

966 : ◆7NffU3G94s :2007/06/11(月) 22:45:05 ID:uTIsffmk
遅くなってしまいすみません、予約していた磯崎泉と流川楓を投下します。

967 :ストロベリー・パニック! ◆7NffU3G94s :2007/06/11(月) 22:46:08 ID:uTIsffmk
「……誰だ、お前」

つっけんどんなその言葉、恐怖心を与える類のものではないが状況が状況である。
磯崎泉はかけられたそれに対し、思わず肩を震わせた。
月の光に照らされた男の面影、何の表情も浮かべていないクールな眼差しに射られ泉はごくりと息を飲む。

「……」

晒された端正な顔立ちには切れ長の瞳と高い作りの鼻があしらわれており、男の高い容姿を一目で分かる具合に表していた。
泉とて、女の子だ。このような異性を相手に全くときめかない、ということもないだろう。
だがやはりこの緊張に包まれた舞台が、それらの感情を泉に沸かさぬよう補正をかけていた。

(! スタンガンは……っ)

自衛できる唯一の武器、咄嗟にそれを思い出すもののそれは先ほど泉が手落としたままだった。
何処に行ったか、慌てて周囲に目をやり泉。
転がっているスタンガンを発見すること自体はすぐにできた、安堵の息を漏らす泉だがそれは長くは続かない。
男の存在が、泉の行動範囲を狭めてしまっている。
そう、スタンガンは距離的に、ちょうど男と泉の真ん中辺りにまで転がっていってしまっていた。
取りに行くには男との距離を縮めなければいけない、男は尚も泉を見やるままである。
男の様子が不気味で仕方なく、泉は足を前に踏み出すことができなかった。
不意に男の腕が上げられる、と同時にひっと小さい悲鳴を上げ泉は一歩後退した。

(嘘ヤダ! どうし、どうし……え?)

男はそのまま、泉から目線を外すと自分の頭をポリポリと掻いた。
それだけだった。
そして再び泉の方を見やることもなく、男はぼーっと虚空を見つめるようにしながらゆっくりとした動きで目を細めていく。
男が泉に対し声かけ以上のアクションを取ってくることも、以来一切なかった。

968 :ストロベリー・パニック! ◆7NffU3G94s :2007/06/11(月) 22:47:13 ID:uTIsffmk
ただ刻々と時間だけが過ぎていくという場、その間で泉も大分精神的に余裕を取り戻すことができているようだった。
男は相変わらずの様子である、まだ距離を縮めることに対し躊躇を持つ泉であるが初期に感じた恐怖心というのはほぼ拭えてしまっていると言っていいだろう。

泉は黙って、自分の取るべき行動を考えていた。
この島に放られた泉が生き残るには、力ある者から庇護を受けるぐらいしか術はない。
では、その相手というのはどうやって探すのか。
勿論本当は誰よりも信頼を置いている瀬戸一貴が傍についていてくれることが、泉にとってはベストであったろう。
特別能力がある訳ではない、しかしそれでも一貴は泉の恋焦がれる存在である。
それだけで、一貴という存在は泉にとって特別以外の何物ではない。

しかし、今この場に一貴はいない。
島に投げ込まれた泉を守ってくれる可能性のある人物は見当たらない、そう、目の前のこの男以外。
明らかに非力にしか見えない自分に対し、攻撃性を一切見せてこない男の様子に泉は可能性を見出した。
助けて欲しい、守って欲しい、一緒に一貴を探すのを手伝って欲しい……緊張により塞き止められていた泉の欲望が、ここぞとばかりに溢れ出す。
次の機会を考える余裕などない、チャンスは一度きりかもしれないという考えも泉の心を焦らせた。

「あ、あの!」

一度瞼を閉じ決意を新たにし、泉は男に向かって話しかける……が。

「え?! ちょ、ちょっと何してるのよっ」

それは、本当に一瞬のことであった。
先ほどまで起き上がっていた男の体、それは泉が瞼を開けたと同時に再びゴロリと床に横たわっていた。
男は、再び惰眠を貪ろうとしていた。

「ね、ねえ! 人の話を聞きなさいよ」

慌てて男に駆け寄っていく泉、混乱しかけた彼女の思考の中に浮かび上がる数々の疑問符に対し、男が突きつける言葉はただ一つ。

969 :ストロベリー・パニック! ◆7NffU3G94s :2007/06/11(月) 22:48:35 ID:uTIsffmk
「寝る」
「は、はあ?!!」

男、流川楓の優先した欲望はあまりにも呑気であり、泉もそれをすぐには信じられなかった。
そう、しばらく経ってから漏れてきた流川の寝息を聞くまでは。





「し、信じらんない……本当に寝ちゃってる……」

へなへなと座り込だ泉は、そのまま流川の寝顔を見つめていた。
いくら揺さぶっても再び目を開ける気配はない、泉は途方に暮れるばかりである。

「……ふんだ、気を抜いて居眠りなんかしてるのがいけないのよ」

そんな中、ふと泉の中で沸いた一つの妙案。
眠る流川の横には、彼に支給されたデイバッグが無造作に転がっていた。
そろり、そろりと流川のデイバッグを掴み取り、泉はその中を確認する。
食料に水、地図、コンパス、参加者の名簿……中身はほとんど泉に支給されたものと同じだった。
その中で、今後絶対必要になるであろう食料と水を泉は自分のデイバッグへと移し変える。
しかし、本命にあたる物が見当たらない。

既に回収してある自身に支給されたスタンガン、泉はそのような武器に値するものを探していた。
自分の身を守るには絶対必要な物である、またそれはいくらあっても困るものではないだろう。
全ては、泉自身が生き残るためである。
流川自身がこの調子では泉も庇護を求めるという行為自体に疑問を感じてしまっていた、泉はこの時点で流川に対し「使えない男」というレッテルを貼ってしまっていたのだろう。
勿論良心が痛まない訳ではない、それでも泉は黙々と流川のデイバッグを漁った。

970 :ストロベリー・パニック! ◆7NffU3G94s :2007/06/11(月) 22:49:28 ID:uTIsffmk
「……え?」

そして、バッグの底から出てきた最後の支給物であろうものに泉の目は点になる。
泉にとっても馴染み深いそれ、ぴらっとした布地を掴みあげる彼女の表情は正に素であった。
柔らかい質感、散りばめられたいちご模様が幼く可愛らしいデザインにはどこか幼稚さが窺える。
それは……間違いなく、女物のパンツだった。

「うっそ、何このデザイン……こんなの中学生でも履かな……」

そこで泉は、ふと気づく。
何故流川が女物の下着などを持っているのか。
慌てて月の光を当てながらしげしげと見つめてみるものの、泉が見た所パンツに使用感はない。
しかし。それでも。
隣ですやすやと眠っている流川の横顔と、手にするいちごパンツの間で泉の思考が錯誤する。

イケメンとパンツ。その間で揺れる泉。
冷静になれるはずもなく、わなわなと自然に震えだす体を泉が止めることもできず。
それこそ、まさかこのパンツが流川に与えられた支給物だったなどという事実に泉が気づけるはずもなく。

「いやああぁぁぁーーーー!! 変態ーーー!!!」

静かな部屋に響くかなきり声、いちごパンツを放り出すと同時に泉は寺を飛び出した。
殺し合いという舞台、その中でもあくまでマイペースな少年の存在自体が泉の中では異端だった。
そんな少年の荷物にはパンツが、幼稚なデザインな女性物のそれが。
……色々考えをめぐらせていた泉の頭がついに爆発した瞬間である。

「……」

971 :ストロベリー・パニック! ◆7NffU3G94s :2007/06/11(月) 22:50:38 ID:uTIsffmk
そんな彼女、遠ざかっていく泉の姿に流川が気づく様子はない。
泉の混乱が、流川の誤解がいつ解けるかは分からない。
それが解けぬまま、ふたりともあっさりと命を落としてしまうかもしれない。

「いやいやいや!!! センパイ! センパイ助けてぇ、もうイヤァ!!」

パニックに陥った泉。

「……」

あくまで自分の欲望に忠実である流川。
バトル・ロワイアルというゲームの中で、二人はまだ恐怖の意味を本当には理解していなかった。

972 :ストロベリー・パニック! ◆7NffU3G94s :2007/06/11(月) 22:51:34 ID:uTIsffmk
【F-08 無学寺本堂内/1日目・午前3時半ごろ】

【女子02番 磯崎泉@I''s (アイズ)】
状態:健康 混乱
装備:100万Vスタンガン
道具:支給品一式 (食料と水2人分)
思考:1.無学寺から全力で逃げる
   2.一貴と合流する
   3.安全そうな人がいたら守ってもらいたい

※流川楓を変態と判断


【男子42番 流川楓@SLAM DUNK】
状態:健康 寝た
装備:なし
道具:いちごパンツ@いちご100%、支給品一式 (食料と水無し)
思考:1.Zzz……

流川の支給品一式は、全て中身が外に出ています。

973 : ◆7NffU3G94s :2007/06/11(月) 22:52:25 ID:uTIsffmk
投下の方終了しました。何か問題ありましたら指摘してください、よろしくお願いします。

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 22:58:19 ID:GfBY3Vfl
乙です
いちごぱんつデタw

水を移したときにスタンガンも拾ったということですか?

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 23:57:39 ID:pd7hWZdc
投下乙です
ちょwww流川www
どこにいても流川は流川だ
いちごパンツを発見した瞬間の泉の表情が浮かんで笑った

976 : ◆7NffU3G94s :2007/06/12(火) 00:05:09 ID:JBgARfPc
すみません、拾わせていたつもりが直接的な描写なかったです……
以下に修正させてください、すみませんでした

>>968
×
慌てて男に駆け寄っていく泉、混乱しかけた彼女の思考の中に浮かび上がる数々の疑問符に対し、男が突きつける言葉はただ一つ。


>>968
慌てて男へと近づこうとする泉、道中思いついたように転がっているスタンガンを拾い上げながらも真っ直ぐに駆けて行く。
そんな、混乱しかけた泉の思考の中に浮かび上がる数々の疑問符に対し、男が突きつける言葉はただ一つ。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 08:22:50 ID:1GSJr1k4
乙!
つか流川w
何もしないまま禁止エリアに指定されて爆死とかなりそうw

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 13:41:06 ID:338wQ2bO
食料がないので腹が減ったら移動するでしょうw
でないとマジで>>977になりかねないw

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 17:34:48 ID:MAlgss9S
寝る → 食う を繰り返してたら最後の一人でした

これだな

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 18:23:49 ID:rHZz4duQ
>何処に行ったか、慌てて周囲に目をやり泉。

細かいけど、「やり」じゃなくて「やる」だと思う


>>978
目が覚める前に禁止エリアになってしまえばあぼ(ry

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 21:05:38 ID:NQpnRX0M
wikiの支給品一覧を編集したいんだけど、分かるとこってもう無いんだよな
あと残ってるのは原作持ってないと詳しく書けなかったりするから
書ける人は書いてくれるか、ここに簡単な説明を載せてくれたら纏めるよ

それから菊丸のボウガンは具体的にさせなくていいの?
ボウガンって記述だと、拳銃だとかナイフだとかと同じ漠然としたものなんだけど

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 21:28:17 ID:LIrtkXz5
>>981
wiki神様乙


うーん、確かにボウガンは具体的にしたほうが良いかも知れんが、
支給品なんだから、後々具体化されていくかも知れんね。

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 15:16:30 ID:ZF7II2kb
埋めて新スレ移らない?
残り少ないスレを残してたって投下も出来んだろうよ

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 15:18:17 ID:L7zVV/Xj


985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 15:19:02 ID:L7zVV/Xj


986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 15:19:51 ID:L7zVV/Xj


987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 15:21:04 ID:L7zVV/Xj


988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 17:00:54 ID:4v4tpRpk


989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 17:01:36 ID:4v4tpRpk


990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 17:02:16 ID:4v4tpRpk


991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 17:04:16 ID:4v4tpRpk


992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 18:27:16 ID:YJ7Gw0Wg


993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 18:28:18 ID:YJ7Gw0Wg


994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 18:29:34 ID:YJ7Gw0Wg


995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 19:07:51 ID:xuLvMQxX


996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 19:55:41 ID:vCZiVpOn
ume

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 19:56:24 ID:vCZiVpOn
ume

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 19:57:16 ID:vCZiVpOn
ume

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 19:57:58 ID:vCZiVpOn
ume

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 19:58:39 ID:vCZiVpOn
1000なら近いうちにも第一放送突破!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

447 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)